『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『マグニフィセント・セブン』を観た]

2017-01-31 14:15:06 | 新・物語の感想

☆・・・面白かった。
 定番の物語を、最新の技術でゴージャスに撮っていた。
 7人のサムライたちもヴァラエティ豊かで良かった。
 ・・・ちょっと気になったのが、「視点の都合のよさ」だ。
 クライマックスで、敵がガトリング銃を出してきて、数キロ彼方から、7人たちのいる町に向けて撃ちまくる。
 村人を含め、町中の者たちが脅威にさらされる。
 なんかおかしい。
 町のそこかしこがハチの巣になるのだが、街が機関銃に対し横に存在したら、台座を回すことにより、それもありだろうが、そんな横長の町はないだろうし、遠過ぎて、壁をそこまで破壊できるとも思えず、違和感ありありだった。
 反射衛星砲の機関銃版でもない限り、あの万能の攻撃はあり得ない。
 また、戦いが終わり、主人公が死んだ仲間を一瞥するのだが、その一人は、塔の中の仕切りの中で倒れているので、下からは見えないはずなのに、一瞥によって確認されたかのような演出がされていた。
 映画を見ていると、たまーに、そういった「視点の流れ」の処理がおろそかになっているときがある。
 疑似ではあるがリアルを形作る映画にとって、そういった違和感は、たまに作品の致命となる。

                             (2017/01/31)

コメント   トラックバック (16)
この記事をはてなブックマークに追加

[日曜日(満席・3)]

2017-01-31 11:19:13 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・朝一で『マグニフィセント・セブン』を見て、その王道の物語に満足しつつ、店に向かう。
 日曜なので、午後一時からの開店。
 が、お客さんは来ない。
 まあ、日曜の午後は、お客さんが「オール・オア・ナッシング」のことが多いので、あたいは購入したマンガ『マギ』と『双亡亭壊すべし』の最新刊をよんでいた。
 どちらも面白い。
 サンデーはジャンプと違って、作家に、長期的にデザインされた物語をゆっくり語らせる素地がある。
 どちらも、深い。
 しかし、そろそろ、月の売り上げノルマを達成させたいとこなので、マンガを読んでいる暇はないのだが・・・。

 さて、夕方、二週間に一度は来てくれる小平の夫婦が来店。
 奥様は、年末の「ハム盛り合わせ大会」の受け取りに来た時に会った、私の彼女に興味津々で、その話などをした。
 過払い金返還の話などをして、それから結婚指輪の話になった。
 二人は上品であり個性的な指輪をしていた。
 尋ねると、杢目金屋の、400年の歴史をもつ「木目金」と言うものなのだそうだ。
 私、ビビッ! ときたね^^
 まあ、彼女の意見も入れなくちゃならない。

 その時、暗くなり始めた店の前に、扉の曇りガラスの向こうに、ちいちゃなピンクの影!
 おおっ! 可愛いのが来た^^
 一歳半くらいの歩きはじめの幼女だ!
 なんか、スキーの服みたいなナイロン時のつなぎをモコモコさせていた。
 私と小平夫婦が「可愛いねー^^」などと言っていると、左に消えたヨチヨチ幼女だったのに、右からまた現われた・・・???
 私たちは戸惑ったが、すぐに合点がいった。
     双子だったのだ!
 この双子ちゃんは、牛浜界隈でたまに見る。
 私は、いつも、「この界隈の幼女は、すべからく、私に挨拶させに来なくちゃいけないのに、親御さんには常識がない」と憤慨していた。
 二ヶ月ほど前に、駅前で、お母さんが吹くシャボン玉で、二人は遊んでいたので、私自ら、挨拶に赴いた経緯があった。
 今回は、自ら来たので、よし!^^

 続いて、バレリーナママたちが来てくれた。
 最近来ないなと思っていたら、前回来た時、酔っぱらい過ぎて恥ずかしくなり足が遠のいていたとのこと。
 私、そんなこと全く意識していなかったので、うは、もったいなかぁ^^;

 そして、そこへ、ジョージアちゃんが来た^^
 三日連続で、うちの店に足を運んでくれて、有り難し!
 三度目の正直で入店成功。
 私は最上の微笑みを向けた^^
「昨日も来てくれたでしょ? 帰っちゃったでしょ?」
「いっぱい、人がいたから^^;」
「いや、ここ(カウンター)は空いていたんだよ」
「あらそう^^」
「一昨日も、友達と来ていたけど、うちが満席だったので帰っちゃったよね?」
「うん。ブラジル(南米食堂)に行ったから、イッツ・オーケー!^^」
「ふーん^^」

 ・・・私は、この時点での一昨日(金曜)、南米食堂さんが満席だったので、そちらに行こうとしていたお客さんで稼がせていただき、嬉しいけど、ちょっと申し訳ない気持ちがあった。
 が、その日、時間差でうちが満席になったので、うちには入れなかったジョージアちゃん一行は南米さんに入店したわけで、これにて相殺でよござんすか^^v

 続いてニャキッポさん夫婦が来店。
 店は満席になり、あたいは満足!^^
 ニャキッポさん夫婦は、日曜日に来てくれることが多いので有り難い。
 私は、来るお客さんたち全員に、「過払い金返却250万」の話をしているのだが、ニャキッポさんにも話すわけだが、ジョージアちゃんに、それを説明する語学力がないのが口惜しい・・・。

 ジョージアちゃんが帰ると、シィシィが来た。
 人妻シィシィは、とある友達がいて、その旦那さんも知り合いなので、その夫婦それぞれを名字で呼ぶのも混乱するので、それぞれを名前で呼び、飲み屋などであっても名前で呼んでいたら、「あの旦那を名前で呼ぶあの女、すわっ、旦那の愛人なんじゃないか!」と噂されて困っているとのこと。
 まあ、シィシィも、最初は冗談として、その噂を楽しんでいたのだろうが、噂に尾ひれがついてくると、それはそれでヤバいのであろう^^;

 で、そういう話を聞く私は、人の困っている心情などどうでもよく、「うひゃひゃひゃひゃひゃ^^」と笑うのであった・・・^^;

 ノルマ達成、近し!!

                           (2017/01/31)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[生ゆばあんかけ丼定食(国立・きょうや食堂)]

2017-01-30 13:55:36 | ランチでGO!

☆・・・生ゆばあんかけ丼定食!
 お昼から食べるに申し訳ないほどうまい(^o^)
 店の雰囲気は、「ごしま」に似てるかな(^-^)

                        (2017/01/30)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[土曜日のこと(満席・2)]

2017-01-30 06:05:22 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・私は「開店前に店の床を隅々まで掃くと盛況になる」と言う、自分で勝手に考えたジンクスを信じるようにしている^^;
 この日は、買い出しが幾つもの店舗にまたがり、また、道も混んでいて、開店時間を五分 遅らせてしまった。
 で、床を掃こうとしていたところ、ビミー氏が来店した。
 ビミ―氏とは、シアリスについて話したり、世間話をしたり、シアリスについて話したり、まだまだ若い我々の年齢ならば、まあまあ高価なシアリス錠でもあるし、剃刀で半分にして服用しても効能に変わりはない、などと言う話をしていた。
 ビミ―氏が帰ると午後八時半ごろで、いまだお客さんがそれだけだったのは悲しいことだった。
 私は床掃除をした。
 すると、ジンクス発動!!
 カマG軍団が来てくれて、おって、若き経営者たち、更にリトミちゃんたちが来てくれて、一気にお店は盛況となった。
 アイプリ君も、持ち帰りで来てくれた。
 私は、一日のうちに一度でも満席になると満足する^^
 まあ、二回転すると最高なのだが^^
 個性豊かな奴ばかりとなると、お店は一つにまとまりにくいものである。
 だが、日頃、激しい言動をするカマGだが、こういう時は、結構 場のバランスを図るのである。
 安定しているときはデストロイ! 混とんとしているときは融和を目指すのである。
 で、店は一つにまとまり、会話はプライベートな深度を増していく・・・。
 そういった会話の傾向を醸していける店は、ちょいと稀だろう。
 それと言うのも、私は「他人の人生のネタ・エピソード」を聞くのが大好きだから、店の雰囲気は最終的にそうなるのである^^
 特に、それを、面白い展開・表現・オチで、興味深く話してくれる人物が大好きである。
 そういう話を聞いて喜ぶゲスな私であるが、私がそれをやめたら、うちの店はシラーッとした店となり、一年経たずに潰れたであろう。

 で、ここで、ちょいと悲しいお話、今日も、ジョージアちゃんが店先に来たのである。
 2日連続である。
 しかし、店内を見て満席と分かるや、哀しい顔をして去っていったとのこと。
 いや、席はあったさぁ!^^;
 私とアヤママはすぐに店先に出てジョージアちゃんを追いかけたのだが、ジョージアちゃんは姿を消していた。
 イメージとしては、「私なんて!」と涙を流しながら走り去るジョージアちゃんで、涙が後方に流されていき、その涙がキラキラと星屑のようになって消えていくイメージで・・・。

   (次回予告)
 ジョージアちゃん3日連続か・・・!?
 双子の幼女がやってきた!
 日曜日も満席へ、月間売り上げノルマ達成なるか!!

 写真は、アヤママが持ってきてくれたお菓子^^

   

                                (2017/01/30)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[「返答と驚きと」の巻ニンニン]

2017-01-29 14:37:48 | 新・街を行く

☆・・・昨日、母親(75才)と丸井に行った。
 あたいは用事があったので、母親に「五階の雑貨屋エリアをウインドウショッピングでもしながら待っててくれ」と言った。
 さて、あたいは用事を済ませて、五階に行く。
 だが、母親、いない。
 五階を何周か見回るのだが、いない。
 もしや! と思い、あたいはトイレに向かい、女子トイレの前から、
「ばあちゃん、いる?」と聞いた。
 すると、女子トイレの奥から、「ハヘッ!?」と母親の声。
「わかった、わかった^_^;」
 私は、トイレの近くの通路に背をもたせるのだった・・・。

 写真は、ダイエット女子に、これでハイボールを提供しよう! として買った特保の炭酸!

                         (2017/01/29)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[金曜日(満席・1)]

2017-01-29 14:22:25 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昼間、ミドラン散歩で3万歩超歩いて、帰宅して風呂に入って、店に向かった、と同時にお客さんが来た。
 どうやら、南米(食堂)さん目当てに来たのだが、南米さんが満席で、こっちに流れてきた。
 で、そのお客さんグループが数万円飲み食いしてくれたのだが、そもそもが、南米さんのお客さんなので、私的には素直に喜べず、でも、稼げたことはホロ苦くも嬉しく。
 いわゆる、「鬱勃起」的な状況^_^;
 さて、その後、店は満席となり、店頭でも来店を断り、電話での、ケロリン軍団の大口来店問い合わせを断ったりして、うちの人気は不動! と、あたいの傷ついたプライドは癒やされていき、その後、店が空いたら、女教師軍団が来てくれ、しかも、来月の宴会予約もしてくれて、私は立ち直るのであった!
 が、そこで一つのエピソードが!
 ジョージアちゃんが、外人軍団で来てくれたのだが、店が満席と見てスルーしていった。
 ジョージアちゃんは、三日にいっぺんは来てくれるので、うちのVIPなのだが、スマソ!

 写真はミドラン散歩した砂川の写真。
 1枚目は、なんの練習か? 学生ならば練習ばかりで勉強しなくても平気なのか? 社会人選手か? と疑問が起こったアパート(寮?)の掲示板。

     

 2枚目は、なかなか、「常習と判断される場合」のトコが、うまい表現の警告だなと思った(^o^)

     

                            (2017/01/29)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[「次回の市議会議員選挙」の巻ニンニン]

2017-01-28 23:59:37 | 新・保守の一考

☆・・・私の彼女の御父上は、骨董趣味があり、テレビ番組の「なんでも鑑定団」などをよく見てるそうだ。
 あたいは、車を運転しながら、そんなことを考えつつ、今は違うかも知れないが、「なんでも鑑定団」で番組テーマソングになっているビートルズの「ヘルプ!」を歌いたくなり、昔は英語で歌えたもんだけど、今も覚えているだろうかと歌ってみたら、ちゃんと覚えていたので、運転しながら熱唱した!
 と、携帯が鳴った。
 元市長の息子だった。
 昔からの幼なじみだ。
 開口一番、硬質な声で「お店、順調?」と聞いてきた。
「ボチボチだよ」とこたえる。
「今、車ですれ違ったんだぜ」
「ああ、今、彼女を迎えに行ってるんだわ」
 その後、世間話をしている中で、固い声が次第に柔らかくなっていった。
 電話を切った後で思ったのだが、その幼なじみは、すれ違う車の中で熱唱する俺を見て「狂気」を感じ、店の経営が傾いて車の中で「ひとり口論」をしていると感じたのかも知れない。
 だが、世間話をしているうちに、店の営業は順調で、彼女ともうまくいっていると聞き、安心したらしい(^o^;

 さて、その幼なじみだが、次回6月の市議会議員選挙に立候補するそうだ。
 発起人の一人になって欲しいとの依頼があったが、俺は完全なる歴史&科学実証主義の保守中道なので、現在のマスコミによるイメージ主導の政治潮流から見ると右寄りにカテゴライズされてしまうので、迷惑をかけてしまうような気がするので、応援はすれども、名前は出さないで行こうと思う。

 写真は、使っていた本革の長財布が、10年ほど使っていたら破けてしまったので、新しいのが欲しかったのだが、いい長財布は高い、でも、安いのは長持ちせず買いたくないと悩んでいた。
 そしたら、本屋で若者のファッション誌の付録にちょいブランド物の長財布が付いていた。
 買った。
 非常に使い心地がいい。
 ファッション誌は、店に来た若い男の子(23才)にあげた。
 その男の子に、「クリスマス、彼女に何をあげたの?」と聞いたら、「サマンサタバサの、ちょいと安い姉妹版でサマンサベガちゅうのがあるのですが、そのカバンを買いました(^o^)」とのこと。
「そのカバンにラブレターも入れたんだよな!(^-^)」と一緒に来た上司。

                              (2017/01/28)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[過払い金返還請求・・・250万円!!!!!!]

2017-01-27 00:48:16 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・ちょっと酔っているので、短めに^^
 最近、ネットで見て笑った一言。

  <サトシ 『ピカチュウ! 右腕なんてくれてやれ!>

 「ポケモン」でそんな殺伐としたセリフが出るって、どんなバトル状況だよ、って笑った。
 「男塾」じゃあるまいし・・・^^;

 で、これから書く話は、書くのはやめようと思ったのだが、酔っぱらったので書いてみる。
 私は、この30年間くらい、ずーっとフルスロットルで働き続けている。
 店を開いてからも、店舗スペースに比しての売り上げの効率としては、地域ナンバーワンの自信もある。
 だが、なんか生活は楽にならない。
 原因としては私の浪費癖があるかも知れない^_^;

 ここ5年程前から、特にラジオで、ローン会社への「過払い金請求」のCMがよくやっている。
 私は、ずーっと自分には関係がないと思っていた。
 だけども、人間と言うのは、例え迷惑でしかなかった「出会い系のメール」を、ふとやってみたくなるみたいに、私は、「過払い金返還請求」の無料相談をしてみたくなった。
 三ヶ月前のことだ。
 その過払い金の額の調査は、三ヶ月間かかるとのこと。
 昨日、その結果が出た。
 2社で、250万円近くの金額が返ってくるとのこと。
 私は、思わずのけぞった!
 すぐに、3ヶ月間の本格的な調査に入り、その後、更に3ヶ月間かかる、ローン会社への返還要求となる。
 あまりに高額なので、案件は司法書士事務所から弁護士事務所に移行するそうだ・・・。

 ここで、私が声を大にして言いたいのが、お金を借りたことある人は、「過払い金請求」の無料相談をしてみて欲しいとのこと。
 あなたの人生が新たな始まりを示すかもしれないゾ!!!

   (最近食べた外食)

 

 

 

                             (2017/01/27)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ミドラン散歩・新7:石田大橋]

2017-01-26 05:17:50 | 新・街を行く

☆・・・昨夜は暇でしたが、持ち帰りを含め、女性のお一人様が、クーちゃんからはじまってミューさんまで8人来た^^
 これって凄いわな^^

(写真・1)・・・空き瓶回収の日なので、昨夜のうちに店先に出しておきました。
 かなり多いですね。
 使用済みビン製造工場みたいです^^;

   

(写真・2&3)・・・富士山が綺麗だったので、石田大橋の上からパチリ!
 橋の名前の石田は、元は日野で、今は国立なのだが、細かく分かれている「飛び地」なのである。
 「飛び地」っちゅうのが、これまた、男のロマンを駆り立てるものであるので、皆さん、世界の「飛び地」をチェケラ!
 また、この石田は、土方歳三が売っていた石田散薬と関係あるのかな?

   

   

(写真・4)・・・ミドラン散歩の途中で立ちションした川べり。

   

(写真・5)・・・ツン氏が買ってきてくれた、「魚力」の閉店間際の特売サービス寿司。
 この間、既に私は看板の電気を消して、「もう終わりですよ」と言ったのに、ツン氏が店に入ってきて、椅子に座ろうとしたので、私は「終わりって言ってるじゃないスかぁ」と帰らしたので、怒ってしばらく来ないかと思ったら、顔を出してくれたのでプチ嬉しかった。

   

 で、もうちょい書いておこうかな?
 我ながら、なんで、こんな蛇足の文を付け足してしまうのだろう・・・。
 最近、マイブームなのが、「ヤンキー娘」系のAV鑑賞である^^;
 特攻服とか着て口調も荒いヤンキー娘が、エッチシーンになると、とたんにしおらしくなってしまう、そのギャップに燃える(萌える)私なのであった・・・^^;

                             (2017/01/26)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[まだ暗いうちに、私を待ち続け、不安を感じていたことを思うと・・・]

2017-01-25 00:29:06 | 新・ふと思う

☆・・・今日は開店からすぐに満席となり、有難う御座いました。
 働き盛りのサラリーマン3人も来ましたが、基本、満席2回転の前半後半もオノッチやアッコさん、ユッピィ&ミッピィ、サイゼの同僚たちの女性ばかりで、マジ、女性陣には助けられておりまする。
 で、3回転も狙えたのでしょうが、22時半には、お店が空になったので帰ることにした。
 私は、ある一定の客足や稼ぎがあると、満足して、営業意欲が薄くなっていくのでした・・・^^;

 朝、いつも、通勤する彼女を車で駅に送ることにしている(私が毎日、少しでも会いたいからそうしている)。
 が、今朝は、私、めったにないことなのだが、二度寝してしまい寝坊してしまった。
 起きたら、取り返しのつかない時間だった。
 彼女はバスでJRの駅に向かったとのこと。
 彼女が会社に遅刻しないで良かったのだが、
 まだ暗いうちに、私を待ち続け、不安を感じていたことを思うと、私、反省しきりだ。

 彼女からは交際をはじめ、未来のことを語り合うときに、「私より先に死なないで」と『めぞん一刻』の響子さんが言ったようなことを約束させられた。
 もし、あちしが先に死んだら、彼女は「まだ暗いうちに、私を待ち続け、不安を感じ」ることになると思うと、私は、更に反省するのだった・・・んがっちゅちゅ!

 また、サラリーマン3人が、好きな女性タレントの話をしていた。
 若い子(23歳)が先輩に「誰?」と聞かれていた。
 私は本田翼を思い描いていた。
 すると、その若いサラリーマンが「本田翼ですかねぇ」と言ったので、私、なんか嬉しくなった^^

                            (2017/01/25)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『ザ・コンサルタント』を観た]

2017-01-24 23:59:07 | 新・物語の感想

☆・・・主人公がアスペルガー(サヴァン?)症候群。
 切り口が斬新なアクション作品。
 アスペルガー症候群てのは、コミュニケーション不全だが、知能が劣っている訳ではない。
 ゆえに、主人公は「高機能」な職業である経理士をしている。
 犯罪王たちを顧客にして、資金洗浄などをしている。
 更に、裏では殺し屋に身をやつしてもいる。
 突飛な設定だが、主人公のこれまでと現在の生活を丹念に描いているので、なかなか重厚である。
 名作を監督としてものにしているベン・アフレックが、今回は役者に撤し、変わった主人公を、最終的には情動豊かに演じている。
 伏線の帰結として、クライマックスとエピローグで、二つの真実が明かされる。
 それは予想つく展開ではあったが、私は、その意外に驚かされつつ、その事実に感動させられるのだった。

                   (2017/01/24)

コメント   トラックバック (27)
この記事をはてなブックマークに追加

[早朝に更新!^^]

2017-01-23 05:41:07 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・もう出かけなくちゃならないので短めに^^
 昨日の営業は暇かと思いきや、ジョージアちゃんが来た辺りから突如として混み始め、最終的には満席2回転となり、ありがたや^^
 ジョージアちゃんは、多分 話すの好きなのだろうけど、言葉の壁があり、歯がゆそう^^;
 とりあえず、あたい、英語のメニューを作ろうと思う。

 (1)・・・彼女が買ってきてくれたキクスイドーのポテトチップス

   

 (2)・・・モルタデッラ、ゴルゴンゾーラ、オリーブの実、入荷!!
 プロシュートも2ブロック購入してあるので、とにかく、来店した人だけわかるサービスします。
 食べ放題もできるけど、それすると、お客さんがプロシュートに飽きちゃうので、それはしないけど善処します^^

   

 (3)・・・姪っ子が五分で夜食を作ってくれた。茄子のオムレツ^^

   

 (4)・・・サイゼリアのシーフードサラダ

   

 (5)・・・「いぬい」のチャーシュー麺

   

                       (2017/01/23)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』を観た]

2017-01-22 23:37:55 | 新・物語の感想

☆・・・傑作でした。
 私は、このような切れ味良く、「世界」を包括している作品に惹かれる。
 超ハイテク化された対テロ戦は、それ故に、一つの作戦行動において、それぞれの担当者が、それぞれ分散した他国に居ながらにしてネットワークで迅速に繋がっている。
 だが、そこには厳然として「人間の感情」が宿り、また、感情の帰結としての「責任」も生じる。
 ケニアはナイロビの民家では、最重要テロリストが、自爆テロの準備をしている。
 小鳥や虫型のドローンのカメラを駆使し、現地人の協力者が作戦対象者を確定してくれる。
 千載一遇の、ミサイル掃討のチャンス!
 いま、殺らなきゃ、自爆テロで100人単位での犠牲者は避けられない。
 だが、その民家の横では、少女がパンを売っていた。
 たらい回しにされる作戦決定権。
 会議は踊る。
 「世界」に開けた密室ミリタリーサスペンスが、緊張感をもって語られている。

                       (2017/01/22)

コメント   トラックバック (15)
この記事をはてなブックマークに追加

[自由が丘/蔭山]

2017-01-22 12:07:39 | ランチでGO!

☆・・・イオン武蔵村山の中に出店してた「自由が丘 陰山」だそうだ。

 ヘルシーで、女性に人気っぽい味でした!

                   (2017/01/22)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『沈黙-サイレンス-』を観た]

2017-01-21 23:59:10 | 新・物語の感想

☆・・・観て来ました。

 「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;

 宣教師によるキリスト教布教に伴う、江戸時代の日本での悲劇の物語。

 感動する良作でしょうが、宣教師による日本人に対しての「上から目線」の傍若無人が背景にあったのを考慮しての鑑賞をして頂きたいもので、もちろん、そんなことは描かれない・・・、だからこそ、神は「沈黙」していたと言えましょう。

 特定アジア人とは別の意味で欧米人も、自分に都合の悪い過去は都合よく忘れ、自分の受けた「結果」だけを悲劇に仕立てあげます(ああ、原作は日本人だ・・・^^;)。

 ・・・と、聖書から名前を取り名付けられた私が言っておきます。

 さすがにスコセッシ、淡々と描写を積み上げ、また、自然を美しく描きます。

 イッセー尾形演じる奉行の演技は、私がここ数年で見た怪演の最高峰と言えましょう^^

 小松菜奈は、これにて世界に羽ばたくのかなと思いきや、ちょいと役柄が過酷過ぎましたな。

 私はこの作品を、見ようによっては『ラストサムライ』や『ロード・オブ・ザ・リング』のような異世界物としては楽しんだ。

 主人公二人の司祭の姿が、フロドとサムに見えてくるってもんです^^

                      (2017/01/21)

コメント   トラックバック (23)
この記事をはてなブックマークに追加