波乱の海をぶじ目的地へ

現世は激しく変動しています。何があるか判りませんが、どうあろうと、そんな日々を貧しい言葉でなりと綴っていけたらと思います

初夢

2016-01-28 17:35:14 | 俳句メモ帳


初夢や

句に収まらぬ

ほど豊か



コメント

色と香

2016-01-28 17:05:52 | 俳句メモ帳


梅に問ふ

長持ちはどちら

色と香と




コメント

ハーブ

2016-01-28 16:57:00 | 俳句メモ帳


梅が香を

瓶に詰めゆく

少女かな


コメント

崩れぬ強さ

2016-01-28 16:53:57 | 俳句メモ帳


梅香る

崩れぬ強さ

内に秘め



コメント

香は一つ

2016-01-28 16:50:29 | 俳句メモ帳


白梅や

隣る紅梅

香は一つ





コメント

薄化粧

2016-01-28 16:46:32 | 俳句メモ帳


裏山に

白梅香る

薄化粧


コメント

探梅行

2016-01-28 10:39:41 | 俳句メモ帳


みなが行く

から私もと

探梅行


コメント

梅の郷

2016-01-28 10:35:21 | 俳句メモ帳


待ち切れず

車内でキツプ

梅の郷


コメント

梅の花

2016-01-28 10:23:51 | 俳句メモ帳


紅白は

問はず香もまた

三位なり



コメント

探梅

2016-01-28 09:56:23 | 俳句メモ帳


探梅や

風流人に

成り済まし


コメント

冬蝶

2016-01-27 22:14:25 | 俳句メモ帳


胸元を

乱調子なる

冬の蝶


コメント

南から来た紳士

2016-01-27 22:00:38 | 俳句メモ帳


まだ降るか

超長靴の

雪知らず


コメント

雪の町

2016-01-27 21:52:13 | 俳句メモ帳


雪の町

啼けば鴉が

さまになる


コメント

港の灯

2016-01-27 21:48:33 | 俳句メモ帳


港の灯

一つ残して

みな消さる


コメント

雪見

2016-01-27 10:05:34 | 俳句メモ帳


雪見にと

北へ行くより

ここで待つ



コメント