ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro the cat:JAPAN TRAVEL)

京都在住の旅ジャーナリストとネコのミモロが、京都の伝統と新しさをはじめ、注目のお店などをご紹介。心和む雑誌のようなブログ

[祇園祭」の後祭。ミモロは、宵山に「大船鉾」でお手伝い。「鷹山」のかわいいおみくじ

2017-07-23 | 祭事・神事・風習

今年も、ミモロは、「大船鉾」で厄除け粽やお守りなどの授与をはじめ、参拝者の誘導などのお手伝いをします。


すでに5年になるお手伝い。「大船鉾」の四条町のみなさんとも、すっかり顔なじみです。

今年は前祭は、3連休に恵まれて、昨年よりも大勢の人たちが訪れました。そのため厄除け粽などは、売り切れが続出。
でも、今年の後祭は、「ちょっと人出が少ないねぇ~」とミモロが感じるように、前祭のような混雑はありません。

もともと後祭は、地元の人のお祭りという感じが強く、飲食の屋台なども外部の参加はなく、会所のそばで地元の方々が、飲み物などを販売している程度。

ミモロは、粽授与のテントの中で、参拝者に「厄除け粽、どうですか~」と、時々声を掛けています。


後祭りの山鉾は、全部で10基。会所は11あります。というのは、幕末に焼失した「鷹山」が、復活へ動きだし、会所ができたのです。
そこでは、可愛い「鷹」と「犬」のおみくじなどもあります。


山鉾がある四条通の北側のエリアは、交通規制が行われていますが、のんびり歩ける感じです。
「やっぱり、前祭の3連休にみんな祇園祭に来て、もう後祭に来てくれなのかなぁ~」と、ちょっと手持無沙汰な様子。



どうぞ、皆さま、後祭においでください~。

ミモロは、今年の「祇園祭」では、「蟷螂山」と「大船鉾」の厄除け粽。そして「保昌山」のお守り、「鷹山」のおみくじを手元に…


「最近、食べられる粽を売ってるところ増えたよね~」とミモロ。
「黒主山」「鷹山」では、食べられる粽があります。


さて、今年ミモロが「祇園祭」で食べたのは、北京料理の「膳處漢ぽっちり(ぜぜかんぽっちり)」の店先で祭りの時だけ販売される「したたり肉まん」でした。
 
「あ、たれつけるんだ~」

前祭の期間だけの販売で、長蛇の列ができた人気の肉まん。
「一度食べたかったんだ~。あの~ひとつください~」「あれ?もしかしてミモロちゃん…前にお店来たことありますよね~」
とお店の方は、ミモロを覚えていてくださいました。


「ガブリ・・・アチッチ~。フ~フ~」猫舌のミモロ、冷ましながらいただきます。



「後祭でもなんか食べたい~」とミモロ。
宵山のお手伝いが終わったらね~。
夜になっても暑さが残る京都。ミモロサイズの特製「大船鉾」の団扇であおぎながら、お手伝いを続けます。




人気ブログランキング
ブログを見たら、金魚をクリックしてね ミモロより

ミモロの通販ショップ「ミモロショップ」はこちら

ミモロへのお問い合わせ・ご要望は、mimoro@piano.ocn.ne.jpまで
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「祇園祭」の後祭。「南観音... | トップ | [祇園祭 後祭」の宵山。ミモ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

祭事・神事・風習」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事