『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『エスター』を観た]

2009-10-10 23:59:01 | 物語の感想
☆今週末は、多くの映画が公開されるが、この作品と『さまよう刃』は観るつもりなかった。

 どちらも、ジャンルは違えど、精神的にきつそうだったからだ。

 しかし、午後5時半に仕事を終えて、帰宅して風呂入った後でも、2本の映画が観れそうで、タイムスケジュールを見ると、先ずは、この『エスター』が丁度良かったのでチケットを買った。

 しかも、<ワーナーマイカル>はファンサービスデーで、1000円でした^^v

   ◇

 面白かった。

 問題となる少女・エスターを養子にする前の段階(主人公家族の問題点)が結構丹念に描かれていて、果たして、その家族の問題(主に母親ケイトの流産ノイローゼ)が、後の展開に十全に活きてくるかは別にして、なかなか格調高く感じた。

 私は、ちょっとだけ、キューブリックの清潔感のある映像を思い出した。

 ただ、誰の視点か定まらない構図が多く、初期のサム・ライミも思い出した。

 例えば、精神安定剤を飲むケイトを後ろから眺める構図などは、最初は主体がない。

 「最初」と言うからには、二度目もあるのだが、そこでは亭主が後ろからケイトの様子を窺っていて、観ているこちらをちゃんとドキリとさせてくれる。

   ◇

 で、このような「最初」「二度目」と言う律儀な伏線の張り方が、この物語では貫徹されている。

 「バラの由来」「難聴の娘」「氷の張った池」「身体測定や歯科検診を受けないエスタ」「喉と手首のリボン」・・・。

 全てが、ちゃんと後で活きてくる。

 クライマックスでの、ケイト対エスターの構図においても、二階の屋根に逃げたケイトを窓から窺うエスターがいて、でもエスターは気づかずに去るのだが、安心するケイトの画が段々と後ろに引かれると、窓辺にまだエスターがいたりするのだ^^;

 私は感心すると共に、そのあまりにものシナリオ上の無駄のなさが、文学的と言うよりも、本格ミステリ的にも思えた。

 つまり、格調高い作りが、俗なものの印象へと行ったり来たりするのだ。

 最後に明らかにされる「エスターの正体」に、私は感心したが、綾辻行人のホラーに似たものを感じた。

 ただ、例えば、温室のガラス張りの天井窓から、娘を狙うエスターの姿を見、ガラスをぶち破ってエスターに体当たりするケイトや、

 それとは反対に、氷の張る池に、氷(ガラス)をぶち破って落ちていく二人・・・、と言う、計算なのか偶然なのか分からない「対比」の構図を見せられると唸らせられる。

   ◇

 私が、この作品を見たくなかったのが、作品ポスターで見るエスターの顔が気持悪かったからだ。

 しかし、いざ見てみると、エスター役のイザベル・ファーマンは、素材としては、なかなか可愛い。

 目やソバカスなんて魅力的だ。

 そして、物語の構造を考えると、この子役、実に演技がうまい。

 上記の写真の表情を見て欲しい。

 ドシン! と存在感がもの凄い。

 ただ、私は、『ハロウィン』の時も思ったのだが、子供にこのような役を演じさせるのはどうなのだろうと思う。

 この子達の成長に与える影響と言うのは甚大だと思うのだが・・・。

   ◇

 それは、エスターが、ケイトの亭主を誘惑するシーンなどにも言える。

 この子役が、自分の与えられたシナリオの意味を理解しなくては、演じられないだろうからだ。

 つまり、「ファック」や「私に全部任せて」なんてセリフの意味を、エスター役の子は、年齢不相応に演出家に教わるわけだ^^;

 ただ、このシーン、私的には、少しグッとくる点もあった。

 エスターは、確かに気持悪い女の子なのだが、物語的に、もう少し彼女を可愛く描いてくれたら、「サイコ美少女」物として、マスターピースになり得た作品だったのにと惜しい気持が起こってくる。

 ・・・そう、その、エスターの狂気性が「サイコ」であったことも、私は不満だ。

 丁寧な作りの作品なので、エスターの狂気は、もっと具体的な統一性があるのだと思ったからだ。

 でも、『ミラーズ』よりも二段階ぐらいレベルの高い作品だと思う。

 私は、エスターに「裏アメリ」の称号を与えたい^^;

                                     (2009/10/10)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [映画『ワイルド・スピード M... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして♪ (すぷーきー)
2009-10-11 19:42:23
TBありがとうございます♪
そうなんですよね!
最初は後ろから何か来ると煽っておいて何も無く、その次で驚かせる。
この煽る感じが繰り返される。
狂った人間って、怖いですね。(^^;)
すぷーきーさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-12 00:18:22
こんばんわ^^

>>その次で驚かせる。

その時のエスターの表情が実にいいんですよね。

なんかニンマリしているときもあれば、口をへの字にしている時もある。

無表情の時が、一番怖いのです^^;
Unknown (丸場盆山)
2009-11-05 16:55:58
どうも、
この映画を見て、「危険な遊び」のマコーレ・カルキンを思い出しました。
エスターが歌う曲が、映画始まる前にずっと流れていたので、ゾクゾクしてよかったです。
丸場盆山さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-11-05 22:25:08
こんにちわ^^

変わったお名前(HN)ですね^^

エスターは、見てからかなり経つのに、なんか心に残っています。

正体がバレてからのエスターの顔が秀逸ざんす^^

>>エスターが歌う曲が、映画始まる前にずっと流れていた

気の利いたサブリミナル映画館ですね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「エスター」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「パンズ・ラビリンズ」「アザーズ」「永遠の子供たち」など、スペインホラー系映画の流れをくむ映画なのかな?と想像・・・・。本題は「ORPHA...
試写会「エスター」 (流れ流れて八丈島)
今日も仕事帰りにダッシュで有楽町朝日ホールへ直行して、「エスター」の試写会を観てきましたこれは大当たりな映画でしたあまり期待してなかったせいか、かなり衝撃をうけました養子で貰われてきた子供(エスター)が主役のサスペンス&ホラーなんだけど、「オーメン」的...
エスター (Peaceナ、ワタシ!)
- この娘、どこかが変だ。- 昨晩、レイトショーで『エスター』を観てきました! 公開初日だったのですが、さすがはホラー映画! あんまり混んでなかった・笑 この作品、製作にレオナルド・ディカプリオの名が! そしてレオ様曰く「これは何度でも見たいと思う映画だ」と...
「エスター」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
今回の試写会、当たり外れで言えば「当たり」でした。 これだから試写会ライフは止められない。観る前は全然期待していなかった分、あの「ネタバラし」が分かった所から、物語が急展開、其処からは一気にラストまで見事に見せました。 なので、素直に面白かったと言える...
映画「エスター」感想 (Life on Mars)
ホラー映画「エスター」見てきました。9歳で端正な美貌のエスターちゃんが、自分の不利益になる人物は徹底的に追い詰め、利用できるものは騙...
【映画評】<!-- えすたー -->エスター (未完の映画評)
ロシアから来た一風変わった孤児の少女・エスターが天使のような笑顔の裏で、一家を破滅に陥れるサイコ・スリラー。
エスター/ヴェラ・ファーミガ (カノンな日々)
孤児員の少女を養子に迎え入れたある夫婦の身に巻き起こる恐怖の出来事を描いた戦慄のサスペンス・ホラー。予告トレイラーの印象だとサイコ・スリラー風でしたけどかなり出し惜しみしてそうな映像なので怖いモノ観たさで行ってまいりました。 出演はその他に、ピーター...
エスター (LOVE Cinemas 調布)
「この娘どこかへん…」ある夫妻がその少女を養子にした日から起こる恐怖の出来事…。彼女は一体何者なのか。主演は『縞模様のパジャマの少年』のヴェラ・ファーミガと『エレジー』のピーター・サースガード。そして邦題になっている少女エスターを演じるのはイザベル・...
エスター (心のままに映画の風景)
3人目の子供を流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)は、悪夢とトラウマに苦しみ、 ジョン(ピーター・サースガード)との夫婦関係も...
[映画][劇場公開]エスター 83点 (さとうれおはオレだけか)
古いホラーはあまり見ていないが最初の夢のシーンからして安っぽい海外のホラーとはレベルが違うのを感じさせる。 オチだけ聞かされたとしたら「映画でそんな説得力のないオチやれないだろ」っていう風な反応をするかな。 それを小説とかゲームではやれない映画ならでは...
エスター (だらだら無気力ブログ)
子供を流産で亡くした夫婦が、孤児院から少女を養子として迎え入れたこと から、その夫婦と実子達に迫る恐怖を描いたサスペンスホラー。三人目の子供を身籠ったものの流産してしまったケイトはアルコールに 溺れ、夫婦関係にもひびが入ったが、このままではいけないとア...
エスター (すたほ~映画・本の部屋~)
解説: 孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。『蝋人形の館』のジャウム・コレット=セラ監督がメガホンを取り、実子を流産で亡くしたことへのトラウマと謎めいた養女に苦しめられる夫婦の姿を追う。悪...
エスター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Orphan(孤児)。ジャウム・コレット=セラ監督、 ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン、CCH・パウンダー、ジミー・ベネット、アリアーナ・エンジニア。いくら1人死なせても2人子供がいるのになぜ無理して養子をもらわなけ...
No.106 「エスター」 (2009年 123分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ハウメ・コジェ=セラ 出演 ヴェラ・ファーミガ        ピーター・サースガード    イザベル・ファーマン この日の三本目の作品は「エスター」というサイコホラー。 正直この映画は存在を知らない人が多いと思われるほどのマイナーな作品。 大阪で...
9歳の少女、この娘何か変だ「エスター」 (foot23cm)
ジャウム・コレット=セラ監督 ・女の子が主演のホラー映画ってあまり無いですよね。斬新な感じで良かった。オープニングとエンディングの...
エスター (元レンタルビデオ屋店長の映画感想)
オフィシャルサイト 一組の夫婦が養子として引き取った少女が、やがて思いも寄らぬ恐怖をもたらす戦慄のホラー・サスペンス。主演は「ディパーテッド」のヴェラ・ファーミガと「フライトプラン」のピーター・サースガード。タイトルロールの少女エスター役にイザベル...
エスター / ORPHAN (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click エスターは、9歳。 ロシアで生まれ、孤児になった、可哀そうな女の子。 頭が良くて、絵と歌が上手で、天使のように可愛、、、 いくない{/ee_3/} そうきたか...
「エスター」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
いやぁ、怖い! 「ミザリー」のような怖さもあったかなぁ
エスター (小部屋日記)
Orphan(2009/アメリカ)【DVD】 監督:ジャウム・コレット=セラ 出演:ヴェラ・ファーミガ/ピーター・サースガード/イザベル・ファーマン/CCH・パウンダー/ジミー・ベネット この娘、どこかが変だ。 ダーク・キャッスル・エンターテインメント制作の衝撃サスペ...
『エスター』 ('10初鑑賞43・Blu-ray) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月22日(月・祝) Blu-ray Disc にて鑑賞。
エスター (映画鑑賞★日記・・・)
【ORPHAN】 2009/10/10公開 アメリカR15+ 123分監督:ハウメ・コジェ=セラ出演:ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード、イザベル・ファーマン、CCH・パウンダー、ジミー・ベネット、アリアーナ・エンジニアこの娘、どこかが変だ。Story:めでたく3人目の赤...
エスター (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月11日(火) 17:35~ 新橋文化劇場 料金:900円 『エスター』公式サイト 去年の課題作。公開翌日から鑑賞券が販売されていない状態だった。1800円を払いたくないと躊躇しているうちに、午前中だけの上映とかになり、結局見逃した。 引き取られた孤児が、悪...
エスター (Orphan) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ハウメ・コジェ=セラ 主演 ヴェラ・ファーミガ 2009年 アメリカ映画 123分 ホラー 採点★★★ それが一方的な思い込みであっても、一見無害に思える物が害を成すと、そのギャップもあって結構怖いもんですよねぇ。中に人が入ってるんじゃないかとすら思える...
エスター (ハクナマタタ)
これはつまり、 「赤ン坊少女タマミちゃん」である しかし、最大限に違うのはエスターが美少女だということだ とすれば これは「洗礼」に近いのかもしれない 怖さは洗礼の域ではない 「14歳」にもこのようなキャラが出てくる アメリカ大統領