言葉の温度

小説などとは別の話。
ちょっとしたメモだったり、メッセージなんかで
なんだかいいな、と思うものを書く人がいる。

何気なく読むものにほのかなあたたかさを感じる、というのは
人となりが浮き出ているからなのだろうか。

とはいえ、お人柄やその思想について、尊敬も好意も持っていても
書かれるものの持つ雰囲気が
会ったときの印象とまるで違う人もいるから、人間性だけではなさそうだ。

何が違うのだろう、とぼんやり考えていたのだけれど、
前者は、こちら側の言葉を使って内容の本質を伝えようとしてくれていて
(相手に理解させることがメインであり重要視している)
意外なことにロジカルな理系の教育者タイプの方に多く、
後者は、自身がこだわり選んだ言葉で主張内容を表現される傾向にあって
(相手が理解してくれることを前提に、表現の形を重要視している)
文系の学者肌の方に多い(友人はあてはまらないが)印象があるなぁ、と
いう風な気がする。

自分主体のものの読み方をする私の癖は(だから勘違いも多いのだけれど・苦笑)
「本質を」「相手に」「伝えたい」、そういうシンプルな形のない想いを持つ
いわゆる教育者肌の親に育てられた影響が色濃い気がする。

とても受け身な感覚優先で物事をとらえるからなのか、
理系の人と一緒にいると心休まり、のびのびしてしまうのはそのせいだろう
(理系学者系の人はこれまた後者タイプに近くて、感じが違う)。
言葉を選ばなくても感覚を共有できる(と思う)には、もちろん信頼が前提だけれども。

ところで、私は、表現発信する側としてはどっちの人間なのだろうか。
理系文系あちこちに興味を示す割にすべて中途半端な人間なので、
どんなふうに受け取られているか、ということには少し弱気なのである(笑)。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 夏の背中 牛乳石鹸の匂い »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。