行くぞ!グラベル

オフロードバイク&釣り好きのイケイケブログ

あの日から27年。

2022-01-17 22:44:55 | Weblog

あの日から27年。

20年目の年に書いた記事です。
貼っておきます。

20年前の記憶。 - 行くぞ!グラベル





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1月15日のまとめ(3)

2022-01-15 20:46:01 | ルアー釣り
仕事終わりで行って来ました琵琶湖。
深夜1時頃南湖イン。
昨日までの寒さはだいぶマシ。

だがしかし!
東岸はなかなかの風でした(笑)

まぁ、前日までの雪と寒さのせいか人少な目。
何カ所か人の様子を見てまわり、良さげな場所が空いてたのでイン。
しかし、クルマ置いてる場所から湖岸に下りると
思った以上の風と波。
しかもかなり西寄りなので逃げ場なし。
少し風の中で巻きましたが何やってるか分からんので
風裏となる場所に移動して避難。

釣りのできる場所はかなり浅い場所ですが
他に投げられるところも無いのでそ、そこで地蔵粘り。

1時間くらいラインを変えながら魚が通りすがるのを待っていると
待望のバイト!

良かったよー
48センチの1700グラム。




今日もtinyklashが仕事してくれました。

この後、若干、風が弱くなったので
もう一度最初の場所へ戻って追加の1本。





57センチの2260グラム。



長さはありましたが、少々ホッソリーナさんでした。

時間は確か4時半を少し回ったあたりの時間帯で
このタイミングで少し魚がシャローに入ってきたようで
すぐにもうワンバイトありましたが
こちらはうまく掛けれませんでした。

で、朝の5時を回った頃から急に風が冷たくなってきたので
ぼちぼち上がりましたとさ。

デッドスロー本格シーズンで楽しすぎる。

次回もまたガンバリマス。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

追加して終了。

2022-01-15 06:35:00 | Weblog

さむさむやた。
限界す。
終了_(:3 」∠)_



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二カ所目.

2022-01-15 04:21:00 | Weblog
風裏でタコ粘りして一本(・ω・)
嬉し。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一カ所目。

2022-01-15 02:38:00 | Weblog

風がキツくてアカン。
寒いし。
_(:3 」∠)_
移動かなー
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

出撃。

2022-01-15 00:10:00 | Weblog

ちょっと琵琶湖まで。
さてさて(・ω・)


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1月5日のまとめ(2)

2022-01-05 17:39:29 | ルアー釣り
正月休みももう終わり。
前回触れなかった「あけおめフィッシュ」を探しに
琵琶湖インしてきました。

日付が変わる少し前に南湖東岸イン。
今回はなりふり構わず魚を獲りに行く。

長く琵琶湖に通う人は(特に南湖人は)感じている人も多いかと思いますが
ここ数年の南湖は、ギルをはじめザリガニやエビなどベイトとなる存在が
本当に少なくなってます。
真冬でも足元のリップラップに沢山居た
ギルやザリガニ、ライトに照らされて光る多くのエビの目を
まったく見なくなりました。

バスの数そのものが減っているのもありますが、
以前に比べて南湖のバスも足が速くなってると感じます。
ストラクチャーなどの変化に固執した魚が少なくなり
北の魚に似た回遊するベイトにリンクした動きをするバスが
増えてるようです。
ここんとこ毎年話題にのぼる
ボートフィッシングでの南湖木浜沖ワカサギフィーバーは、
南湖中のバスが集まってるのでは?と思うほど
ベイトに集まるバスが居ます。
そんな状況を見ると、やはりあたりまえにエサの存在は重要で、
どんなに良さげな場所でもやはりエサの居ない場所は
もうバスにとって魅力的な場所ではないようです。

デッドスローで冬の南湖に通い詰めると
この場所を通せばかなりの確率で魚に触れるというピンポイントがいくつかあり、
そこに行けば魚に触れたのですが
ここ数年はそれも殆ど通用しなくなってきました。
いつもは、駐車場など車の置ける場所の近くで
魚に触れるポイントを撃ち回っていましたが
それではもう魚に触る確率が低いので
今日は、駐車場からガッツリ歩くなど、めちゃめちゃ不便な場所で
尚且つ少しでも本湖に面した魚が回りそうな場所、
魚に触れる確率は高そうだが、誰もがスルーしそうな場所を
2カ所決め撃ちしてきました。

霧雨降る中、長く歩いて入った一カ所目で
微妙なコツンというバイトをうまく合わせにいって掛けましたが
ファイト中にフッと外れて逃げられる。
でも、タイミング変えて入り直したら獲れそうなので
一時間程少し離れた場所を撃ってからもう一度、同じ所を丁寧に巻いて
見事にバイト取れた。
夜なのでベイトの存在は確認できませんでしたが
魚を寄せる何かが居るようです。
(昨年暮れにロクマル含む連続4本獲った場所は、
 風のない静かな水面がザワつくなど明らかにベイトの気配がありました)





50センチ2280グラム。
あけおめフィッシュ来た!



この場所はまだ魚が居そうだったので一旦離れ、
クルマまで長く歩いて戻り、別場所に移動するもこちらは何もなし。
夜明けまでの残り時間が少ないので、急いで戻る。

その3投目。
ガッツリ春道を飲み込んだ49センチゲット。
1300グラムと少しスレンダーさんでしたが
下顎先端に豆を持つ底物喰いと呼ばれる1匹でした。





何とか魚に触れて良かったです。
この後、歴戦の勇者である春道を岩に喰われて
30分ほど格闘して何とか救出。
終了となりました。

次回もまたガンバリマス。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

追加して終了。

2022-01-05 06:55:00 | Weblog

49の1200追加して終了。
寒かったけど楽しめました。
琵琶湖の神様ありがとう^_^




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あけおめフィッシュ!

2022-01-05 03:03:00 | Weblog

ワンバラシからの明けおめフィッシュ。
50の2280(^-^)
よかった。




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

出撃。

2022-01-04 22:45:00 | Weblog

さて
ちょっと琵琶湖行ってきます。
(・ω・)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする