箱たち

Rahmensの、夏の公演のプレオーダーが始まっている。

彼らの完成された舞台が大すき。
お笑い、と位置づけられがちだけれど、彼らはアーティストだと信じていて。

そもそも、彼らは芸大のご出身で、
公演のパンフレットは、どれをとってもすばらしい完成度。
お笑いもできるアーティスト、という感じなのかなぁ。
副業が、漫画家・彫刻家というから納得もしたくなる。

いたってシンプルな舞台は、単色の洋服を着た二人と
いくつかの箱、パントマイムのみで構成されることが多い。
(バニー、竹馬などが出てくることもあるけれど 笑)
小林氏が書く、緻密で計算されつくした隙のない物語と言葉遊びを、
全身が感性の塊のような片桐氏が生き物にしていく
すばらしいコンビネーション。

劇場のことを「箱」というのだそうだ。
また、彼らが使う小道具の「箱」
そういえば、脚本のあらすじも「箱書き」などというらしい。
ドイツ語で、枠を"Rahmen"というのだという。
いくつかの枠を重ねていくと、箱になる。

さまざまな箱、「Rahmen"s"」
いくつかの枠を重ねてできる箱、「Rahmen"s"」
彼らの小道具の定番、いくつかの箱、「Rahmen"s"」

静・頭脳派、小林 賢太郎
動・感性派、片桐 仁

二人合わせて「Rahmen"s"」

そんな複数形のドイツ語はないというが
なんて、粋な造語なんだろう。

というような話を、
夜通し語ってもらったのは、もう一昨年の夏。

ジャンルを超えて、いいものというのは
少しでもきっかけがあれば、すぐに魅了されるもの。
最初は半ば強引にお勧とはいえ、そうでなければ、
一生知らずにいたかと思うと、感謝せずにはいられない。

小林氏の、綺麗に伸びた手足と、滑舌良く響く声。
何よりも、完璧なまでの本。
片桐氏の、眼が離せない動きと、不思議な感性。

何度もいうけど、彼らの舞台はまぎれもなく芸術作品。
この夏の彼らの舞台、見れるといいなぁ。

「やられた!」

この悔しさを味わう瞬間が、とても待ち遠しいのです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )