草物盆栽

ケト土造りの鉢で、山野草と樹木を寄せて植え込み、自然の景色を表現。

草物盆栽

2018年05月16日 15時03分39秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
いきなり真夏の暑さ、やけどしそうな日差しに草物は心配です。

那須五葉(那須娘)/高さ15cm
平らな石に載せると活着が凄い、石が温まるからか?根の伸びるのが一目瞭然です。
石に載せて6年が経ち松らしく豪快な姿になってきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年05月08日 16時05分49秒 | Weblog
連休中の暑さはどこへいってしまったのか?
寒い日になっています、文山草です

アヤメほか/高さ63cm/作21年/水盤(常滑焼 山秋)
畑から掘り上げて21年が経ち、今年は例年より早く咲き出しました。
水盤に入れて生け花風に飾ると、結構様になります。
文山草HP  http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年05月07日 16時46分38秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
連休も終わりました、午前中から冷たい雨が降っています。
連休中9日間鹿沼花木センターにおいて山野草展に出品して作品を見ていただきました。
展示した一部の盆栽です、18年前段ボールを丸めそこにケト土を張って山野草を植え込んだ盆栽です、イワチドリ、五色イタドリなど数種類の山野草を植木鉢を使わない作りで
天辺から底面まで全てのところに山野草が生えて全体を覆っています。
展示期間が長かったため作品を途中入れ替えた、7点の席飾りでした。
-->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年04月27日 16時16分15秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
温かな過ごしやすい日です、明日からの展示会作品の一部です。
明日28日(土)~5月6日まで鹿沼花木センターにおいて山野草展が開催されます、鹿沼山草会から特別に出品要請され展示いたします。
一席が幅200cm×奥行120cm、今回は7点の席飾りにする予定です
鹿沼山草会の会員は十数名ですが毎月の定例会など皆さん活動を活発に行動され勉強になります。

ヤマブキ、ショウジョウバカマほか/高さ67cm/作19年/水盤(瀬戸焼 春松)
ヤマブキは落葉性の低木、5年くらい経過すると古い枝は勢いも弱まってくるので地下茎から伸びてきた新しい芽を、幹、枝にして更新してゆきます。
花芽は前年の夏に作られるので、3月下旬から花芽を確認しながら、自然樹形を目指して込み合った枝を切る程度に剪定します。
耐暑性、耐寒性、比較的病気などにも強いが、強い光の当たる場所では生育が悪い、強い乾燥を嫌います。
文山草HP  http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年04月21日 17時09分32秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
気温がグングン上がって、夏の暑さになっています。

ズミ(酸実)/高さ34cm/作3年/水盤(那須塩原市 陶豊窯)
日光の戦場ヶ原でのズミの大群落を思い出します。
ツボミの時は赤色なのに開花すると白い花です、秋には黄色の果実が実ります、別名「小ナシ」とも言われるそうです。
文山草HP  http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年04月16日 15時37分38秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
風が強い、春を待ちこがれてやっと咲いた花たちがちぎれんばかり。

ルリビョウタンほか/高さ38cm/作3年/陶板(小砂焼 市川窯)
根洗いに作って3年ですが、樹齢は相当な年数が経っている。
青葛(アオカズラ)、盆栽界では別名の瑠璃瓢箪(ルリビョウタン)が一般的、ひとつの花に子房が2室ある為ヒョウタン型の実が生る(6~7月)。
結実直後緑色のその実は、紅・赤味がかった翡翠色・白色・水色を経て
最終的に濃い瑠璃色に変化する(10~11月)、花は両性花の為、1本で実が生る。
文山草HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年04月11日 14時25分27秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
春先の定まらない目まぐるしい天気になっています。

クサボケ、ユキヤナギなど/高さ47cm/作17年/陶板(大田原市黒羽 大沼窯)
昔からクサボケを「シドミ」と言っていました、近くの山野や土手などどこにでもある樹種です、掘り起こすと根が横に這いなかなかたどりつけない思い出があります。
葉は濃いめのきれいな緑で、枝にはとげがついています、鮮やかな朱色の花は目立ち、果実はよい芳香があり、風邪など良いからと果実酒など作りました。
素朴な花や樹形ながらも、野性味を感じさせる美しさがあります。ユキヤナギなどと寄せ植えして花、果実、秋の紅葉(ユキヤナギ)などが楽しめます。
文山草HPもよろしく http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年03月29日 16時43分53秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
春の陽気から初夏を思わせる温かさになっています。
それでもソメイヨシノは開花していませんが、草物盆栽も次々と芽を出し花も咲きだして急に忙しくなってきました。

シダレ富士桜/高さ76cm/作10年/水盤(瀬戸焼 春松)
昨年の満開は4月8日でしたが、本年は10日も早く満開になりました、既に「河津桜、オカメザクラ」も満開が過ぎて散り始めています。
文山草HP http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年03月23日 11時45分01秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
春先の気ままな天気に翻弄されています。
植物は先日の温かさで休眠から目が覚め春が来たと喜んでいるかのようでしたが、一昨日の真冬並みの寒さに驚いたのではないでしょうか?
それから一日、温かさが戻り画像のような春姿です。
ショウジョウバカマ、ミニバラ、カンスゲの寄せえ、作16年、陶板(小砂焼 市川窯)
ショウジョウバカマは太陽が出てくると伸びあがって春を喜んでいるような?。
カンスゲはショウジョウバカマの後方で花穂が薄黄色です。手前右下にショウジョウバカマの子苗が大きく育っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草物盆栽

2018年03月21日 11時40分43秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
今日は真冬の寒さになっています。
ショウジョウバカマは先日の温かさで開花しましたが、そのまま立往生、モミジの新芽も固まったままです
明日からの春を待つばかり、植物も気温の落差に戸惑っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加