ワンダースター★航星記

旅風景から日常の日々の印象的なショットと想いを切り取ったフォトエッセイ集です。旅することは人生をコンセプトにしています。

関西・梅花・名所めぐり

2017-02-15 00:12:07 | 花めぐり~1・2月
関西・梅花・名所めぐり

 「季節の花めぐり」が年中行事である私にとって、そろそろ、梅花のシーズン到来ということになる。
 桜ほどの華やかさはないものの、梅の威厳ともいえる存在感に魅せられた人も多いだろう。
 思い起こせば、数ヶの場所で数ヶの梅に出会った。
 何処が一番で何処が二番なんて言えないが、印象に残る関西圏内の梅を列挙するならば、北野天満宮、道明寺天満宮、南部梅林、賀名生梅林、綾部山梅林、追分梅林を挙げられよう。
 もちろん、最近、ワンダースター登場、以下の梅も忘れられない。


 <月ヶ瀬梅渓>
               

                    

                    

 <万博公園>
                 
             

 <城南宮>
                            
             
              

              

 <大阪天満宮>
              
 
              

 <いなべ梅林>


               

                

梅が綻ぶ頃



           blogramで人気ブログを分析
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
   





              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青い宝石「カワセミ」と緑色の妖精「メジロ」 ~長居植物園

2017-01-22 18:38:22 | 花めぐり~1・2月
青い宝石「カワセミ」と緑色の妖精「メジロ」 ~長居植物園

               

 凍てつく朝、長居植物園に冬の花の撮影に出かけた。
 スイセンは、今を盛りと咲き誇っている。

               

 そして、カンザキハナナにジュウガツザクラ。

               

               

               

 梅の花も咲き始めた。

               

               

 山茶花には、緑色の妖精「メジロ」がさかんに飛来する。

               

               

               

               

               

               

 大池では、青い宝石「カワセミ」発見!
 枯れた蓮に鮮やかな青が目立つ。

               

               

               

 池の周囲の手すりに休むのはいいが、あちこちに移動するものだから、カメラマンは走り回らなければならない。


               

               


              blogramで人気ブログを分析  
人気ブログランキングへ             人気ブログランキングへ
            人気ブログランキングへ

            ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水仙の咲く頃 2 ~千早赤坂村の「スイセンの丘」

2017-01-21 14:07:04 | 花めぐり~1・2月
  水仙の咲く頃 2 ~千早赤坂村の「スイセンの丘」

              

 大阪府内唯一の村、南河内郡千早赤阪村の「スイセンの丘」で約5万本の水仙が見頃を迎えている。
 村おこしの一環として、10数年前から棚田を利用して、水仙を栽培している。
 その一角だけは、白と黄の絨毯と甘い香りが広がり、金剛おろしの冷たい風をものともせず、一足早い春の訪れを感じるようだった。

              

              

              

              

              

              

              

              

              

 千早赤阪村は南北朝時代の悲運の武将、楠木正成、生誕の地でもある。
 道の駅「ちはやあかさか」横の一角には、楠公生誕の地の石碑と楠公由来の展示中心の「郷土資料館」がある。


              

              

             blogramで人気ブログを分析  
人気ブログランキングへ             人気ブログランキングへ
            人気ブログランキングへ

            ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロウバイの咲くころ ~浄瑠璃寺

2017-01-19 15:39:58 | 花めぐり~1・2月
 ロウバイの咲くころ ~浄瑠璃寺

                    

 浄瑠璃寺は木津川市にある真言律宗の寺院。
 寺名は本尊である薬師如来の居所たる東方浄土「東方浄瑠璃世界」に由来する。

                    

                    

 紅葉の名所、浄瑠璃寺もすっかり、冬枯れの佇まいで、ロウバイの黄色と南天の赤が僅かな彩りを添える。
 特にロウバイは半透明の蝋細工のような花びらを精一杯、広げて、今を盛りと咲き誇っていた。

                    

                    

                    

                    

                    

                    

 本堂に9体の阿弥陀如来像を安置することから九体寺の通称がある。
 また、この日は吉祥天女像もご開帳されていた。

                    

                    

                    
 池を中心とした浄土式庭園と、平安末期の本堂および三重塔が残り、平安朝寺院の雰囲気を今に伝える。
 池は薄氷に覆われており、セキレイたちが氷上をさかんに闊歩していた。


                    

                    

                    

                    

                    


                 blogramで人気ブログを分析
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村
FC2 Blog Ranking -->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スイセンの咲く頃 ~般若寺

2017-01-18 17:54:33 | 花めぐり~1・2月

スイセンの咲く頃 ~般若寺

                

 般若寺は飛鳥時代に創建され、奈良時代、平城京の鬼門を鎮護する寺となる。
 以来、般若経の学問寺として栄え、数々の文化財を今に伝える。
 また秋のコスモス、冬の水仙、春の山吹など四季に咲く花の名所でもある。
 冬の凛とした空気のなか、スイセンの楚々とした佇まいは石仏によく似合う。

              

              

              

              

              

              

              

              

              

              

              

              

              
 

            blogramで人気ブログを分析
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村
FC2 Blog Ranking
         



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八釣の里 ~ロウバイの咲く頃

2017-01-08 07:00:48 | 花めぐり~1・2月
 八釣の里 ~ロウバイの咲く頃

              

 毎年、この頃になると、行きたくなる場所がある。
 奈良県明日香村の八釣(やつり)の里は、奈良・大和路の風景を愛し半世紀にわたって撮り続けた故入江泰吉氏がよく通ったところとしても知られている。
 大和三山の畝傍山と大津皇子伝説の二上山が一直線に並ぶ不思議な背景に大和屋根の古民家のある集落がひっそりと息づいている。

              

              

              
 かつて飛鳥がこの国の首都だったころ、顕宗天皇の八釣宮があった地ともいわれ、のどかな中にも歴史の息吹がただよう農村風景がある。
 1月になるとロウバイがあちこちに咲き、一足早い春の訪れを感じさせてくれる場所でもある。
ロウバイは透き通るような質感と鈍い光沢のある、ロウ細工みたいな黄色の花びらと芳香が特徴的な冬の花。
 触るとパリパリッと割れてしまいそうだ。


              

              

              

              

              

              

              

              

              

              

 山茶花や南天も冬枯れた風景に紅を添える。

              

               

              blogramで人気ブログを分析  
人気ブログランキングへ             人気ブログランキングへ
            人気ブログランキングへ

            ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



              

               

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

長谷寺 ~冬牡丹と福寿草が咲くころ

2016-02-21 08:27:00 | 花めぐり~1・2月
長谷寺 ~冬牡丹と福寿草が咲くころ

              
 
 長谷寺の創建は奈良時代、8C前半とあるが、平安時代には本尊・十一面観音像を祀る観音霊場として貴族の信仰を集めた。
 参道には歴史が感じられ、何といっても、草餅が有名。

               

               

 初瀬山の山麓から中腹にかけて伽藍が広がる。
 入口の仁王門から本堂までは399段の登廊(のぼりろう、屋根付きの階段)を上る。

               

 この登廊の両脇で、冬牡丹が見ごろを迎えていた。

               

               

 春咲き品種の牡丹を、温室を利用して人工的に春の状態にして咲かせたのが「冬牡丹」。
花自体は春のつもりで咲いている。
 青い長い茎と、大きな緑の葉が特徴だ。
 冬の寒さに耐え忍んで自然に咲いた「寒牡丹」とは異なる。

 ただ、いずれも菰を被せてもらい、そこだけ、灯りがぽっと灯ったような、可愛い花だ。

              

              

              

              

              

              

              

              

              

 冬牡丹の裾には福寿草が咲いていた。
 冬の堅い殻を破って、咲き始めた春の息吹。

              

              

 梅も咲き始めていた。
 

              

              

              


             blogramで人気ブログを分析

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村
              

FC2 Blog Ranking

  







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長居公園のスイセンとロウバイ、そして、我孫子観音

2016-02-07 22:46:18 | 花めぐり~1・2月
長居公園のスイセンとロウバイ、そして、我孫子観音

               

 立春を過ぎ、長居公園ではスイセンが見頃となっていた。
 まだ、身にしみいるような寒気と凛とした空気の中、白い清楚な花をフレーミングしながら、春の足音を聞く。

               

               

               

               

               

               

 冬の花、ロウバイ。
 蝋細工のような花びらが割れないように、そっと、シャッターを切る。

               

               

               

 近くの我孫子観音では厄払いの加持祈祷が行われていた。
 春はすぐそこである。


               

               

               

               

               blogramで人気ブログを分析

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
              にほんブログ村
              

FC2 Blog Ranking 



               
コメント
この記事をはてなブックマークに追加