『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ワイルド・スピード MAX』を観た]

2009-10-11 10:11:34 | 物語の感想
☆さて、映画の日、勤務後の二本連続鑑賞第二弾!!

 で、予告編で、南極を舞台にしたスリラー(?)『ホワイトアウト』をやっていたのだが、その主演女優(ケイト・ベッキンセイル)を見ていたら、

「こんないい女が、南極にいるわきゃねーだろ!!!」

 と、至極、素直につまらないことを思ってしまいました^^;

   ◇

 さて『ワイルド・スピード MAX』である。

 ああ、私、これは乗れませんでした(カーアクション物であるだけに^^;)。

 理由は二つ。

 先ずは、同じくカーアクションが売りの『トランスポーター:アンリミテッド』(クリック!)のように、それまでのシリーズを見ていなくても楽しめるストーリーではなかった(そういった体裁にはしていたが…)。

 私は比較的、何か過去に関係のある人間関係のつながりについては、かなり想像で補完を行なえるタイプの人間であるが、心の奥の情緒的な部分での結合まで至らなかった。

 まあ、これまでのシリーズを見ない私が悪い。

   ◇

 それから、私は、車に興味がない。

 車を乗り物としか思えないタイプの人間である。

 だから、おそらく、カーマニアが感心したり垂涎のシーンでも、特に感慨が起きない。

 でも、私、昔、飲み会で、車好きの女の子と知り合ったことがあり、その後も何度か会ったのだが、私は車の知識が全くないのに「知ったか」で、ずーっとやり過ごしたことがある。

 私が、「へーっ、結構、車、いじくってるんじゃない?」と言うと、女の子は「そうなのよ~^^」とワケの分からない専門用語でまくし立てる。

 私は、その中の専門用語の一つをピックアップし、「ほお、エアロがねえ(エアロってなんだよ^^;)」とか言うと、「そうそう、ホイールもアルミだよん^^」とか答えてくる^^;

 私は、どーでもいいけど、ツベコベ言わずにお前に乗せろ! と思う。

   ◇

 ある種の女の子って、「自分の思いの丈」をぶちまけるのに夢中で、他人の話など全く聞いちゃいない性分だからなあ^^;

 「腐女子」なんかもそうで、うちの姪っ子は、私の母親にはチンプンカンプンなのに、色々と声優のラジオの話などをまくし立てるそうだ。

 我が母親は、「そういうことってあるよね^^」とか「へーっ、面白かったんだ~」とか適当に相槌を打つのだが、それで姪は大満足で話し続けるのだ。

 ・・・で、私が言いたいのは、この作品は、そんな人たちのためにある作品だと思った。

   ◇

 そもそも、この作品のW主人公の一人であるドム(ヴィン・ディーゼル)だが、車好きではあるのだが、それ以上に、こだわりなく車を乗り換え続ける。

 あくまでも、車は自分を表現するツール扱いなので、

 それが、この作品に夢中になっている一部のファン「車に従属している自分」タイプとは一線を画していると思う。

   ◇

 だが、物語は車に従属している。

 なんか無理矢理にカーアクション設定に話を展開させているのが気になってしょうがなかった。

 また、その売りのカーアクションだが、場面切り替えが小刻みでよく分からなかった。

 間にギアチェンジのカットを入れるところが、ドライビングの巧みさを表わしているんだろうけど、総じて、散文的にアクションを楽しませてくれるのではなく、ミュージックビデオ的なイメージで押すアクション描写だ。

 せっかく、肉体派を主人公に据えているのに、ナビなどデジタル映像をテレビゲーム的に画面に配すのもつまらん。

 メキシコ国境の秘密トンネルでのカーアクションだが、これもただの一本道数珠繋がりの走行なので、どこが「アクション」として成立しているのか分からん。

 だから、もう一人の主人公ブライアン(ポール・ウォーカー)が、登場シーンで、麻薬の売人を足で追うのだが、そのシーンが一番面白かった。

 それでも、『慰めの報酬』(クリック!)の追っかけチェイスに比べると見劣りする。

   ◇

 主人公の愛称が<ドム>で、冒頭の連結タンクローリー強奪作戦が、三台の車で行なわれるのが、「黒い三連星」っぽくて良かった。

 総じて、役者たちは魅力的だ。

 「カフェオレ」みたいに、褐色のいい女たちがいっぱい出てくる^^

 アクションの描き方が私から見ると下手で、風俗の描き方が表層的なのがダメな作品でした。

                                     (2009/10/11)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『エスター』を観た] | トップ | [映画『戦慄迷宮3D』のフッ... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうでしょうねぇ (KLY)
2009-10-11 23:58:20
この作品がシリーズ初見で車は乗りモノでしかないということだと、流石につまらなかったでしょうねぇ。私はまるっきり正反対でして蘭さんいわくの「一部の人」です。(笑)
でも別に悪い意味にはとってませんよ。実際「一部の人」が一番楽しめる作りになっていると思いますし、そこんところは自覚してますから。(苦笑)
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-12 00:15:42
こんばんわ^^

実は、このエントリーを書いた後、KLYさんのエントリーを軸にTBを飛ばしていたのですけど、KLYさんのエントリーを読んだら、なんか、私の投稿がKLYさんの内容を批判しているようにも読めてしまうかなあと危惧していたのです。

そのような意図はありません。

KLYさんはそのようなタイプではないですから^^

ただ、この作品自体は、私にはどうもダメでした。
ああ、 (KLY)
2009-10-12 01:12:01
ごめんなさい。私の書き方が不味かったですね。
本当に皮肉でもなんでもなく、蘭さんの言って
ることは的を射てると思ったもので。^^;
だから蘭さんのエントリーを読んでも、批判と
かそんな風には全くとってないですよ。

特に車をツールとして扱うというあたりは、車
好きでありながら、あくまでもツールとして割
り切っているアメリカ人らしい合理性を感じま
したしね。(笑)
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-10-12 07:03:35
TB有難うございました。
オープニングがクライマックスかと
思えるほどのアクションが展開されて
観終わった後、ハンドルを握ると
もしかして自分も…できるなどと錯覚してしまいました。
残念だったのは、日本車の活躍が少なくってきた事かな。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
御二方へ^^ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-12 07:45:05
おはよう御座います。

昨夜は、『カイジ』観て、ドキドキして疲れてしまいましたよ。

>>KLYさんへ♪

ただ、逆輸入な考え方ですが、車がモビルスーツだったら、戦場での命が掛かっているので、拘らざるを得ず、
「少しの命」を掛けているかも知れない日々の生活の中での運転行為を左右する車種にも自分自身を投影せざるを得ないのかも知れません。

一昨日、帰宅時に、車をデコレイトしている車が前を走っていまして、車内でDVDを観ているようなので、後ろから目を凝らしていたら、どうやら、ムスカが画面上で喋っていました。
「ラピュタ」を見ているのでした^^;

>>シムウナさんへ♪

正直、私も、映画館を出て、駐車場のハンドルを握ったら、気分はヴィン・ディーゼルになっちゃいましたよ^^;
オートマなのに、左手はギアレバーの上に置いていました^^;

これからもよろしく!!
お邪魔しますm(_ _)m (chaco)
2009-10-14 15:46:57
はじめまして。

昔はグーに、今はヤホーにお世話になってるchacoと申します。

自称「映画命」の割には、最近は随分ですが。。。
で、かねてからTVでもド派出に予告していたコレを、
劇場へ観に行こうかどうしようかと悩み、
とりあえず、どなたかの感想を、と検索したら、
ココに辿り着いたっつーわけなのです。


えっと、私は前作みんな観てるからOKみたいですね!?
クルマも好きなんで無事通過ですね。
で、ポール・ウォーカーにいたっては食べたい位好物なんで、それも◎


おっしゃーーー!!行こうっと!!
ありがとうございました
chacoさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-14 22:46:00
いらっしゃいませ^^

いえいえ、みんな褒めていますから大丈夫ですよ。

私は車好きじゃないので、あまり楽しめなかっただけです。

ポール・ウォーカーはいい男ですが、私は、ヴィン・ディーゼルのもっさり具合が気に入ってます。

これからも4649!

観たら、TBして下さいね^^
TBさせて頂きました。 (chaco)
2009-10-16 14:38:10
本日、コレ観てきました!

「最高!!」でした。「文句ナシ!!」


すみません、まだ興奮状態です。
よろしかったら、私の記事なんぞを。。。

ありがとうございましたm(_ _)m

では。
chacoさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-16 22:28:21
楽しめて何よりでしたね。

私も、そちらにTBしましたが、批判的な内容ですいません。

でも、これまで、『ベンジャミンバトン』や『チェンジリング』『グラン・トリノ』といいラインナップじゃないですか^^

アクションでは『96時間』なんてオススメですよ^^v
ありがとうございました。 (chaco)
2009-10-16 23:03:46
TBどうもありがとうございました。

やっぱ精神年齢が低い私は、
こういう映画が一番なのかも!?

今年は、DVD鑑賞数やっと120本・・・
最高で年間342本観てます。ま、ソレは異常です。
平均、年間150本を目指していますが、洋裁が忙しくて。

また寄せて下さい。では。
chacoさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-19 01:01:23
こんばんわ^^

>>最高で年間342本観てます。ま、ソレは異常です。

異常ではないでしょう。

だって、一日にテレビは2,3時間は見るでしょうから、それが映画と思えばそんなに変ではないです。

これからもよろしく^^
TBありがとうござました (かめ)
2009-10-19 06:23:10
TBありがとうございました。
車ファン、マニアには、何作目でも結構盛り上がる作品だと思いますが、そうでないストーリー、キャラクターに期待している自分にとっては、ちょっとガス欠気味にシリーズになっています。
かめさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-20 00:08:59
こんばんわ^^

かめさんはシリーズ通して見てきたんですね。

でも、私、ちょっとだけその気持ちが分かります。

トンネルのシーンなど、明らかに、シリーズファンにおんぶに抱っこの大雑把なパートが見受けられました^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ワイルド・スピード MAX (Akira's VOICE)
真似しません。  だって出来ませんから!  
ワイルド・スピードMAX (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
我々がこの映画に期待するのは、車の種類や改造方法にカーアクションなどでお話は重視しない。映画の最後に、「この映画は閉鎖されたセットで撮影されたものです。決してこのような運転を真似しないでください。」とクレジットが出るのだ。いかにやりたい放題やっているか...
劇場鑑賞「ワイルド・スピードMAX」 (日々“是”精進!)
オリジナル・サウンドトラック『ワイルド・スピードMAX』「ワイルド・スピードMAX」を鑑賞してきましたヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーら第1作のオリジナル・キャストが再び顔を揃えた人気カー・アクション・シリーズの第4弾。ある一件を巡り再会した2人の....
ワイルド・スピード MAX (ぶっちゃけ…独り言?)
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ワタクシ含め、車好きには堪らない「ワイスピ」のシリーズ4作目で御座います。 とは言っても、実際のところ、1作目>2作目>>>>>3作目とシリーズが進むに連れて、 てか、前作が激しく駄作だったの...
ワイルド・スピード MAX (そーれりぽーと)
シリーズとは言っても毎回違う話だった『ワイルド・スピード』シリーズですが、今回は4作目にして1作目の続きのストーリー。 と言う事で、1作目のストーリーの記憶はおぼろげでしたが、『ワイルド・スピード MAX』を観てきました。 ★★★ 2作目でガッカリ、3作目でム...
映画「ワイルド・スピードMAX」@東京厚生年金会館 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1階席は7~8割くらいで2階席は未確認。カーアクション映画なので男性客が多い。    映画の話 南米に逃亡したすご腕ドライバー、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)は恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)とともに輸送車からの強奪を繰り広げていた。一方、...
★ワイルド・スピードMAX(2009)★ (CinemaCollection)
ポチッとお願いしますAST&FURIOUS誰か、コイツら 止めてくれ!!製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/10/09ジャンルアクション/サスペンス【解説】ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーら第1作のオリジナル・キャストが再び顔を揃えた人気....
「ワイルド・スピードMAX」 スピード&セクシー (はらやんの映画徒然草)
都内に住むようになってから、車は持たずに公共交通に頼って生活しています。 車を持
「ワイルド・スピードMAX」プチレビュー (気ままな映画生活)
1作目のキャストのヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、 ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースターが再集結。 1作目の正当なる続編の登場です。
ワイルド・スピード MAX (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!ミシェル・ロドリゲスがかっこいぃ!
ワイルド・スピード MAX [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:FAST & FURIOUS公開:2009/10/09製作国:アメリカ上映時間:107分鑑賞日:2009/10/09監督:ジャスティン・リン出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター+あらすじ+南米に逃亡したすご腕ドライバー、ド...
ワイルド・スピード MAX/ヴィン・ディーゼル (カノンな日々)
ジャンルとしては好きなのに何故か相性があまり良くないこのシリーズ。でも前作はシリーズ番外編的な内容で賛否両論でしたし、再び第1作のメンバーが揃った今作は本来の正しい続編とも言えそうなので新鮮な気持ちで楽しめたらいいなと観に行ってきました。 出演はその...
「ワイルド・スピードMAX」を観る (紫@試写会マニア)
最近のトレンド「ハゲ・まっちょ!♪」(ぁ違う?)の西の勇がフランク・マーティンだとすれば、東の勇はヴィン・ディーゼル(私見)!彼のあたり役ドミニクは今日も怒っているぞ~ 「ワイルドスピード・MAX」を観てきました。 難しいことを何も考えなくていい、スカ...
ワイルド・スピード MAX (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ド迫力のカー・アクションがウリのこのシリーズ、続編ができるたびにおかしな方向へ向かったが、4作目はオリジナル・メンバーが再集結して、ようやく軌道修正できた。凄腕ドライバーのドミニクは、南米で逃亡生活を送っていたが、恋人のレティが殺害されたことを知り、危...
『ワイルド・スピード MAX』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
GTFトーキョーシネマショー2009の2日目だった今日は試写会3作品すべて観てきましたー。 1本目の観賞は、オリジナルメンバー再登板で製作されたシリーズ第4弾『ワイルド・スピード MAX』。 ******************** チェック:すご腕ドライバーたちが危険でクールなレ...
ワイルド・スピード MAX (LOVE Cinemas 調布)
「ワイルド・スピード」シリーズ第4弾!今回は1作目同様にヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーを始め、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースターといったオリジナルメンバーが戻ってきます。監督は前作と同じくジャスティン・リン。そしてシリーズを通し...
ワイルド・スピード MAX (だらだら無気力ブログ)
第1弾のヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーを再び主演に迎えて 描いた『ワイルド・スピード』シリーズの第4弾。 麻薬にからむ事件で再び出会ったドミニクとブライアンの二人が カスタマイズした車を駆ってストリートレースを繰り広げながら 事件を解決していく様...
ワイルド・スピード MAX (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] 古き良き時代のマッスルカーにインチアップされたホイールは似合わない!
No.2【ワイルド・スピードMAX】ジャパンプレミア試写会 (猫とHidamariで)
ワイルド・スピード MAX HPワイルド・スピード MAX シネマトゥデイ英題:FAST&FURIOUS製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年10月9日配給:東宝東和スタッフ監督:ジャスティン・リン製作:ニール・H・モリッツ/マイケル・フォトレル製作総指揮....
ワイルド・スピード MAX (Movies 1-800)
Fast & Furious (2009年) 監督:ジャスティン・リン 出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、ミシェル・ロドリゲス 違法改造車レースと囮捜査を描いたカーアクション映画のシリーズ第4弾で、指名手配犯ドミニクが亡き恋人レティの...
ワイルド・スピード MAX (マー坊君の映画ぶろぐ)
「ワイルド・スピード MAX」監督:ジャスティン・リン(『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』) 出演:ヴィン・ディーゼル(『バビロン A.D.』『キャプテン・ウルフ』)ポール・ウォーカー(『ボビーZ』『父親たちの星条旗』)ミシェル・ロドリゲス(『ブラッドレイン』....
ワイルド・スピードMAX★★★+劇場124本目:スピード感溢れ... (kaoritalyたる所以)
このシリーズ、一度も観たことはないのですが、興味はあったし今回は初回メンバーが揃って、なかなか評判が良いので両親と一緒に観に行ってきました。まぁ、人間関係の繋がりとかは観てたら解りますが、シリーズ通して観てる方がもっと面白いんでしょうね。きっと★付けも...
「ワイルドスピード max」 (★ B型的偏見思考 ★)
        [[attached(1)]] '''「今年は、最低月一回は必ず “劇場鑑賞” します!」''' な~んて、大ボラ吹いて、5月からはシラーッ状態。 確かに・・・ 1月は [http://blogs.yahoo.co.jp/chaco_tsubame/714595...
ワイルド・スピード MAX (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『誰か、コイツら止めてくれ!!』  コチラの「ワイルド・スピード MAX」は、人気カー・アクション「ワイルド・スピード」シリーズの10/9公開の第4弾なのですが、見て来ちゃいましたぁ~♪やっぱりこのシリーズは、映画館で体感する類の映画だよね~っつ~ことで、旅...
[映画][劇場公開]ワイルド・スピード MAX 76点 (さとうれおはオレだけか)
ミシェル・ロドリゲスの出番が少ないですね、四大キャストみたいなノリを期待してたのでやや肩透かしです。 予告の車を潜り抜けるのは冒頭でさっさとやってしまうので予告は公開が遅い映画にしては良心的と言える。 結局ゼロヨンになってしまうレースや冒頭のシーンはシ...
ワイルド・スピードMAX (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ワイルド・スピードMAX’09:米 ◆原題:FAST & FURIOUS◆監督: ジャスティン・リン「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」◆出演: ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス 、 ジョーダナ・ブリュースター 、 ジョン・オルティス 、 ラズ・...
ワイルド・スピード MAX (心のままに映画の風景)
南米に逃亡したドミニク(ヴィン・ディーゼル)は、恋人レティ(ミシェル・ロドリゲス)と輸送車からの強奪を繰り広げていた。 一方、FBI捜...
★「ワイルド・スピード MAX」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
連休中に一本くらいは観ておこうと、ナイトショウにて鑑賞。 さすがに、いつものナイトショウより人出は多そうだったね。
ワイルド・スピード MAX (ダイターンクラッシュ!!)
2009年10月19日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『ワイルド・スピード MAX』公式サイト 中身無し映画のワイルド・スピードの最新作。 2作目と3作目を観たが、1作目は観ていな...
ワイルド・スピード MAX (B-scale fan's log)
公開中 ジャスティン・リン監督     出演 ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、     ガル・ギャドット、ミシュエル・ロドリゲス 他 新評価 2.0 映画掲示板の評価は結構いいのですが、 シリーズの1と2を見ていない、 スピンオフ的な3しか見ていな...
ワイルド・スピードMAX (ともやの映画大好きっ!)
(原題:FAST & FURIOUS) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 2001年「ワイルド・スピード」(原題:THE FAST AND THE FURIOUS) 2003年「ワイルド・スピードX2」(原題:2 FAST 2 FURIOUS) 2006年「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(原題:THE FA...
(映画)ワイルドスピードMAX (ゼロから)
南米に逃亡したドミニクとレティのタンクローリーを一部切り離してのガソ\リン強奪の技は、見ていて、ハラハラさせられるほど、緊迫感がありました。走っている車の連結部を凍らせて、ハンマーで叩き金属を壊すのは、凄い技です。
ワイルド・スピードMAX (Sweetパラダイス)
シリーズ第4弾ですよ~第1作のキャストが再集結という嬉しいオープニングからすっげ~ド迫力観に来て正解だわ対向車線から車が来たりもう容赦ねえな観てて目が疲れたよまさか目が疲れるとは思わなかったけどねクライマックスの護送チェイスはもう大興奮だよスピーディーだ...
ワイルド・スピード MAX (2ちゃんねる映画ブログ)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1208529677/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/10/16(金) 20:37:05 ID:dJBaaS1d 公式 http://www.wild-speed-max.com/
ワイルド・スピード MAX (RISING STEEL)
「マッドマックス2」について書いたばかりで、車つながりというわけじゃないですが 21世紀版カー・アクションの代表シリーズ最新作です。 ワイルド・スピード MAX / FAST&FURIOUS 2009年...
【映画】ワイルド・スピード MAX…道端アンジェリカはヴィン・ディーゼルと似ている。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
最近としては、まさかの二日連続更新に挑むピロEKです 師走もここに来て、やっとお仕事が落ち着いてきた感じです そういえば先週、自家用車の後輪がパンクしてしまいまして、気が付かずにしばらく走っちゃったためタイヤがダメになってしまいました。交換時期だった事....