草物盆栽

ケト土造りの鉢で、山野草と樹木を寄せて植え込み、自然の景色を表現。

草物盆栽

2018年11月16日 12時52分26秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
小春日和のしのぎ易い日になっています。
昨日の朝と今朝は霜が降りました、一段と栃木県北部の平地でも紅葉が進んでいます。

上の画像は、ブルーベリーの紅葉です、下が落葉した後の黄色いズミの実が残った姿です、これからますます寒い冬へと進みます。
コメント

草物盆栽

2018年11月12日 15時42分40秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
太陽の日差しが弱い薄曇りでは気温が上がらず肌寒く感じます。

黒軸天笠スゲほか、高さ22cm、作4年、陶板(那須塩原市 陶豊窯 平田豊美)
カヤツリグサ科の多年草、耐寒性のスゲの仲間です軸が黒くすっきり立ち上り、上に広がる明るい緑の葉は繊細で見栄えがします、ほかに季節の花大文字草が彩りを添えています。
コメント

草物盆栽

2018年11月04日 15時07分06秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
秋晴れの穏やかな日に文化祭や産業祭が近くの公園や体育館、JAと空にはヘリコプターの遊覧などでにぎやかです。

ヤマコウバシほか、高さ76cm、作9年、水盤(瀬戸焼 春松)
半日陰で管理していたヤマコウバシが黄色く紅葉してきました、日当たりの良い場所だと赤を帯びた橙色になるが
日陰はこのような紅葉です、少しの日差しに向かってエゾリンドウの花が開きます。
ヤマコウバシは紅葉が終わると葉は茶褐色になって春まで落葉しません、春に新たな新芽が膨らみだすと落葉します。

コメント

草物盆栽

2018年10月28日 16時31分15秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
一日秋晴れの良い天気です。

もみじの獅子頭、高さ18cm、12年前に挿し木したモミジを3本寄せて10年前に三幹仕立てに作りました。
濃緑の葉と葉形が特徴的な品種、緑色の葉の裂片が縮れて獅子の巻毛のようになります。
また、葉が密生することも特徴です。
コメント

草物盆栽

2018年10月20日 16時36分21秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
すっかり秋めいてきました、明日は旧暦9月13日「十三夜」になります。

糸ススキ(十三夜)
明日の日にちなんで、糸ススキの「十三夜」を載せてみました。
葉が5mm前後で大変細長いススキの品種です、葉が立ち上がり、あまり広がらないのも特徴
気持ち良さそうに大空に向かって伸びる穂は赤茶色で一般のススキより濃い、風に揺られてお月見です。

コメント

草物盆栽

2018年10月14日 14時59分07秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
気温が下がって秋の景色になってきました。

ヘンリーヅタほか、高さ91cm、作16年、大皿(益子焼 長豊陶苑 長棹豊)
置き場所が木漏れ日のところでのヘンリーヅタ(別名アメリカヅタ)の紅葉が進んできました。
同じ樹種でも光を強く受けた場合は真っ赤に紅葉し、木漏れ日の間接的な日差しを受けた場所では色づき具合が柔らかになっています。
種類の違う真っ直ぐ伸びた緑濃いユキヤナギもこれから秋が深まると黄色味を帯びた紅葉になり冬へと近づいて行きます。
コメント

草物盆栽

2018年10月07日 16時54分21秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
秋なのに30度を超える異常な気候です。

ヘンリーヅタほか、高さ46cm,左右53cm、作14年、水盤(瀬戸焼 春松)
ヘンリーヅタは北アメリカ又は中国原産などと諸説ありますがブドウ科のつる性植物、別名「アメリカヅタ」などの名で流通しています。
葉がギザギザ状になっており、美しいグリーンが特徴になっています。寒い環境だけでなく、日本のような気候でも良く育つので、古くから幅広い年代の人に高い評価があります。どうやって、日本に渡ってきたか、わからない部分も多いですが、貿易船などで渡ってきた可能性があります。
つる性になっていますが、木や枝に巻き付いて育つタイプではなく、吸盤が付いているので、壁やフェンスなどの壁面に育つ傾向があります。
日当たりの良い場所から半日陰でもか栽培可能だが、日当たりが少ないと花付が悪かったり秋の紅葉がきれいに色づかない場合があります。
今日の暑さは別格だが、9月の末頃から色づきだし赤く輝くような紅葉になっています、那須野が原公園で5~8日まで展示会に出品。

コメント

草物盆栽

2018年10月03日 16時01分30秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
今度は台風25号が日本に近づくと心配です、被害はありませんでしたが24号は雨も風も強烈でした。

ツリバナマユミほか、高さ53cm、作10年、陶板(常滑焼 誠山陶苑 片岡黎鳳)
ツリバナマユミは別名「ツリバナ」日本全国に自生するニシキギの仲間、花・実・紅葉と春から活動の移り変わりが楽しめる樹種です。
病虫害にも強く暑さ、寒さに強いが今年の猛暑には負けて早々に葉を落としてしまいました。枯れ死するほどでなく枝先の芽はしっかりしています。
コメント

草物盆栽

2018年09月24日 14時34分52秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
前回の続きで、当時(昭和45年ごろ)交換した小指ほどの五葉松です、現在高さ88cm根元直径約5cm
もらった当時は長さ約25cmくらいのひょろ幹で枝は頭の方に3~4本でした。
昔、友達と登山をしたとき株立ちの五葉松を見た覚えがあります、山での五葉松の発芽は松団子の種子がまとめて生えるので株立ちのように数本から十数本生えます、一本一本は殆ど見られない。
そんな株立ちを一本一本外したひょろひょろとした五葉松を分けていただいたものと思います。
コメント

草物盆栽

2018年09月17日 15時57分09秒 | Weblog
こんにちは、文山草です
日中は少し暑かったが午後は風がしのぎよい気温にしてくれました。

私の思い出の逸品、那須五葉松、高さ50cm、
昭和45年に自分が藤一鉢、知人が那須五葉松2鉢(小指ほどの太さと、直径約3cmくらいの太さ)とを交換したものです、その時、知人は直径3cmくらいの松は山でこれまで育つには相当の年数(2~30年)が経っていると言われた記憶があります。
秋の展示会も近づいたので、久しぶりに針金を掛け直して、小枝の先も揃えてみました。
文山草ホームページもよろしく http://www7b.biglobe.ne.jp/~sannsou/
コメント