木漏れ月

昨晩は、中秋の名月だというのに厚い曇が空を覆っていて残念。

今年も満月のお月見ができるといいなぁ、
なんて楽しみにしていたのですが
どうも満月は見られなさそうだということで
一昨日、まだもう少し満ちきらない月を、観てきました。

それでも
木が茂る真っ暗な道に
葉の隙間から眩しいくらいの月明かりが差し込んできて
蒼い影ができる中をポツリポツリと歩く
目にも心にも何とも綺麗な夜だったのでした。

何かが欠けているものというのは
完璧なそれに比べると、どこか親しみがわき
ほっこりと柔らかな安心感があるもの
また別の魅力、側面が見えてくるというものです。

暖かな月明かり。

最近まぶしい木星もちょっとだけ、
月に遠慮しているように見えましたよ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )