にゃおん雑記

日々思ったこと、感じたことを綴っています

碁石豆

2006年11月20日 | ゲーム
ここ数日ちょっとした空き時間を利用して『AI囲碁』にて囲碁の練習に励んでいます。
それがね、この『AI囲碁』のコンピュータの早さが尋常ではないんです!
私が打つと同時に次の一手を打ってくる感じ(^-^;)
13路盤での対局だと、終局まで私が7分位(けっこう早碁)の時間に対し1分。
たったの1分だよ~~でも強い!
だから短時間で何局も打てて、時間がない私の練習にはもってこい(^-^)
ここ3日間時間を作って対局を重ねた甲斐あって13路盤だと
標準ランク(その上に強い・最強がある)の強さでの勝率を6割まで上げる事ができました。

では、そろそろ19路盤をがんばってみますか。
う~~ん19路盤だとどれくらいの時間がかかるんだろう??
それより投了することがないようにがんばらないとね。
標準ランク13路盤では、ちょっと油断して二進も三進も行かなくなって「投了」した事が何度も(>_<)
今回はこのソフトで強いランクまで行けるかなぁ。
どれくらいがんばれるかなぁ。


このソフトを長くプレイできない理由は…
『日本棋院推薦、究極のリアル』なので仕方がないのかもしれませんが、遊び心が全くないんです!
『ヒカ碁3』だと佐為が誉めたり励ましてくれるけど、この『AI囲碁』はホントに素っ気無い。
成長の記録も無くて、ただただ対局するだけでなんだか冷たい感じがするんです。
負けると凄く悔しいけど、勝ってもあまり嬉しくない…だから長続きしない??
時間節約でどこでも練習出来る利点はあるけど、もうちょっと遊び心の要素があると、も~っとがんばれるのにね。
コメント