地場・旬・自給

ホームページhttp://sasamura.sakura.ne.jp/

4月の農作業予定

2012-04-01 04:05:14 | 暮らし


苗土の仕込み
4月 30時間(平均時間)

まず、今の畑の様子から。春が遅れていて、桜がまだ蕾。なにしろアンズやプラムがまだ咲かないのだから、遅い春の展開だ。今収穫できるものは、キャベツ、白菜、これは初めてのこと。まだ党だ地をしないものがある。カブ、大根、菜花、小松菜、じゃがいもに、ニンジン、スティクブロッコリー、プチベール。何時もなら途切れる季節だが、何かと食べるものがある。ハウスで苗を作っているのが、かぼちゃ、トオモロコシ2種、枝豆2種、トマト2種、ピーマン、茄子2種、キュウリ2種、万願寺シシトウ、サラダスナップ。畑に種をまいてあるのが、小カブ、小松菜、大根、ホウレンソウ、じゃがいも、たまねぎ。畑に苗が植えてあるのが、エンドウ、そら豆、キャベツ。何度かの凍りつく寒さもあり、畑は遅れ気味である。遅れ気味ではあるが、充実している。いつもなら春小麦を作る所だが、今年は麦の会の畑だけにしたので、畑に余裕がある。

畑は3列の1メートル幅のベットが空いていて、苗を植える準備を始める。苗は5月に成って植え付けと思っている。少し多めに作ったのが、枝豆の苗である。今の時期作ると、時間が倍かかるものだと思った。出来てタイミングが合えば、生ごみサロンに持ってゆく。2週間ぐらい経ってやっと、双葉が開いた所である。倍かかりはしたが、すべてが発芽した。50粒の大豆から50の苗が出来た。こういう事は初めてだ。時期をずらすつもりで、おととい100粒また蒔いた。モチットコーンの早期栽培も50本ぐらいの芽が出た。こちらは数えてないが、100は蒔いただろう。スイートコーンの方がまだ発芽は良い。50で40は出たか。今年は今のところトマトが良さそうだ。キュウリはまあまあ。茄子は例年通り発芽しない。温度が足りないのか。それならそろそろ出て来るか。堆肥は良く出来たものを用意はした。これをどのタイミングで蒔いて、どう耕すか。

稲種籾の浸種3月20日から15日までの25日間。15日に種蒔き。
遅れれた分の堆肥撒きと、ソバカス撒き。出来れば追肥でも行う。
田んぼの苗床、土振るい。4月8日と3月20日。
サトイモの植え付け。堆肥の効果が高い。
トオモロコシの播種。時期のずらしかたの研究。早いものと、遅いものに分ける。
枝豆の播種 試食用 今年は生ごみ堆肥を漉き込む予定。
出来れば生姜の植え付け
枇杷の摘果

田んぼが少しづつ始まる。毎年の事だが緊張をする。浸種した種籾は一週間経過して順調。毎日水を変えている。変えている水が少し臭いが出てきた。すえたような臭いがする。これは種籾が動き出したことなのだろうか。水温は10℃程度。4月8日の土振るい。30日、木村さんと石井さんが土を運んでくれた。31日に野積み1年間のソバカス堆肥と混合した。1週置いて8日に振るえば、とても良いものになるはずだ。乾いていればすぐ振るえる。出来れば欠ノ上の分もやりたい。できるかどうか。土ぼかしの様な苗土であれば、初期生育がいいはずである。苗床の仕上げも8日の午前中に行う。8日の午後は苗代作り。14日までもう一度寝かせて、種籾の播種。この方法が完成すれば、今までより良い苗作りに一歩前進する気がする。田植え機用の箱苗でも可能になるのではないだろうか。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野田政権はすり替え政治 | トップ | 生ごみ堆肥の作り方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。