徒然なか話

誰も聞いてくれないおやじのしょうもない話

葛飾応為をめぐる人々

2017-09-21 17:38:22 | テレビ
 先般放送された特集ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」は朝井まかての原作は未読だが、登場する人物たちが興味深く調べてみた。なかでも渓斎英泉と所帯をもつ女として登場するお瀧という人物が気になった。お栄が英泉に連れてゆかれた妓楼にお瀧がいて、英泉の三人の妹たちが芸妓として働いている。英泉が三人の妹を苦労して育てたことはいろんな文献に出てくるので、三人が芸妓になったかどうかは別にして実在したのだろう。お瀧の方はというと前帯ではないので花魁ではなさそうだ。ただ、その容姿や「さわぎ」の手慣れた踊りを見ると女郎あがりをうかがわせる。おそらく英泉が身請けした女郎と所帯を持って、この妓楼を共同経営しているという設定なのだろう。このお瀧を演じているのが宝塚出身の中島亜梨沙さん。大河ドラマ「真田丸」でも吉野太夫を演じていたので適役と言えそうだ。
 お栄こと葛飾応為の代表作「吉原格子先之図」は新吉原の和泉屋の店先を描いたものといわれているが、この和泉屋に於瀧と呼ばれた「引っ込み」 (楼主から実の娘のように育てられ将来を嘱望された幹部候補)がいたことが、一勇斎国芳の画「新吉原江戸町一丁目和泉屋平左衛門花川戸仮宅之図」などに出てくる。おそらく、この於瀧をモデルとして、新たに創造されたキャラクターがお瀧なのだろう。
 ちなみに英泉が「渓斎英泉」画号の落款を用いたのは、師匠の菊川英山が肥後熊本藩主細川公から依頼を受けて、英泉ら弟子たちに描かせた時が最初だったらしい。文政年間の熊本藩主といえば細川斉茲公かその嗣子斉樹公のどちらかだろう。


渓斎英泉とお瀧


和泉屋の「引っ込み」於瀧がモデルか?


英泉の野辺送りでのお瀧
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

子規と曼珠沙華

2017-09-19 23:13:52 | 文芸
草むらや土手ある限り曼珠沙華 (正岡子規)

 台風一過、気が付くと秋がいよいよ深まりつつある。道端の彼岸花が目立つようになった。
 今日は正岡子規の没後115年にあたる日だった。上の句は明治28年、28歳の作。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北斎の娘 ~葛飾応為(かつしかおうい)~

2017-09-18 22:48:24 | テレビ



浮世絵百家伝(関根只誠著、大正14年)より


三曲合奏図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

池江璃花子と木原美知子

2017-09-16 21:51:45 | スポーツ一般
 えひめ国体の水泳競技をテレビで見ていた。少年女子A50㍍自由形で池江璃花子(東京)が24秒33の日本新記録をマークして優勝した。ノーブレで50㍍を泳ぎ切り、平然としてプールから上がって来た彼女には一種のオーラが感じられた。中学時代からその類まれな能力を発揮していたが、昨年のリオ五輪にも出場し、今やトップスイマーとなった高校2年生。
 そんな姿を見ながらふと、ある人の姿がダブって見えた。それは2007年に早世された木原美知子さんである。木原さんが水泳界に彗星のごとく現われたのは、まだ中学3年生だった1962年の岡山国体の時だ。その2年後、東京体育館の屋内プールで行なわれた日本室内選手権の時、初めて彼女を間近で見ることができた。練習を終えて引き上げる僕らとすれちがったのだが、この時彼女は高校2年生、ちょうど今の池江選手と同年齢、既にスター選手になっていて、彼女の周りは他の人とは明らかに違うオーラを感じたものだ。その後、彼女は女人禁制だった日大水泳部に進んだ。最近でこそルックスやスタイルを兼ね備えたスポーツウーマンが多くなったが、彼女はまさしくその走りだった。そして池江選手はそれを引き継ぐ一人なのだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飾馬飾卸し

2017-09-15 16:23:52 | イベント
 藤崎八旛宮例大祭は台風18号の接近が予想されるため、9月17日(日)に予定されていた神幸式(隨兵行列・飾馬奉納)は10月9日(月)祝日に延期が決まりましたが、飾馬飾卸しは予定どおり今日、藤崎八旛宮にてとり行なわれました。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

60年代ポップ/ロックの思い出

2017-09-14 15:28:01 | 音楽芸能
 ふと気が付くと、学生時代に好きだった音楽を口ずさんでいることがある。僕が上京して大学に入った年、1964年は、ビートルズが日本の音楽シ-ンにも登場した年だったが、まだ今日のような評価は得ていなかった。だが、翌年、翌々年と立て続けにヒットを飛ばし続け、世界を席巻していく。当時は今日のようにスマホやPCやプレーヤーなど便利な機器があるわけでもなく、音楽を聴くのはもっぱらラジオで、特にFEN(現AFN:米軍放送網)は貴重な情報源だった。アメリカの最新ヒット曲がリアルタイムで入って来るのが何よりも楽しかった。ビートルズ以外にも魅力的なグループがたくさんあり、中でもこの3曲は今でも大好きな曲で、聴いている間はあの頃の情景がよみがえり、つかの間の学生気分に戻ることができる。

 なお、この記事は2008年7月23日に投稿した記事を再編集し、再掲したものです。

愛なき世界(1964年) ピーターとゴードン
 ピーターとゴードンはいわゆるリバプールサウンドのデュオグループ。この曲はレノン&マッカートニーが作った。ピーターの妹とマッカートニーが恋仲だったため提供したといわれる。1964年4月25日付の全英シングルチャートでビートルズの「キャント・バイ・ミー・ラヴ」を上回り、1位にランクされた。



マジック(1965年) ラビン・スプーンフル
 当時はイギリスのリバプールサウンドが世界を席捲しつつあったが、その一方でアメリカンポップスを代表するグループの一つとして、新鮮なサウンドを作り続けていた。この映像の2曲目に「You Didn't Have to Be So Nice」も収められているが、その他「 Daydream」や「 Summer in the City」など個性的なサウンドが忘れられない。



赤ずきんちゃん(1966年) サム・ザ・シャム&ザ・ファラオズ
 独特のサウンドで人気のあったアメリカのバンド。1967年にシドニー・ポワチエとロッド・スタイガーの主演で作られた名画「夜の大捜査線」で監督のノーマン・ジュイソンはこの曲を使いたかったが、高額な使用料を要求されて断念し、ほとんどこの曲のパクリのような「Foul Owl on the Prowl」という曲を使った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大穴牟知命(オオナムチノミコト)の復活

2017-09-13 17:42:02 | 美術
 東京・京橋1丁目のブリヂストン美術館は今、建替え工事が進んでいる。僕が本社勤務だった頃は、本社ビルと美術館は隣りあわせだったので、昼食後の休憩時間をよく美術館で過したものだ。
 ブリヂストン創業者の石橋正二郎は同郷の青木繁を愛し、彼の作品を多く収集した。なかでもこの「大穴牟知命」と「海の幸」は一度観たら忘れられない作品だ。「海の幸」は久留米市民会館の舞台に掛かる緞帳に再現されていたが、久留米市民会館が閉館することになり、その行方が気になる。

▼大穴牟知命(1905年、ブリヂストン美術館蔵)
 この作品は「古事記」上巻にある大穴牟知命(大国主命)の受難の物語を題材にしたもの。
 兄弟の神々の嫉妬により、焼石を押しつけられて死んだ大穴牟知命(オオナムチノミコト)が、執虫貝比女(キサガイヒメ)と宇牟起比女(ウムギヒメ)の二人によって復活するという物語。執虫貝比女(キサガイヒメ)が貝殻を削ってその粉を集め、宇牟起比女(ウムギヒメ)が自らの乳をしぼった乳汁を粉にまぜて大穴牟知命(オオナムチノミコト)の体に塗りつけると大穴牟知命は生き還ったという物語。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

葛飾北斎の娘

2017-09-12 18:57:44 | 美術
 今週からNHKでは葛飾北斎関連の番組が始まる。中でも楽しみは北斎の娘お栄を描いた宮崎あおい主演の特集ドラマ「 眩(くらら)~北斎の娘~」(原作:朝井まかて)だ。お栄(後の葛飾応為)を描いた作品としては、杉浦日向子さんの漫画「百日紅」やそれをもとにしたアニメ映画「百日紅~Miss HOKUSAI~」などを見たが、今度はいよいよ実写版。お栄こと葛飾応為作品の魅力は何といっても他の絵師には見られない陰影に富んだ絵。当時の日本としては斬新な画風がどうして生まれたのか、とても興味深い。

【総 合】 9月15日(金) 後8:00 歴史秘話ヒストリア
【総 合】 9月18日(月) 前9:05 特集「日本-イギリス 北斎を探せ!」
【総 合】 9月18日(月) 後7:30 特集ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」
【総 合】 9月22日(金) 後8:00 歴史秘話ヒストリア(一部地域は別番組)
【BSP】10月 7日(土) 後9:00 北斎インパクト~世界が愛した超絶アート~
【総 合】10月 9日(月) 前9:05 北斎“宇宙”を描く






葛飾応為の代表作「吉原格子先之図」


長唄「吉原雀」(明和五年(1768)の成立)
「吉原雀」とは吉原遊郭をただ冷やかして歩く素見の客を指す言葉
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昭和36年秋、会津若松

2017-09-11 22:04:35 | 
 この時期になると必ず思い出して再見する映像がこれ。今から56年前に撮影されたこの映像は、僕の先輩であり、当時済々黌水球部の主将であった村山憲三さんが、昭和36年(1961)の会津若松国体の様子を写した貴重なフィルムである。
 セピア色の映像はさすがに56年という時の流れを感じさせるが、僕の頭の中には、いささかも劣化していないカラー映像が今も鮮明に残っている。
 右の写真は鶴ヶ城内の若松市営プールで行われた開会式の模様。水球競技は決勝戦のみ、このプールで行われ、ライバルの京都鴨沂高校と対戦したわが済々黌チームは…



≪映像の内容≫
●会津若松鶴ヶ城内の宿舎、西澤別館からバスで試合会場へ向かう。
●会津若松市内は国体ムード一色で沿道の人々から歓迎を受ける。
●予選リーグ会場の会津若松市立第一中学校に到着、早速軽い練習。
●義宮様(現常陸宮様)が水球視察のため会場におこしになる。
●選手控室で昼食をとる。
●予選リーグが始まる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊二題

2017-09-10 20:39:18 | 音楽芸能

肥後菊


 昨日9月9日は五節句の一つ、「重陽の節句」。平安時代に中国から日本に伝わった由来はともかく、長寿を願う節句で、それを象徴するのが季節の花「菊」であることから、別名「菊の節句」とも呼ばれる。ただ、もともと旧暦の9月9日だったので、菊の見ごろにはちょっと早い。
 菊をテーマにした芸能は数多いが、その中から今回は下記の二つを紹介したい。

▼能「枕慈童(菊慈童)」


2015年1月23日放送Eテレ「にっぽんの芸能」より能「枕慈童」シテ方喜多流能楽師・友枝昭世(人間国宝)

【あらすじ】
 三国時代の魏(ぎ)の初代皇帝・文帝時代、テッケン山の麓から薬水が流れ出るというので、勅使がその源を訪ねる。勅使は、菊の花の咲き乱れる山中の庵で異様な童子に出逢う。勅使が問うと「私は周の穆王(ぼくおう)に仕えていた侍童だ」と答える。周は七百年も前の世。童子は、穆王に召し使われていたが、誤って王の枕をまたぎ、その罰でこの山に流罪になったという。しかし、童子を愛していた穆王は、四句の偈(げ:法華経の経文)を書いた枕を与えた。その偈の経文を菊の葉に書いておくと、その葉より滴る露は不老不死の薬となり、七百年もの間生き伸びたのだという。そして童子は楽を奏し、舞を舞ったあと、寿命を帝に捧げ、そのまま山中の仙家へと帰ってゆく。 

▼舞踊 長唄「菊」


2014年12月23日 花童くるみ卒業公演より「村娘」

女性の一生を菊の花になぞらえ、少女から大人の女への成長を、禿、町娘、御守殿、村娘、菊の精の姿で踊り分ける。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加藤神社と磐根橋

2017-09-08 18:58:50 | 熊本
 今年は加藤神社が、京町台の新堀から再び熊本城内に戻って55年。明治7年(1874)、加藤神社(錦山神社)が城内の平左衛門丸から京町台新堀に遷座され、昭和37年(1962)に、国道3号線(現県道303号線)を直線化するため、再び熊本城内の旧櫨方に戻されるまで、88年間の京町鎮座時代は、神風連の乱、西南戦争、日清・日露戦争、太平洋戦争など、まさに動乱・戦乱の時代。ラフカディオ・ハーンの「願望成就」には、日清戦争が勃発し、軍都熊本に全国から結集した若い兵士らが、軍神加藤清正を祀った加藤神社で必勝祈願に沸き立つ戦時下の様子が描かれている。
 現在ではそんな京町鎮座時代の名残りをとどめるものは何もないが、今でも京町の人々の心は「京町はせいしょこ(清正公)さんのおひざもと!」。


現在の県道303号線と磐根橋。前方信号下の横断歩道辺りから加藤神社の階段が立ち上がっていた。
現在、信号から左折は熊本地震による新堀法面崩壊の復旧工事のため通行止め。


昭和36年頃、新堀時代の最後の頃の磐根橋と加藤神社。


戦時中の昭和19年(20年?)、加藤神社の鳥居下階段にて熊本師範学校女子部附属国民学校(現在の熊大附小)の全校生徒および職員


明治7年、城内の平左衛門丸から遷座したばかりの加藤神社と完成間もない磐根橋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頑張って! 玄海竜二さん!

2017-09-07 19:36:11 | 音楽芸能
 熊本を拠点に活動している大衆演劇の重鎮・玄海竜二さんが、先月、横浜の三吉演芸場での公演後、ホテルにて脳梗塞で倒れられたことを、今日の夕方KKT「テレビタミン」の放送で初めて聞いた。救急車で運ばれ、そのまま入院、治療を続けておられるそうだが、まだ予断を許さない状況が続いているようだ。
 日本の大衆演劇界をけん引する玄海竜二さんには、まだまだ頑張っていただかなくてはならない。なんとか快復して、あの人懐っこい笑顔で熊本へ帰って来られることを心より祈っています。


「城下町くまもと時代絵巻2013」で加藤清正に扮した玄海竜二さん


「城下町くまもと時代絵巻2014」で加藤清正に扮し、舞いを披露する玄海竜二さん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

随兵会(ずいびょうえ)と随兵寒合(ずいびょうがんや)

2017-09-06 23:29:25 | イベント
 熊本市民最大の祭「藤崎八旛宮秋季例大祭」(随兵会)が近づいてきた。本来、9月11日から15日までの祭りだったのだが、10数年前にハッピーマンデー法が施行されて、9月15日が国民の祝日(敬老の日)ではなくなったあおりを受けて、現在はクライマックスの随兵行列や飾り馬の奉納が9月の第3日曜日に行なわれている。従って今年は9月17日がその随兵行列が行われる日である。
 昔は、大祭が行われる9月11日から15日のころ急に気温が下がり、秋の気配が濃くなることを「随兵寒合」といった。13日頃に最高気温が30度を割り、15日頃最低温度が20度を割るというのが平年の気温変化だったようだ。僕らが子供の頃、父親に手を引かれて朝随兵を見に行く時は、寒さに震えながら行った記憶がある。しかし、祭りの日にちも変動するようになり、また、近年の気候変動を見ていると「随兵寒合」という言葉も死語になってしまいそうだ。


2014年の随兵行列(夕随兵、随兵頭は幸山前市長)


2016年の飾馬飾卸し
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元箱根駅伝ランナーが牛深の海に抱く夢

2017-09-05 21:41:23 | 熊本
 今日夕方のTKU「みんなのニュース」では、牛深の海でイワシの棒受け網漁に勤しむ元箱根駅伝ランナーにスポットを当てていた。彼の名は根岸成光さん。九州学院を経て上武大学に進み、箱根駅伝のランナーとして8区を走った経験を持つ。彼の九州学院時代、高校総体などの大会で僕は見ているはずなのだが全然記憶にない。だから箱根駅伝に出場したことも知らなかった。牛深の漁師の家に生まれた根岸さんは、大学を卒業すると当然のように牛深に帰り、親の後を継いで漁師になったという。牛深の海の魅力なのか、ご両親の教育が素晴らしいのか、その潔い姿勢にまず感動する。牛深沖で夏から秋にかけて行なわれる棒受け網漁。集魚灯で魚を集め、棒に張り渡した網で捕る漁法だ。いさり火が夜の海に並ぶ様子は、牛深の夏の風物詩ともいわれる。イワシやサバの産地として昔から全国に知られた牛深だが、一時期は不漁に悩まされたという。これからもけっして豊漁の時ばかりではないだろうが、根岸さんにはスポーツ選手のOBとして後輩たちの励みとなるよう頑張っていただきたいものだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

復活!「古謝美佐子 熊本城島唄コンサート」

2017-09-04 14:15:27 | イベント
 「秋のくまもとお城まつり」の恒例行事として、2015年まで15回開催された「古謝美佐子 熊本城島唄コンサート」は、昨年、熊本地震で中断したが、今年、2年ぶりに復活する。
 沖縄音楽を代表する女性歌手・古謝美佐子さんによる三線の弾き語りとシンセサイザーなどを交え、沖縄古典音楽と融合した新しいサウンドは、毎回、熊本の人々の心をとらえてはなさない。
 この島唄コンサートに2010年から共演しているのが中村花誠さん率いる舞踊団花童。今回も7回目の共演が見られる。

 ◆2017年10月7日(土) 18:30~20:30 二の丸広場特設ステージ
 ◆出 演:古謝美佐子、佐原一哉、琉球國祭り太鼓
 ◆ゲスト:中村花誠と花と誠の会、舞踊団花童


▼2014年のリハーサル


▼2014年のフィナーレ



▼古謝美佐子さんの代表曲「童神」 城南海との共演
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加