『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『007:スペクター』を観た]

2015-11-30 05:36:33 | 新・物語の感想

映画『007 スペクター』予告2 2015年12月4日公開

☆・・・「007」シリーズを、格調高くシリアスに描いたダニエル・クレイグ主演の「007」の近作シリーズ。

 面白くて、非常に世間の評判も高いが、私は、クリストファー・ノーラン監督版の「バットマン」シリーズと同じく、あまり好印象がない。

 なんで、007でこれをやるの? なんで、バットマンでこれをやらなくちゃいけないの? という思いが募るのだ。

 特に、「007」前作での、不可侵の上司Mの死去や、MI6本部の爆破崩壊などから、そして、今回は、007の愛に生きる道へのリタイアが描かれるのだが、これって、私が思うには、「007」シリーズにおいてのタブーに、物語上 触れちゃっていると思っている。

 私は、プライベートなどない、粋にスパイ稼業をこなしていくのがジェームス・ボンドだと思っている。

 だから、ダニエル・クレイグ版への世間の評判も、観に来たお客さんを斬新さへの興味で引きつけているに過ぎないと思えるのだ。

 うーん、極端だが、例えば、ウルトラマンがウルトラの国で、マジな恋愛物語を展開したら、絶対的に、世間の興味を引きつけると思うのだ^^;

 観点の奇の衒い過ぎが、今回での007の引退を描かなくちゃならない展開を生んだ訳だ(もちろん、他者主演で、また新作は続くだろうが・・・)。

 さて、今作だが、感想としては、それなりに面白かったが、非常に雑な作りの印象。

 伏線の貼り方が非常に下手。

 なんか、これ見よがしに、後々に重要となる物や状況が映し出され、ちょっと苦笑してしまう^^;

 また、アクションも唐突だし、物語がシビアゆえに、非常に浮いていた感もある。

 人それぞれの感じ方もあろうが、ボンドが恋愛するヒロインとの心の通い合う時間も少なく感じた。

 でも、レア・セドゥをヒロインに据えたのはいいね。

 レア・セドゥも、『ミッション・インポッシブル4』の脇役から、女優業大躍進を続けている^^

 ともあれ、「企画物」ゆえに傑作揃いのダニエル・クレイブ版は終了するのだろう。

 しかし、007は続く!!

                              (2015/11/30)

コメント   トラックバック (42)
この記事をはてなブックマークに追加

[世に棲む日々(59:繁忙期へ)]

2015-11-29 10:33:46 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨日、朝、日中の仕事場に出勤すると、前日の遅番がまだ仕事をしていた。

 物量があまりにも多かったのだ。

 で、その日は、現場全体が作業に追われて回り、みんな、当然のように残業だった。

 さすがに私も、店の開店時間に最低限 間に合うように、一時間ほど残業して誠意を見せたかったのだが、お店のほうに、いつもの開店時間よりも一時間早い予約が入っていたので、目立たぬように帰った。

 まあ、朝から忙しく、間髪入れずに夜の仕事に突入したので、疲労がたまった。

 カーディーラー女史の仲間たちや、新規の熟年カップルなどの中には、ちょいとイタリアンに造詣の深いタイプの方々もいて、気を使った。

 ザッキーが来てくれた時には、午後9時と言う早い時間なのに、私、目がショボショボした^^;

 ザッキーが、昔 バンドを組んでいた話は意外なようで意外でもなかった(キーボードだそうだ)。

 屈託なく、いろんなことにチャレンジするタイプだからな^^

 午後9時半には、お店がが掃けた。

 ここで更にお客さんが来ると良いのだが、私は「まあ、今夜はこんなもんでいいだろう」モードに入った。

 私の悪い癖で、ある一定の額を稼ぐと、「今日は充分!^^」と思ってしまうのだ。

 大量の皿を洗い、明日発売の少年ジャンプを読んでいた。

 と、そこへ、永田っち軍団(総勢7人)が来てくれた^^

 やった! 今夜は満席2部構成だ!!

 それもそれで嬉しい。

 私の良いところは、常に、来ても稼げて嬉しい・来なくても寛げて嬉しい・・・、と言う「どっちにしても嬉しい心持ち」を持っていることだ^^v

 永田っち軍団は、スプマンテや白ワインマグナムボトルと空けてくれて、また、この地域でちょいとグレードの高い方々だったので、この先の来店に期待が持てた^^

 一人、見覚えのある男性がいたのだが、この方、以前は小野ッチ軍団の一員として来店したような気がする。

 ミヤノッチもカウンターに腰を下ろし、世間話をしつつ、忙しい一日の幕を閉じるのだった・・・。

 ・・・以下、「2007/12/07」の投稿です^^V

 この頃は、外回りの営業職でした^^

《▼我が家の比較的近くのお地蔵さん^^
 営業帰りに、我が家でサボる事が多いので、家の近くの寺社が多いですね^^;
 この近くには、そのものズバリの「地蔵院」と言うお寺もあります。
 小さくて可愛いですが、お地蔵さんは、地蔵菩薩と言う徳のある位の高い仏様なのです。
 以下、「ウィキペディア」より。
 ≪・・・地蔵菩薩(じぞうぼさつ、Skt:Ksiti-garbha)は、仏教の信仰対象である菩薩の1人。kuksi(大地)と、garbha(胎内、子宮)の合成語で、意訳して「地蔵」と言う。また持地、妙憧、無辺心とも訳される。
 大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩の人々をその無限の大慈悲の心で包みこみ、救う所から名付けられたとされる。
 一般的には「子供の守り神」として信じられており、よく子供がよろこぶお菓子が供えられている。≫
 親父の快癒を祈りました^^
                              (2007/12/07)》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』を観た(寸評)]

2015-11-25 01:02:38 | 新・物語の感想

ガールズ&パンツァー 劇場本予告

☆・・・華道・茶道と並んで、戦車道が乙女のたしなみとされている世界。
 大洗女子学園戦車道部が、幾つもの障害を乗り越え、高校生大会を勝ち進んでいく物語。
 そこまでが、テレビ版。
 今回は、その後の物語。
 新たな問題が起こり、戦車道部は、新たな大一番を勝たなくてはならなくなる。...
 これは、もう、全編見せ場で、徹底的に戦車戦が描かれて、たまらん、面白い^^
 戦車動く動くわ、いい音立てるわ、描きこみも素晴らしいわ、こりゃ、凄い。
 まずは、今までのライバル校たちが集い、主人公チームのいる大洗を舞台にエキシビジョンマッチが行われる。
 この時点で、戦車アクションは異常に盛り上がり、この時点でこんなに盛り上がっていいのかよと心配になる。
 その直後、大きな問題が勃発し、主人公らの大洗女子学園が廃校の危機に遭う。
 学生に過ぎないメンバーらは状況に流され、そして、無為に安穏な日々を送る。
 それはそれで、キャラクターのファンにはよかろう。
 しかし、そこに起死回生の試合が用意される。
 相手は、大学選抜。
 彼我戦力差15:4!!
 それでも勝たねば、大洗女子学園は廃校決定だ。
 圧倒的な劣勢に、かつてのライバルが協力しに集ってくる。
 そして始まる一大ページェント!!!
 あまりにもキャラや戦車やネーミングが多過ぎて、一回見ただけでは把握できないが、面白さは格別です!
 あたいは、やっぱ、プラウダ高校のカチューシャか、知波単学園のおさげメガネが好きかな^^v

                      (2015/11/24)
コメント (2)   トラックバック (7)
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『ミケランジェロ・プロジェクト』を観た(寸評)]

2015-11-24 01:41:43 | 新・物語の感想

映画『ミケランジェロ・プロジェクト』予告編

☆・・・うーむ、面白かった。
 私は、「イスラム国」と他の人間が相容れないのは、「イスラム国」が、芸術品や美術品、文化財や文明遺産に、まったく敬意を払わない点に顕著だと思っている。
 芸術に魅了されない、他者の大事にするものを破壊する・・・、それを深く考えない、考える選択肢がない、っちゅうことが、私には、とてつもなく恐ろしいことだと思える。
 この作品は、ヨーロッパがナチスに蹂躙され、それを撃退する連合軍の中、ナチスの持ち去った美術品を取り返す任務を背負った軍人たちの物語。
 ジョージ・クルーニーは、思想的には、私とは反対のサイドの人物だが、いい作品に出るし、良作の監督もし続けている。...
 この作品も、先の大戦末期の厭戦感と混沌の中、必死になって「芸術」の価値を復権させようとするさまを、陽性に描いている。

                      (2015/11/23)
コメント (2)   トラックバック (12)
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『ハンガー・ゲームFINAL:レボリューション』を観た(寸評)]

2015-11-23 09:08:29 | 新・物語の感想

映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』最新映像

☆・・・一作目・二作目の、主人公カットニㇲが参加することになる殺人サバイバル<ハンガーゲーム>は面白く、ジェニファー・ローレンスの魅力もあり、楽しんで見た。
 <ハンガーゲーム>は、独裁国家内での政府への反抗機運を逸らすために、政府主導イベントとして行われているのだが、二作目の終わりから、カットニㇲが反政府運動に革命のシンボル的に活躍しだしてから、なんか面白さの雲行きがおかしくなる^^;
 原作は三部作で、その原作の三作目を、映画では二部作に分けたため、三作目が、全く見せ場のない作品となっていた^^;
 ジェニファー・ローレンスは、情の濃そうな暑苦しい顔が、それはそれで魅力的だったのだが、なんかメイクが変わって、普通の美人になっていた^^;
 そして、女優としても大成し、純娯楽よりも演技派を醸したいのか、やたらと人物の描写が多くなっていた。...
 そして、最終四作目である。
 革命の戦争は終局に入り、タイトルの<ハンガーゲーム>とは無縁の展開が続く、これで終わっていくのだろうと思いきや、独裁国家の大統領が、首都防衛を殺人サバイバル<ハンガーゲーム>のゲームメーカーに託してから、おお^^ タイトルの意味が復活し、都市を舞台に理不尽な殺人展開が始まり、下世話にも話はかろうじて盛り上がる。
 ジェニファー・ローレンスのメイクは更に超越し、なんか知んないけど「普通の美人」を通り越して「凄い美人」になっていた^^;
 俺の好きだった『X‐MEN』の頃のややモサっとしたジェニファー・ローレンスの面影はない。

                      (2015/11/23)
コメント   トラックバック (12)
この記事をはてなブックマークに追加

[日曜日]

2015-11-22 08:33:52 | 新・ふと思う

☆・・・やあ、おはよう^^
 一昨日は忙しく、昨夜もボチボチで、いつもならば私は、日曜は昼間の仕事が休みだし、サイゼリアで飲んだくれる流れなのだが、我慢した。
 家で焼酎のウーロン割りを飲んで酔っ払った。
 つまみは枝豆でヘルシー^^
 ・・・・今、「もし、『孤独のグルメ』が、うちの店に来たら・・・」と言う長編の文章を書いているので、気長に期待してくれ。
 昼の仕事中、そのアイデアを思いついて、ずっと、そればかり考えている^^
 井之頭五郎が、「ほほおっ、変な名前の店・・・、そう来ましたかぁっ!」「んっ! このフレッシュ・モッツァレラ、味、染・み・て・る・・・! あの持ち帰りの娘の選択は正しかった!」とかモノローグが続くのである^^;
 でも、今日は日曜日で午後一時開店なので、映画を一本観て、お店に入ります^^v

    

                                      (2015/11/22)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[世に棲む日々・58]

2015-11-20 10:33:06 | 新・ふと思う

☆・・・二号店は、私、女性たちに任せるつもりなのだが、もう、色んな魅力の方に協力してもらおうと思っている。

 お店は長期的な展望での人選が必要だ。
 
 だけども、短期決戦の宴会の女性は、即座に「美しい」「面白い」「盛り上がれる」方が必要だと思っている。
 
 ペナントレースと日本シリーズの違いだ。
 
 かくして、数人に当たってみるのだった^^
 
   (写真の説明)
 
 1.ヒデ&モエの新規開店のお店の、ツン氏が勝手に作った名刺。ツン氏は、私に渡しておいてと、うちの店に置いていったものを、本人に渡す前に、こうして載せてしまうのが、私の悪いところ^^ しかし、「ヒデ&モエ」と書いて思ったのだが、くれぐれも、火の始末には気をつけて欲しい。「火で燃え」じゃシャレにならんから^^;
   
 
 2・3.ハイボーラー嬢から頂いたおみやげ^^ ワッフルとおにぎり。どちらも趣向が凝らされています。私は、モンブランワッフルと蓮根味噌おにぎりを食べました!
    
 
 4.弟とコンビニで買い物し、セブンイレブンの700円以上購入すると引けるクジを二回引きましたら、二個とも当たった!!!^^v
   
 
                                      (2015/11/20)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[世に棲む日々・57]

2015-11-19 00:49:28 | 新・ふと思う

☆・・・昼の仕事は週に四日間。

 どうしても一週間に一度は、連続二勤がある。

 これがあたいには辛い。

 今は一日目の終わり。

 だから、もう寝るので短め。

 今日は、初っ端から二組入り、どちらもかなり食べて飲んで、まあ、最低ラインを超えた。

 私は「雨も激しいし、もうお客さん、来なくてしゃーない」と思い、ペヤング「ニンニクMAXヤキソバ」を食べた。

 店の中がニンニク臭い。

 そこへ、ザッキー&長女が来て、ハイボーラーが来て、舞台芸術家夫妻が来て、店が賑やかになった^^

 ザッキーやハイボーラーとゆっくり話す余裕がなくてすいません。

 更に、新規の5人の奥様達が来てくれたのだが、あいにくと、テーブルと椅子が空いてなく、入店を断らざるを得なかった。

 誠に申し訳ない。

 まあ、また来てくれるさ!!^^

                                      (2015/11/19)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[四時半って、こんなに暗かったっけ?]

2015-11-18 16:43:15 | 新・街を行く

☆・・・まだ午後四時半なのに暗すぎ~!

   

                                      (2015/11/18)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『エール!』を観た]

2015-11-17 20:55:13 | 新・物語の感想

☆・・・う~む、傑作!

 10/31(土)公開『エール!』予告篇♪

 私は、このような、小さな世界に、世界を包括出来るような多種多彩なテーマを持っている作品が大好きだし、優れていると思っている。
 個性的すぎる家族があり、主人公ポーラ以外の家族が全員聴覚障害者であるがそれさえも「個性」とするヴァイタリティがあり、酪農家族であり、牛の出産なんかも行う。
 父親は、家族の住むフランスの片田舎の村を私欲で近代化させようとする現市長に対し、耳の聞こえない身でありながら、選挙出馬で対抗する。
 政治にも興味があるが、美しくも天然の妻との夫婦間の性事もお盛ん。...
 家庭では、あけすけな会話が、主人公ポーラの手話会話も交えて行われる。
 まだ幼い弟もセックスに興味津々。
 娘は、まだ高校生ながら、通学中でも酪農の関連業者との交渉をしたりする。
 その他、ポーラは、聴覚障害者の家族の些事全般を引き受けていた。
 親友のマチルダは色んな男と恋をしていた。
 ポーラは恋をしている男ガブリエルがいて、新学期、その男がコーラスの授業を受講するのを知り、自分も入る。
 そこで、音楽教育にこだわりを持つ教師がいて、ポーラは歌の才能を見いだされる。
 既に才能を発揮していたガブリエルとデュオを組まされ、交際も始まる。
 ポーラは、ストイックな教師に見込まれ、パリの音楽学校入学のオーディションを受けることを促される。
 しかし、それは、生活するに不自由で、かなりワガママ(家族本位)な家族との別れを意味する。
 そして、オーディションまでの三ヶ月が過ぎていき、家族との確執、恋人との不和、先生に認められる才能への不安感がないまぜになる。
 この作品は、そのクライマックスにおいて、全てに決着をつける「たった一つの冴えたやり方」がスパークする。
 いや、音楽映画はズルい!
 理屈で抑制できなくて、身体で泣けてしまう(ToT)

                      (2015/11/17)
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

[イタリア繋がり]

2015-11-17 19:14:01 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・うちの店は、所々にオタクっぽいものが飾られていますが、いちお、全てイタリア繋がりになっています(*^-^*)

(1)映画「ちびまる子ちゃん」新作「イタリアから来た少年」のチラシ

   

(2)マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」 イタリアが舞台の第五部「黄金の風」のクリアファイル

   

(3)映画「風立ちぬ」の、イタリアの飛行機設計者カプローニのイラスト入りバンダナ

   
                                      (2015/11/17)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『コードネーム U.N.C.L.E.』を観た(寸評)]

2015-11-17 14:55:58 | 新・物語の感想

 

映画『コードネーム U.N.C.L.E.』特報

 

☆・・・この作品の監督は、『シャーロック・ホームズ』2作が全く面白くなかったので期待していなかった。
 ただ、予告編を見ると、ヒロインみたい(アリシア・ヴィキャンデル)のが激烈に可愛かったので見逃せないと思っていた。
 さて、だが、見始めると、冷戦下、反目しあう日ソのスパイ二人がナチスの残党に挑むのだが、古き良きスパイ映画の世界を、最新の映像でスタイリッシュに描いていて、実に格好良いし面白い^^
 先だっての『キングスマン』ともども、ビシッと決めた超イケメンが「超イケメン」としてビシッと決めてくれる。
 観て損はなし!...
 アリシア・ヴィキャンデルは、もう、可愛い^^
 あごのラインがスッキリしたシャープな丸顔で、その瞳・眼力(めぢから)・まつ毛・視線・光りの宿りたるや、いわゆる「ずっと見つめていたいナンバーワン」っちゅうやつだ^^
 身体も、屈強なスパイ二人に挟まれると華奢でいいのぉ^^
 敵の女首領も美しいぞ!
 その幕切れのキレ味も最高!

                      (2015/11/17)
コメント   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

[世に棲む日々・56]

2015-11-17 09:11:09 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・いやはや、お昼を終え、お店の開店へ、いつもは暇の月曜日だし、予約も無かったのだけど、思ったよりも忙しくて有り難い限り^^

 なんか、最近、この人の名前を出しちゃったら、あまりよろしくないだろうと言う、大物の方の来店が多く、あんまし具体的エピソードがなくてスンマソン^^;

 まあ、ボチボチ稼いで、さあ帰ろうと早めにお店を出たら、休みの店が多くて真っ暗の、店の前の小路に巨大な影が出現!

 ツン氏が自転車に乗ってやってきたのだ。

 自転車のカゴには、ケーキの箱が乗っていた。

 曰く、「某福生市は某エリアの、某<16ビートカフェ>のオーナーさんが誕生日だったので、ケーキを買ってお店に行ったら休みだった、ギャフン! だから、マスターにケーキをあげるよ^^」とのこと。

 おいおい! 私やうちの店の常連たちには買ったことのない新宿タカノのケーキだぞ!!!

 でも、嬉しい^^v

「ツンさん、そろそろ、クリスマスのサンタガールの打ち合わせをしますよ! ツンさんがいないと、イベントは回らないんですからね!!」と、私はおだてた^^;

 ・・・と、駐車場に歩いていくと、サイゼが歩いていた。

「うちに来ようと思っていたの?」「うん、いちお」「正直でよろしい^^ 今、ケーキを貰ったから、一緒に食うか?」「この時間は太るからいらない」「・・・ありゃ、そう」

 で、サイゼを家に送る。

 一部に、私が、このサイゼちゃんを、度々 サイゼリアに連れて行っていると思っている方がいるが、食事で一度だけ連れて行っただけである。

 それから、閉店間際のツタヤに行くと、ワゴンセールで、CD10枚100円セールがやっていた。

 「蛍の光」が流れる中、私は、CDを吟味する間もなく、「とにかく、アイドル系を買っておこう!」と10枚を選んだ。

   

 アーチストやミュージシャン系は、この値段ではめぼしいのはなかった。

 アイドル系は、ファンが握手券などで大量に買うので、ダブついているのだ^^

 個人的には、<モーニング娘。>のベスト盤2が買えたのが良かった^^

 帰宅したら、FM ナック5「GOGOMONZ」で活躍中の三遊亭鬼丸師匠の独演会のお知らせが来ていた。

   

 今回は60回記念で、なんと! 師匠の師匠、「生ける伝説」である三遊亭圓歌大師匠が登場する。

 圓歌大師匠に会えるのは、これが最後のチャンスかもしれないぞ! チェケラ!!

                              (2015/11/17
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[世に棲む日々・55]

2015-11-16 05:34:35 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・あたい、無理目の設定で、昨日の売り上げが4万円を超えたら、今日の昼間の仕事を欠勤しようと決めていた。

 そして、昨夜、日曜だし、もうお客さんが来ないように思えたので、22時にお店を閉めたのだが、惜しい! 270円 足りなかった^^;
 だから、今、もう起きて、出勤準備^^
 欠勤は、ここぞ! と言うときの、もう気力体力がダメ! って時にかますのだ^^

 それから、一つ下のパリのテロについての更新、短いですが、前半と後半の内容のニュアンスが違うので、しっかりとお読みくださいね。
 私はどうも、一年ぐらい前に流行った「頭から氷水をかぶるパフォーマンス」などにも嫌な感じがしたんです。

 セブンイレブンの700円購入以上で引けるクジだが、二日連続で商品が当たった!
 500mlのカフェオレPETボトルと、白いモンスター!!!
 このセブンイレブンのクジの当たりパーセンテージは凄く高いよなぁ^^

   

 近所のおばあちゃん、それぞれ二個入りのヤマザキのチーズケーキとモンブラン、「一人では食べられないから」と一個づつくれた。
 美味しく頂きました^^v

   

 イオンのランドセルのコマーシャルのエヴァちゃん、関西弁なんて卑怯な可愛さ!^^

   

 マッサンに出したトリッパが名作の出来だったのでタイトルに写真を出しておく^^v

                              (2015/11/16)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[「『Facebook』のプロフィール写真、テロの起こったフランスへの想いを乗せる国旗化機能」に寄せて]

2015-11-15 15:15:50 | 新・保守の一考

☆・・・私はフランス映画が大好きで、一時期、フランス映画しか見なかった。
 ヨーロッパで唯一行った国もフランスだけだ。
 よく行くカンボジアも、近代、フランス文化の影響が大きい。
 今回、パリで大きなテロが起こり、「イスラム国」と言う「ジャスト犯罪者集団」による犯行だと分かっている。
 私は、テロにも一理はあると考えているが、「イスラム国」の行なうテロは「テロの為のテロ」でしかなく理解の範疇にない。
 「イスラム国」とイスラム教は、全く異なるものだからね。
 だが、報道されないだけで、同様「以上」の殺戮は、世界の各所で繰り返されている。
 パリだけをシンボル化して、世界の問題を矮小化しないで欲しい。
 特に、周辺国に侵略膨張を続けている中国の国境や当該国では、このレベルの殺戮は日常茶飯事だぞ。

                              (2015/11/15)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加