しがない焙煎師のクソ日記

コーヒー豆焙煎の記録をうだうだ書きます

160731 人生はにゃんとかなる。

2016-07-31 23:17:40 | リュミヌーこーひーず
なんとかしようと思って頑張ってれば、何とかなるもんだ。
誰かが助けてくれる場合もあるし、努力は結ばれることもある。変なご縁だったりとか、運命もたくさん。
自分が自分であって、頑張り続ければ結局何とかなるから、頑張るべさ。

本日は、七月の終わりだったからか、満席。なんだかすごい1日でした。
そんななか、常連の男の子からハワイコナのオーダーロースト。お誕生日が近いらしく、ご自分にご褒美。わかるー。
そんなこと聞いちゃうと、佐藤さん頑張っちゃうぞ★的な。

ええ感じで仕上がりました。

仲良し4人組でカウンターでわいわいだったり、ぬまっちも本をじっくりと読みに来てくれたり、須藤さんも相変わらずおもしれーし、壁谷さんは止まり木で一休みって感じで。みんな一様にご利用いただいてありがたい。

そんななか、佐藤さんに結び丸グッヅを買ってもらった!県外でご購入の方には、むすび丸領収書で対応します!
あとキーホールだー!うれしい☆

そんで、なんかよくわからないパン、美味しかったです!マジで!!おいしかったてばさ。

今日はたまに来るお客様と人の死に関してお話しした。一期一会じゃないけど、いつも全力で頑張ろう!って思いました。後悔してもしきれない。だからこそ、一人一人しっかり対話したい。と思った。

WEBマーケティングに関して、そろそろブログなんとかしろってことだったんだけど、このままやり続けるつもり。だって、ねえ?これが俺だし、リュミヌーだし。
コメント (2)

160730 柚子胡椒を手に入れた。

2016-07-30 23:43:07 | 日記
本日はコレが綺麗に焼けたと思う。

エルサルバドルです。
甘い香りなのです。
そういえば単独で飲んでないなあ。

木村さんが熊本でお使いしてきてくれた。
とりあえずその辺で売ってる柚子胡椒を!と。

なんか木村さんメインになっちゃったwひと瓶600円。お土産ではなく、お使い。その感覚が大事なんですよね。もちろん餞別ありき。
木村さんが「なんで熊本に行ったのか」を考察できたらしい。次回の白熱ラボで聴ける。楽しみだな。なんか、笑顔が素敵なんだよねこの人。

夜は三連続まっちゃん。
もう定番なので、顔出しw
まあ、ねえ?

サックスを鳴らしてくれて、テナーとソプラーナ(?)の違いを聴かせてくれた。かなり興味深い内容だった。
現代音楽の難解さをご教授いただく。なんちゃらベリオっていうイタリアの作曲家。サックスの曲は、前衛的でわからん。現代美術館でなってる様なイメージw
まあそんなもん。
ピアノは鍵盤ががっしりしてて演奏中に調律はできないが、金管楽器は微妙な調律が可能。倍音ってやつらしい。意味わからん。
リュミヌー一周年でサックス音楽会をやりそう。メタルがいいけど、たぶんポップスでリクエスト形式になりそう。現代音楽でも面白そうだけどねw

さて、今日は昼飯食べてないのに、夕飯もまだだから、ちょっと、やべえ。
コメント (2)

160730 終わったことは洗い流そう

2016-07-30 14:06:35 | リュミヌーこーひーず
まあ、終わったことにいつまでもこだわってても一ミリも進まないよね。
でも、ちょっとしたことを根に持つことも意外と大事だったりする。
信念で判断して赦せなかったら赦さんでもええと思うし、どうでもいいことなら流してしまうんがいいよね。
コメント (1)

160729 本日の焙煎 ~差し入れはベーグルと龍上海~

2016-07-29 23:47:14 | 焙煎の記録
本日の焙煎は、トラジャ→ドミニカ→コロンビアエメラルドマウンテン→パプアニューギニア。
トラジャのみ深煎りで、あとは中煎りのおすすめばかり。
トラジャも甘い香りが売りなので、店内は香ばしくて甘い香りが漂ってました。

インドネシアトラジャカロシ。

ぱちぱちが終わるところを見極めて止めるんだけど、その見極めが上手くなってきた気がする。
脂の出し方はもちろん、茶色い部分の残し方によってコクが変わってくる。全部黒けりゃいいってもんじゃないさ。

ドミニカ

やはり、ロットの違いでどうしても小さい豆があり、ハンドピックが多い。
香りも若干足りない気がする。飲んだときのまろみと甘みはちゃんとあるけども、なんか焙煎してても楽しくないんだよね。次回ロットに期待。

コロンビアエメラルドマウンテン

こっちは非常に良い出来。
甘いだけではない、柑橘系にも近い香りもほのかに感じて、最近のヒット。他の豆よりも高価だがそれに見合った質はあると思う。
特に、茶色の出方と、しわの伸ばしかたが上手くなったと思うんだよね~

パプアニューギニア

やはりこれは安定。安定した甘さとまろみを帯びてる。カフェオレにイチオシ。


本日はお客様が少なかったけど、だいぶ深い話ができた。
音楽の話、特にジャズギターの話が非常に興味深かった。ジャズギタリストの走りの話から、まだまだ第一線でやってる人の話。
どうも音楽はコーヒーに落とし込めば理解しやすいっぽい。そりゃそうだろうけどもw

で、なんだかんだでラーメンとベーグルの差し入れを戴く。

ベーグルはポスコのよりも以前いただいたほうれん草のが美味しかったかな。とか、わがままを言ってみる。でもブルーエリーと混じって中々美味しかったよ☆
で、龍上海。
こいつは旨え。油と味噌の具合が丁度良く、サラッとした油の中にもコクがある感じ。ふりかけ?が入ってて、それがまた、独特の抜ける香りが素晴らしい。麺の造りもよく、まるで生麺。たまご麺って奴かな?具はイマイチだったけど、全体的にとても美味しい味噌ラーメンでした。ごちそうさま。

佐藤さんと漫画の話で盛り上がる。
今ジャンプで面白いのは、ハイキュー、日の丸相撲、ワールドトリガー。予測変換で一発で出るのが素晴らしいw
ハイキューは毎回小気味好く回想が入ったり、キャラ一人一人の掘り下げで、感情移入できるのに試合そのものを邪魔しない作りで、ワクワクしながら読めちゃう。効果音に矢印を付けるなど技ありの手法を使ってるけど、やっぱしバレーの醍醐味の拾う上げる打つというつながりの中に駆け引きを含めたドラマが素晴らしい。

日の丸相撲は、まさに男臭さ満載。やはりキャラ一人一人の心技体の成長を描いた作品。やはり感情移入しやすく、毎度毎度手に汗を握って読んでしまう。漢の友情やら情熱やが伝わってくる。トンデモスポーツ漫画とはまた違う見開きでの技見せが独特の演出で魅せられてしまう逸品。

ワールドトリガーは前述の二つとは異なりバトル漫画。ただし、オサレ後出しバトルやらインフレ最後は超必殺技バトルではなく、冨樫の様な戦略系。やはりキャラ一人一人が立っていて得て不得手や性格を含めた戦略を描いたバトル。主人公の成長も、漫画全体のコロニーの大きさが丁度良い。把握できるかできないかくらいの大きさで、入り込みやすい。

こうしてみると、キャラに感情移入できるかどうかが自分の好きな漫画の焦点みたい。
スポーツ漫画はアイシールドが好き。クロスマネジは青春漫画としてすごい好き。

さて。
コメント

160729 赤い糸に期待しない

2016-07-29 11:08:58 | リュミヌーこーひーず
運命をに圧倒されず、自分の人生を制御する。それが人間に許された自由であり、人間性である。
幸運は自分で手繰り寄せるもの。
人脈は自分で作りあげること。
すべては自分のさじ加減だよ。
コメント

160728 本日の焙煎とお客様たち

2016-07-28 22:59:37 | リュミヌーこーひーず
ブラジルブルボンアマレロ

ええ感じに焼きあがりました。香ばしさのある甘い香りがあります。
深すぎず浅すぎず脂の出ないギリギリを狙うのでけっこうむつかしい・・・。
それでも納得のいく焙煎ができる様にはなってきた。

パプアニューギニア

ブラジルならんで人気豆。ツートップですが、やはり焙煎は脂の出る直前。このタイミングがやっぱし難しい。
それが最近なんとなく豆からの訴えが分かってきたというか、なんとなく分かってきた。
文学的かもしれないけど、この感性が取っても大事。


本日は、夜に異人交流会を行ったが、飛び入りで男性二名。事前参加予定の方が二名。ぬまっち合わせて5人。
初めての飛びいり参加者を迎えて中々進行が難しそうだったけど、自分はアドリブが効く人間だって気づけたのが大きかったかな。ぬまっちは割とグダグダw
16年年同じ会社を勤め上げた方もいれば、職を転々としていろんなことを学んだ方もいる。
人生いろいろなんだなって感じた。
システムエンジニアとプロのサックスの方の話が富んでて面白かった。

技術だけではなく、右脳を刺激して、感性を磨いていきたい。求められる味と自分の出したい味は違う。変な話、満たされてはいけない。そんな話をまっちゃんとした。何を持ってホンモノかなんてわからないけど、心に響くものを感じれる作品に出会わなきゃだし、それを感じなければコーヒーもそうはならない。そんなことを想う。

コメント

おいしいのは喉が渇いているから

2016-07-28 14:46:57 | リュミヌーこーひーず
単純にお腹がすいているからごはんが美味しい!


ではなくて。
どん底を経験すると、食べたいやりたいって欲求が明確になる。
満ち足りないから求める。渇望が夢になる。
満たされるために頑張るのに、満たされてはいけない。
満たされても貪欲で取り組まないと。
コメント

少しだけ明確になってくる。

2016-07-27 22:28:26 | 日記
本日はグァテマラを焙煎。甘い香りが強くなるんじゃないかと思い、いつもよりも均しの時間を多めに取って実験。
さてさて・・・

味に関しては明日試飲予定。
香りは甘いのが強くなってる感じはある。お菓子のような感じ。

ドミニカがロットが変わって・・・

なんとなくだけど、屑豆が多い気がする。ハンドピックをいつも以上に。
香りはまずまず甘め。
まろやかなイメージ通りに焙煎で来たので大丈夫っぽい。
ロットブレが無いように注意しないと。


メタル好きの佐藤さんとお話し。
まあ、読書家でもあるので、持ってきた本を並べたらめっちゃうれしそうという変な空間にw

技術やスキルはある程度の確立はできているから、それをまた段階を上げるためにもパーソナリティを高めていかなくてはならないと思った。

芸術的感性を高めることで、コーヒーの文学的だったり作品要素を高めたい。
今回の騒動で、改めてコーヒー豆を作品だと思うようになった。
だからこそ、自分を高めたり整えたりすることの重要性を感じる。


男性のコーヒー豆購入のお客様が再来。二名もw
「良い感じのお店を見つけたんだけど量販店の豆をもらっちゃって中々これなかったんだよね~」これは普通にうれしい。
一個一個積み重ねやで、ほんま。
コメント

160727 小声では愚痴叫べばロック

2016-07-27 13:44:11 | リュミヌーこーひーず
魂を叫ぼう。
おれはおれであり続けるために!
コメント

出張コーヒーサービスをしてきました

2016-07-27 01:34:36 | リュミヌーこーひーず
本日はシャーレ大町で対話形式の集まりにて、コーヒーの給仕をしました。


ゆりさんをはじめ個性的な面々5人でだいぶ深ーい話をしたかな。
「人との出会いでどう変わったか」をテーマ。

個人的には、高校の時の担任、祐樹さん、森先生、FAJ東北スクエアの奴ら、米倉さん。
このあたりが自分を変えてくれた人たちだったんじゃ無いかなと思えた。
さらに、自分が友人を広げすぎて自分がいなくなってしまった話を具体的にできて良かったと思う。不思議なことに、どん底を感じると何かがはじけてスーパーサイヤ人になっちゃう感じ。いわゆる「苦労」とは違う、試練てきなものだったんじゃないかなぁと思った。

自分にはカウンターでの対話には限界があるから、いずれは焙煎の方をメインにしたいと明確な話ができたところも大きかったと思う。
自分よりも抽出が美味い人がカウンターに立ってくれればいいと思う。
ファンドのような仕組みでもいけるんじゃないか?と提案もできたのがよかった。
教師の方とも仲良くなれて良かった。最近の子供たちの環境も分かり、自分がゲリラ的に一人一人を促進するやり方で問題ないと実感した。
まだまだ浅い俺だけど頑張ろう。

ちょっと羨ましいコレクション


猫もいました。

コメント