tonto's blog

ついにガラケーからスマホのカメラに
だから縦長の写真が多くなります

70歳からの保険とラーメン

2017-03-22 | weblog

 明日のWBCの決勝戦は見ることができなくなりました。せっかく仕事中に盗み見できるようパソコンセットしたのに残念です。

 今朝の新聞チラシ、かなり露骨な広告ですが、なるほどお葬式にだいたい190万円かかるので、200万円がおりる生命保険に入っておきましょう!というのは納得できます。でもぼんやり計算すると、これじゃ生命保険会社のメリットはない。そんな事を保険会社がするはずはない(オリックスだし!)

 

 やっぱりそのカラクリは右下の方にあります。

 

 なんとというか、やっぱり男性の掛け金は女性の倍以上になっています。そうじゃないと平均余命を考えると保険会社の赤字に絶対なりますからね。90才以上は加入できないのはわかります。10年の掛け捨てということでしょうか。これじゃ加入したら早い時期に結果を出さないと(えっ!)いけませんね。

 

 こんなつまらないことを考えながら、今日のお昼ご飯は「餃子の王将」です。

 私たちの地区限定メニューの「三原ランチ」にしようかと思いましたが、メニューに「日本ラーメン」というものがありました。

 

 あっさりなラーメンもいいかなと思い、これにしてみます。程なく運ばれてきたものを見て、「入ってる組み合わせはメニューの写真(ホームページより)どおりだけど、かなりショボい」って感じました。

 どうです?

 でもこれが私的にはドンピシャで、これなら朝からでもOKかなという食べやすさでした。今日はあっさりといきたいと思ったら一度試してみてください。題名のように70歳になっても食べられそうな優しさでした。

 


タイブレーク?

2017-03-21 | weblog

 ワールドベースボールクラシックの決勝戦、日本の相手はプエルトリコに決まりました(3/21)お昼休みに何とはなしに眺めていたオランダ対プエルトリコの準決勝です。

 延長戦になり、こりゃ決着はなかなかと思っていたところ、バッターがバントの構え、こんな大会でもバント?って思っていたら、目を離した隙に11回表ノーアウト1、2塁になっています。そうか、タイブレーク方式なんだと、ルールにも疎い私は元野球部員です。

 結局オランダは送りバントに成功、次のバッターは敬遠策でワンアウト満塁。そして内野ゴロのゲッツーでオランダは得点できません。その裏、プエルトリコは同じようにバント、そして満塁策も同じでした。でも次打者は外野への犠牲フライでサヨナラ。これで日本の相手はプエルトリコに(3/21現在)

 タイブレークって面白くないんじゃない?勝負を考えればバンドなんだろうけど、送りバンドは高校生に任せとけって、元弱小野球部部員の気持ち。


JB本四高速

2017-03-20 | weblog

 夕方の散歩のコースで神戸淡路鳴門自動車道の陸橋を渡るところがあります。休日の夕方はさすがに上り方向(神戸方面)の車は多いですが、スムーズに流れています。ところが今夕は写真のように渋滞、というかほとんど停まってしまっています。道路情報だと工事渋滞とのこと。写真は金網越しに。

 

 そういえばスマートインターチェンジを作るため、少し前から一車線になっているところがありました。車線が減少するだけで…とは思いますが、今日は三連休の最後の日でした。

 そのスマートICを作っている場所ですが、「なんでこんなところに?」なのです。もちろん私は利用することはありませんし、洲本市内の方の利便性を向上させるとのことですが、接続道路は狭いし、それほど今より時間短縮できるとは思えませんね。もちろん近所の方達は便利になるに違いありませんけど。

 いえいえ文句言ってはいけません。税金の無駄遣いとの指摘を受け続けながらも、この高速道路が(明石海峡大橋が)開通して、私はとてもその恩恵を受けているひとりですから。でも淡路の住人よりも徳島・香川の方達でしょうね。走ってる車のナンバーは圧倒的にそのナンバーのミニバンと軽四、そして近畿ナンバーの輸入車を多く含む普通乗用車。

 昔の本四道路公団、今は本四道路連絡高速道路株式会社(JB本四道路)というようです。JBってなんだ?もしかしてJapan Bridge?でも名前に日本や橋の文字がない。日本橋梁株式会社というところがJBって略しているようだし。


迷惑メール

2017-03-18 | weblog

 私が利用しているインターネットのプロバイダーは昔のパソコン通信といわれていた頃からの続きで、アットニフティーです。迷惑メールの振り分け能力はかなり強力で、他の人たちが「毎朝仕事前に整理をするのがたいへん」と話しされているのがこれまで不思議でした。

 でも数ヶ月前から、このプロバイダーの振り分けをすり抜けて毎日数件~10件程度が届くようになりました。転送させているG-mailの振り分け能力はさらに強力で、こちらへは一通も届きませんが、必要なものもブロックされた事もあり、結局毎朝両方を見ています。

 今朝届いたひとつ。

 明らかに日本語がヘン。冷静になって見ればヘンなのがわかるのですが、急いでいたり利用中の有名はところからのもの(と偽った)には、もしかしたらクリックしてしまうかもしれませんね。朝8時から夜8時までって、夜は別のことで忙しいのでしょうか?

 週末のお昼ご飯は鳴門市内の魚料理店へ向かったのですが、そうでした三連休。つまり目指した数軒とも行列ができていました。鳴門市内を昼食難民となりグルグル走り、結局はずいぶん久しぶりの「廻らない寿司店」ののれんをくぐる事に。豪華なものじゃなかったけど、美味しかったです。

 満足の後は甘いものが食べたくなり、こちらも久しぶりの「ことらや」さんへ。まさかのレジでの大行列。名物の「あんまき」一本を買うのにレジ前で15分は待ちました。帰宅後「あんまき」一切れの後のコーヒーはいつものコーヒーとは違うように感じました。

 さて連休の明日は何をして過ごしましょうか?

 


まさかの帯状疱疹

2017-03-11 | weblog

 私のようなところでも月にひとりぐらいは、帯状疱疹の患者さんが来院されます。ご存じの方も多いと思いますが小児期に罹患する水痘(みずぼうそう)の再発が帯状疱疹です。ここの説明 がわかりよいです。

 その理屈を説明すると皆さん興味深く聴いてくれ、抗ウイルス剤の点滴や内服に応じてくれます(後遺症の話を少々大げさにする傾向がありますけど)

 2~3日前から左腰部のピリピリ感を自覚していました。冬の皮膚乾燥による掻痒感とは違うし「パンツのゴム」のせいかななんて思っていました。見えないので同部の写真を写してもらうと、帯状疱疹による水疱性の丘疹がすでに自潰し始めた時期のようです。ごく狭い範囲の軽症ですが、結構がっかりしました。「帯状疱疹、うんあれは忙しくしていて、抵抗力も落ちた人に起こるから私には他人事」なんて思っていましたから。そういえば同時期に感冒様症状もあったので、それが引き金になったのかな。

 がっかりしたのは、帯状疱疹を発症したこともそうですが、自分の皮膚の写真をみて「年寄りの皮膚だな、全く張りがない」ということの方が強かったかも。

 歳をとったら、帯状疱疹予防 のために水痘ワクチンを接種するという方法もありますよ。

 


伊勢は美味しいところ

2017-03-03 | weblog

 近所の先輩と5月になったら一緒に食べに行こうと約束の「亀山みそ焼きうどん」ですが、フライイングしてしまいました。今日の昼に立ち寄ったドライブインで、お土産屋さんを冷やかすつもりが併設のレストランのメニューを見てこれがあり、ガマンできなくなってしまいました。

  ひとり用の鍋でアツアツに焼かれて持ってきてくれました、うどんに佐用や津山のようなホルモンじゃなく普通の肉とキャベツに甘辛い味噌がかけられていました。「十分熱してますのでかき混ぜてどうぞ」とのこと。初めての「みそ焼きうどん」でしたが、これは美味しい。定食ですので「ご飯がすすむ君」でした。あおさの入った赤だしもそれほどしょっぱくなくて私にはちょうどよかったです。これを食べちゃうと「甘くて美味しいな」とおもった伊勢うどんがかすんでしまいます。

 5月に約束の皆様、目的の専門店のじゃなくて、ドライブインでのお試しフライイングですので、お許しください。

 フェイスブックではすでに報告済みですが、漣デビューです。

 亀山みそ焼きうどんの前日ですが、前から食べてみたかった鳥羽の「漣(さざなみ)」というお店で出される大きな海老フライ。叶いました。伊勢だから伊勢エビというわけじゃなくて、普通のブラックタイガー?のようでした。タルタルソースはお代わりどうぞということで、ソースは割合あっさりとしていてたくさん食べられます。それに普通のソースを少し落としました。

 一緒にお願いした「鯛のかぶと煮」はほどよい甘辛さで、私的にはこちらの方がよかったです。三重県は海にずっと面しているから、瀬戸内海の淡路とはまた違った美味しいものがたくさんあるのだろうな。的矢湾はもう少し南側。 


マイバスケット

2017-02-28 | weblog

 先日東京に行った時は、JR目黒駅近くのホテルに宿泊しました。夕食はホテル近くの「九州料理・熱中屋」という酒屋風のお店。新鮮なサバのお刺身とギョウザが得意という男前なお店でした。料理の写真はありませんが「お通し」はやはり明太子。激辛は唐辛子そのものでした。

 

 

 

 なかなかいろいろと美味しくて、機会があれば再訪かなと思いながら、ホテルへの帰りに近くのコンビニに立ち寄りますが、商品がほとんどない。なんで?入り口の張り紙を見ると今晩で閉店なのだそうです。仕方なく数軒隣の「マイバスケット」という小型のスーパーマーケットのようなお店に入ります。欲しかったある清涼飲料水が、コンビニ価格の130円じゃなく、98円!

 帰ってから気がついたのですが、ネットで利用している地図にやたらと「マイバスケット」が出てきます。どうもイオンの小型スーパーマーケットで、首都圏で増殖中。近所にあるコンビニを撃沈させているような感じでした。その様子を直で見たようです。

https://matome.naver.jp/odai/2134708984681869101

 目黒駅周辺、学生の頃は電車から降りたこともない駅でしたが、今回は宿泊したホテルも駅から徒歩数分。質素ないい感じのところで、この居酒屋も美味しくて、次回の上京時にも「目黒」にしようかなって思いました。

 


Square Four

2017-02-26 | weblog

 週末は東京に用ができたものの日曜は昼すぎに品川駅で新幹線に乗ることができました。神戸に戻ったのは午後3時頃。さてそのまま帰ろうかなと思いましたが、確かカワサキワールドで何かやってたのを思いだしました。たまたま新神戸駅の目の前にシティーループバス。これだと三宮駅で乗り換えなしでメリケンパークへ行くんじゃないかとよく考えずに乗り込みます。思いがけずのギューギュー詰め。外国人観光客に人気のようです。考えたとおりに時間はかかりましたが、神戸海洋博物館の目の前で下車できました。

 このカワサキワールドで見た一台。名前は聞いたことがあったのですが、初めて見ました。Square fourです。これの解説は写真をクリックすると大きくなるのでご参考に。

 

 最近のバイクは大型化しているので、それほどの圧倒感はありませんが当時だとかなりの迫力でしょうね。こんな造形は見たことがありませんから。そうか、私が二輪免許証を取得した73年とあります。

 別のエンジンですがこちらもsquare fourですね。


区切り

2017-02-19 | weblog

 当院が開院してもうすぐ23年になります。特別な区切りじゃないけど、毎年やはりこれまでのことを思い出す機会になります。

 少し前に「足腰も弱ってきたし、そろそろ入院させてもらおうかなと考えてる」と、開院当初より通院してくれている患者さんがおっしゃいました。ご家族や周囲の状況を見ると、月に一度の通院も大変そうだし「そうかもな」と思ったのですが、そのときには病院へ長い経過の丁寧な紹介状(診療情報提供書)を作成することが求められます。

 さて、この人はまず何で初診したのだろう?なんてもう忘れています。倉庫に移動させている過去分のカルテを引っ張り出し、「なるほど、色々な事のあった人だな」とページを繰ること30分。その後1時間以上かけ紹介状じゃなくてサマリーができました。紹介状を詳しく書くのじゃなく、簡単な紹介状にこのサマリーを付ければいいことに気づきました。そのついでに奥様の分もまとめてみます。この奥様も開院以来こられていて、ご主人以上にストーリーがあります。

 この機会に、経過が長い別の患者さん2名分作成。こりゃ、私が病気になってリタイヤするときは大変なことになるぞと自覚。

 

 三寒四暖の言葉どおりの最近ですが、休日の日曜日はとても天気はいいものの朝はキリっとした冷え込みでした。今回の休日はスパイダーの順番なので、車庫に行きカバーを外します。少し走らせたところで幌を降ろします。腰から下はガンガン暖房が効いていてこたつに入っているよう。顔は少し冷気が流れる程度でとても快適。やっぱりオープンカーは冬の乗り物です。でも信号待ちだと風の流れが悪くなるのか寒いです。

 バイクのライダーさんたち頑張っています。きっと最近はウエアがうんと進歩してるのでしょうね。近所を通る高速道路からの快音がひっきりなしに聞こえてきます。自分もその場所にとも思うのですが、さてこの寒さに耐えられるのか?

 時々シートベルト着用の取り締まりをしている高速道路の入り口で、なぜか今日はある車のトランクを警官が調べていました。「危ないもの」所持が疑われたのでしょうか?

 


ニセ医学(科学)

2017-02-07 | weblog

 ある雑誌が届きました。

 今月号のメインテーマは「ニセ医学に出会ったら」というテーマのようです。これを見てなにかドキッとしたのは、なにかやましいことがあるからでしょうか?いえいえ、そんなことはありません。

 この内容はサプリメントに始まり、話題となったマイナスイオンやゲルマニウム・トルマリン製品、ホメオパシー(ある症状を引き起こす物質を繰り返し希釈すると、その症状を治す薬になるというもの)、KO大学のK医師の癌放置療法、最近では男性週刊誌の「飲み続けてはいけない薬」シリーズ。祈祷師によるインスリン中止、腸内洗浄でデトックス、コーヒー浣腸、ズンズン運動などなど。

 あのスティーブ・ジョブズ氏もすい臓癌に対して、新鮮ニンジン・果物ジュース療法を9ヶ月続け、致命的になってしまったそうです。

 新聞広告などでよく見られる「私は〇〇で健康になりました」という言葉には説得力があるように感じます。でも、実際に自分が経験したことでも、自ら情報を歪め、あえて誤認識するように働く「認知バイアス」というものがあるそうです。人は「自分で自分をだます」仕組みを備えているという意味だそうです。

 また「確証バイアス」という言葉もあり、「自分に都合のよい事実だけしか見ない、集めない」ということで、都合の悪い事実は無視、最初に自分が信じた考えを補強する情報だけを集め、「間違っていない」と思い込んでしまうそうです。

 私たちはいわゆる「標準治療」を行い、患者さんにももちろんそれを勧めるのですが、上記のようなものを取り入れてしまうのは、「我々にも大きな原因があることを忘れないように」と少々「耳が痛い」ことも書かれていました。

 いつもは「ゴミ箱直行」の雑誌ですが、今回はゆっくり読んでみようと思います。