にゃおん雑記

日々思ったこと、感じたことを綴っています

ファンタジー

2006年11月17日 | 映画
『嫌われ松子の一生』を鑑賞しました。
『下妻物語』の中島監督作品ということで期待しつつ鑑賞。

不器用で短絡な行動をする松子というひとりの女性、その転落人生を描いた物語。

重苦しい展開になりそうな物語は派手な演出でテンポ良く進み、
まるでミユージカル仕立てのファンタジーのようです。
ポップな衣装やヘアメイク、色とりどりの花、CGでファンタジックな映像が美しく
音楽、歌(選曲がナイス!)も素晴らしい!
中島監督のポップで色鮮やかな映像世界は大好きです。

この作品は波乱万丈な人生を音楽にのせてコミカルに描いていますが
その奥にある松子の苦悩が垣間見えて、切ない。切な過ぎます。
松子の行動や生き方に共感はできませんが、最後はホロリと涙がこぼれて
「よかったね」と思えました。
「生きること」「生きる意味」「愛すること」「愛の尊さ」を考えさせられる作品でした。

そうそう、中谷美紀の演技が素晴らしかったです。
知的で美しい女教師から始まり、最後は精神を病み太って醜くなった中年女性となる松子。
そんなドラマチックで切ない女の一生を見事に演じていました。


最後に、松子を殺した犯人は……酷ですね。
コメント