しがない焙煎師のクソ日記

コーヒー豆焙煎の記録をうだうだ書きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポットについて2 タカヒロ

2018-03-21 00:00:23 | コーヒーについて考えた
今回は友人からタカヒロのポットを貸してもらったので、使ってみた。



軽量で素朴なイメージ。ステンレス製のスマートさもある感じ。
口は口径が最初から最後まで変わらないので、工夫が必要か。
同じタカヒロでも「雫」というのとまたちょっと違うバージョン。



とても素直に落ちてくれる。
変な液溜まりができないので、とんって落ちるのが小気味良い。
太さのコントロールもしやすく、いわゆる静摩擦が少なくて止まりにくい。
かなり使いやすいと思いました。

使いやすさ 8
見た目の格好良さ 4
コントロールのしやすさ 10
なんかずっと使って相棒って呼んでもいいんじゃね感 25
コメント

ユキワのポット

2018-03-17 22:24:49 | コーヒーについて考えた
大事な友人からユキワのポットをおかしいただきました。
ので、使ってみます。



重量感があって、指先で持つのがちょっとつらい。持ち方が難しい。違和感あるなあ。

出口はこんな感じ

けっこー広い。
ボテッと感が他のと全然違う。


コントロールが難しい。
出始めの雫にならないのがしんどい。
ぽんっと飛び出るのが…。

真下に落ちるようになるまで修行が必要。
細くしようとすると、止まる。
動かすと止まる。

んーーーー


多く注ぐ時には使えそうなんだよなあ。

使い易さ2
重さ 3
湯量の幅 10
格好良さ 8
ずっと使ってれば手に馴染む感 100

コメント (2)

今を生きるですよ

2018-03-14 22:54:00 | コーヒーについて考えた

最近漫画のセリフだとかに影響を受けることが多い気がする。
…最近じゃなくて、ずっと前からかー

「今を生きろ」

その瞬間を無意味なものにしないために
一瞬を全力で生きる。

コーヒー焙煎もそうだ。

一回一回の焙煎を全力で、出来るだけ美味しく。

マンデリンの深煎りが毎度毎度プリプリで美味しく焼けてますよ
コメント

シグリの話

2018-03-01 22:07:06 | 取り扱い豆の紹介
とても好きなパプアニューギニアの豆の
これまた好きなティピカ限定の豆を
再仕入れ出来ました。
前ロットはあと1kg程度あります。
無くなり次第新ロットで遊びます。



パプアニューギニアの豆・ティピカの品種のものはハワイから伝わったとても良い血統。
んでもどうしても諸事情により混ざっていくのが摂理なわけですが、そんな中でティピカ100%のものを採っている優良な農園もあるわけです。
シグリ農園はパプアニューギニアといえばな農園ですが、さらにそこの良い豆だけを集めたプレミアムな奴を別ロットであります。

複雑な味わいで、いろいろな風味が口の中でグラデーション。
様々な面を楽しめる逸品なのです。
ティピカの豆の特性なのか、土壌(テロワール)なのかはわかりませんが、かなり個性的な甘さと酸を備えてます。
間違いなく面白い豆ですが、オススメではないです。複雑だからw

最近はちょいちょい焼くようにしてて、お店でも飲めたりもします。
物好きはドウゾ。
コメント

コーヒーの焦げの話

2018-02-28 22:25:01 | コーヒーについて考えた
コーヒー豆は意外と繊細で個性的なものでした。

先日のスランプからずっと豆一つ一つと対話して来ました。
豆の固さと大きさだけでなく、さまざまな特性があり、各豆の個性ってもんがあるんだと再認識しました。

浅煎りから深煎りまでのレンジだけではなく、熱負荷のプロセスが重要です。

え、今更?って感じですよね。

んでもそのプロセスの違いがお店ごとの個性の違いになってくるわけですよ。
そもそもコンセプトによって焙煎の仕方も変わってくるわけですしね。

うちの場合は、それぞれの豆が持っている甘さを引き出すように。
浅煎りだけでなく中煎りや深煎り域での甘みってものにフォーカスしていきたいと思ってます。


煎り具合はイマイチですが、甘さに関しては抜群のハイチ。

ティピカ種を中煎りにするときは中が焦げないようにすることが重要です。
芯まで熱を伝えつつ、中焦げを防ぐ。
これが結構難しい。

ティピカの豆は大きくて表面が柔らかいという厄介な性質を持っています。
先にかけすぎると表面が焦げて中が生焼けになりますし、丁寧にやりすぎると中が焦げてしまう。

そこのバランスが重要になって来ます。

さらに厄介な豆がドミニカ。後半のチャフの出方が激しく、ハゼ直前で取り除く作業というのがまた他のカリブ海系やティピカにはない作業。

焦げない工夫は色々あります。
コメント

カップを選ぼう

2018-02-23 01:33:48 | コーヒーについて考えた
コーヒーカップを選ぶときは、どんな観点で選んでますか?
100円ショップで買ったやつとか、なんかもろたやつとか?自分で作ったやつとか、お気に入りの銘のモノとか色々あるよね。

せっかくのコーヒータイムなのだから、少しは気にかけて欲しいと思うのですよ。
一日3回飲むとしたら、一週間で21回も付き合うカップですから、ねえ?

オススメは?と言われると、自分の気に入ったやつ(爆)
と言いますが、ある程度基準を持って探すと良いかもしれません。

まず、マグカップかソーサー付きか。そもそも使い道が違うので比較する必要があるかわかりませんが(^^;
容量沢山入るのが良いならマグ。厚くてかつ表面積が狭いので冷めにくいです。長時間飲むのにオススメですね。
ソーサー付きですと、香りが広がります。香りも同時に楽しみたいならば、口の広いものが良いと思います。

また、何気に口当たりって大事です。
厚い方が柔らかいですし、細いのは繊細です。

ポーリッシュポタリは模様も東欧チックで厚みがあり、冷めずらく口当たりがとても優しいです。


ウェッジウッドは軽くて繊細です。色も儚げで、上質で儚い時間を楽しむのに良いですね。細い飲み口なので、コーヒーの細かな味を確かめれるのが良いです。

でもまあ、なんだかんだでどこかで出会った一目惚れのカップが良いと思いますよ。
また、価値観だと思いますが、一脚5000円くらいまでのでしたら試しに持っててもいいんじゃないかなぁとおもいます。
少しくらい頑張った方が大事に長く使いますし
コメント

中焦げの苦難

2018-02-19 21:02:55 | 焙煎の記録
どうやら柔らかい系の豆は、均しをやりすぎる所為で中焦げが起きるようだ。
カリブ海の豆やティピカの豆、スマトラ式の豆に起こりそうな悪寒。
パプアの均しを前半に持ってきて、一気に焼き上げることで中焦げはかなり解消された。
見た目を綺麗にするために行っていた十分な均しがどうやら悪影響だったみたい。
少なくとも、柔らかい豆の中煎りには適さない模様。

逆に、グァテマラなどの硬い豆には効果がありそう。
これはまだ記録を取り続ける必要がありそうだ。

とにかく、パプアニューギニアとエメラルドマウンテンのええ香りはようやっと戻ってきましたよ。
コメント

焦げと均しと

2018-02-14 23:47:09 | 焙煎の記録
どうしても焦げ臭が消えないので、豆を割って状態を調べる。

やはりほんのり焦げてる豆がある。
しかも内部だけ。
均しの段階で焦げが生成されている可能性。
後半の均しの時間をなくす事で、焦げを回避。
前半の均しの甘い香りのところは必要。
水を飛ばすタイミングが重要なのか。

パプア・ニューギニア
コメント

美味しいコーヒーって何だ…??

2018-02-11 23:58:11 | コーヒーについて考えた
ぱっと見浅煎りなのに苦いコーヒー。
ぱっと見深いのに酸味が強いコーヒー。
ムラがすごいのに、統一された味のコーヒー。
香りが甘いのに、美味しくないコーヒー。

見た目だけじゃわからない。

だんだんと、点を目指すようになって来てる。
美味しい点。

ここ!を目指さないとダメらしい。

パプア・ニューギニアとドミニカは自分のアイデンティティらしい。
コメント

朝のコーヒーをドミニカにしてみました

2018-02-09 23:12:02 | コーヒーについて考えた
お店に着いて飲むのは基本パプア・ニューギニアかドミニカ。
甘いコーヒーが飲みたくなります。
最近は特にドミニカの甘いコクがお気に入りです。

お菓子のような甘い味が一味違う感じ。

朝一発目に召し上がるコーヒーはストレスなく甘みがあって、加速していくようなコーヒーとして皆さんに飲んでもらいたいと思う。

人生をちょっとだけ支えるようなものに昇華していきたいなぁと思うのですよ。



マイカップはマリメッコ。
マグカップでうだうだ飲むくらいがちょうど良かったりします。
生活シーンに合わせてコーヒーを選んでくれるとなお嬉しいなぁ。
コメント