『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[近況(126)]

2015-05-31 11:11:32 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・最近、いい気候だし、気分的にも爽やか、ダイエットが功を奏しはじめて体が軽い。
 なので、今日のような、お昼の仕事がない日は、「家の一か所づつを美しくする運動」を行なっている。
 この間は、お風呂を念入りに清掃した。

  
 今回は、2階のトイレを清掃した。

  
 五月末日の日差しが爽やかで、私は汗を流しながら、バドワイザーをゴクゴクやった。...
 写真を見ると「普通じゃん、つーか、ボロい個所もあるぞ!」と思われるかも知れないが、これでも綺麗にしたのだ^^
 コンセプトは、「古くても清潔」「祖にして野だが卑ではなく」だ!

 昔、某大手下請け車体プレス会社で働いたことがあった。
 たびたび、ホンダの幹部やスバルの幹部などが視察に来た。
 そんな時は、従業員全体で休日返上、大掃除をした。
 何十万の費用を使って、フロアー全体の塗装をした。
 働いている私たちから見ると、現場は、見違えるほどの綺麗さだ。
 さて、視察が終わった翌日の朝礼、大元の企業の幹部の総評を、うちの会社の所長が全従業員に報告する。
「え~、○○さんからの現場の感想としては、おおむね、現場の稼働システムなど高評価でしたが、やや現場の見栄えがよろしくないと言われておりますので、今後、皆さん、職場の美化により一層頑張りましょう!!」
 それを聞いた従業員一同、「ズコーッ!!!」とコケるのだった^^;

                                (2015/05/31)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(125)]

2015-05-31 07:38:18 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・終盤に、長年 金銭トラブルに巻き込まれている常連が来店した。
 私は言った。
「一連の経緯を文章にまとめることをお勧めする。自分の正しさを、正しいままに、事実に即して丹念に描いていけば、敵が無視しても、周囲から理解を得られ、相手が無視できないようにさせられるんじゃないのかな^^」
「なるほど。アドバイス、ありがとうございます^^」

 今日は、エミコ嬢がハウスパーティーをやるとのことで、かなりの量の料理持ち帰りがあり、幸先が良いスタートとなった。
 写真は「エミコSP」だ!
 生ハム2人前、
 モルタデッラ(ボローニャ風ソーセージ)・ナポリ風サラミ、それぞれ一人前づつ、
 ゴルゴンゾーラと、新鋭白カビチーズのカチョッタ、それぞれ一人前、
 アランチーニとフリッタティーナ、それぞれ2人前づつ、+パーティーの人数に合わせて、一個づつおまけ^^
 先日、7000円超のテイクアウェイをしたご夫婦がいたが、それに勝るとも劣らない5900円のお持ち帰りでした!!^^

   

が、それから暇ヒマだった。
やばかった。
月の売り上げンンン万円を超すには、今日中にンン万円を稼ぎたかった。
 ・・・無理っぽかった。
 オーノさんが来てくれたが、オーノさん一人では消費に限界がある。。。
 と思ったら、若手公務員軍団が来てくれた。
 この方たち、ボトルをガシガシ空けてくれる方たちだ。
 私、ホクホク^^

 そこへ、アイプリが持ち帰りで現われた。
 アイプリの可愛さで、公務員軍団、大喜び!^^
 飲みも進む。
 終盤はチラホラと。

 最後はサイゼリアちゃんが締める。
 いやはや、なーんか色々あった一日なんで、サイゼちゃんの登場は癒されるぜい!^^
 最後に、甘エビのセモリナ粉揚げが注文されたので、それも写真に収めておきました^^

 今、ちょいと長いながーい文章を書いている。
 ここで、新聞の連載小説みたいに発表できると思うので期待してください^^
 楽しいぞう^^

                                (2015/05/31)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(124)]

2015-05-30 00:45:38 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・今夜はパッとしなかった。。。
 でも、暇ゆえに、アランチーニにやっと衣をつけられたYO!!^^(それまで、具を丸めてあったけど、忙しくて、そのまま冷蔵庫で保管されていたのだ)
 そんな中、保母さん、久し振りに来たよ^^
 私は、手を洗って拭き拭き、軽い身のこなしで対応する^^
 いつも、彼女一人の時は、生ハム持ち帰りなんだけど、持っていたスーパー「オザム」の手提げに、買ったらしい白ワインの小さな小瓶とチューハイが入っていて、「ああ、帰宅してささやかに週末の祝杯をあげるのだな」と微笑ましく思う^^...
 ゼネコンさんらも久し振りに来た。
 三軒茶屋の豆商の煎りピーナッツをくれた。

  
 うまかった^^
 昔は、東京に、約600軒の豆屋があったそうだが、今や100軒まで減ってしまっているそうだ、とゼネコンさんが教えてくれた。

 3時に、「ブロンコビリー」でランチを食った。

  

 かなり期待しての食事だったが、わりと普通だった。
 今日は昼の仕事がなくて、午前中は、パソコンで文章を打っていて、ちょい昼寝して、今日最初で最後の食事を食べたわけだ^^
 この時間に食べると、もう一日 何も食べないで平気!
 とは言え、店に置いてあった菓子パンを一個 食べました^^

                                (2015/05/30)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[子供ネタ(1)]

2015-05-29 14:24:00 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・子供ネタ  第3話 「明けない夜はあるよ」(2009/03/27)

<・・・☆「永遠に明けぬ夜のために・・・」
 今日は甥っ子(当時5歳)の話です。
 ・・・昨日から、7歳の姉がインフルエンザのため、避難してきた甥っ子が泊まりに来ている。...
 昨夜は、私がレンタルしてきた『ドラゴンボールZ』のDVDをしこたま見て、今はまだ、ベッドの上でスヤスヤと寝ている。
 小一時間後には保育園に向かうことになろう。
 布団からは、小さな頭だけを出している。
 そろそろ起きなくちゃならない時間だ。
 私は、姪には甘いが、甥には「子を千尋の谷に突き落とすライオン」の如く厳しい。
 てな訳で、今朝は、「永遠に明けぬ夜」作戦が敢行された。
 私は、寝ている甥っ子の、布団から出ている頭部に折りたたみのイスをまたがせた。
 そして、その上に、シーツをかけた。
 つまり、甥の頭部には、「テント」が設えられている状態なのだ。

   
 これで、もう午前8時近くで明るいのに、甥っ子は暗闇の中、って訳だ。
 さて、この中で、甥は規則正しく起きられるのかぁああああ!!!
             (待て、次回! 2009/03/27)・・・>

                          (2015/05/29)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(123)]

2015-05-29 08:07:24 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・ありがとうがらし、練り練り、九条ネギ!!^^(←私の考えた感謝の言葉の最上級。繰り返して、皆さんに浸透させるのだ^^v)
 今、帰宅しました(午前2時)。
 昨夜も盛況で、しかも、最後に、27歳の可愛い娘っ子を車で家まで送ると言う光栄に預かり、とても嬉しかったです^^
 いや、家に送ると言うと、24か25歳のサイゼちゃんを送ることが多いが、まあ、オシャレで可愛い子であるが、あまりにも頻繁だと、その新鮮さは失われる^^;
 昨夜は、開店前に、ハイボーラーが来店。...
 最近、この女性が現われると、店が繁盛するような気がする。
 三日ほど前も、開店前に、牛浜駅前の「上海食府」でご飯を食べてビールを飲んで店を出ると、偶然 ハイボーラーと会った、そしたら、店が忙しかった時もあった^^
 七時からはO山チームが予約してくれていて、その中に、素朴で可愛いストレッチャーの姿を見た時、「おお、今日は盛り上がるぞ!」と思った。
 O山チームが集まり、<夜間飛行>さんの提供テーマ「メキシコからの留学生」ネタで盛り上がったところで、釜ジイたちがやってきた。
 釜ジイたちの今日のスタンスは、あんまし周囲に絡まずに、静かに飲もうと言うコンセプトだったようだ。
 が、O山チームの話を聞くともなしに聞いていたら、そのあまりの面白さに参戦。
 結局、店は一つになって盛り上がる^^;
 いやはや、数々の「名作エピソード(テーマは『ヰタ・セクスアリス』^^;)」が飛び出しました。
 AYAさんの「上り棒」「東京新聞のエロページ」ネタが、昨夜のベストエピソードかな?^^;
 何度も何度も盛り上がり、私は、笑い過ぎで、顔の筋肉が疲れてしまった。
 最後に、ノミヤッチが現われ、更に場は盛り上がるのだった。

 来月の予約、たくさん入っています^^
 でも、私は、今日を含め、今月の後3日、もっともっとお客さんに来てほしいです!!^^v

  (今日の晩酌)

  

                                (2015/05/29)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(122)]

2015-05-28 01:56:21 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・口ではまともなことを言っていて、やることがデタラメな人がいる。
 その人とは距離を置くことにしたのだが、後から後から嘘だったことが判明して、私はなーんかムカムカさせられている毎日だ^^;
 私が質問したとき、「あなたは私を信用してくれない」などと言っていて、
 その実、嘘を重ね合わせていたのだ。
 今は忙しくて、私、それらの話をうまくコーティングして語れないので、また、今度^^;

 今日は盛況で、売り上げ計がンン十万円を突破したので、後 今月は残り4日、頑張るぞ!!!
 ライスコロッケを作りました。
 数が多くて、手が腱鞘炎になりそうです^^;

   

 ナカジ君が、私の好みにどストライクの女性を連れて来店した。
 スレンダーなショートカット、シャープな丸顔。
 ナカジ君の、私に対しての「新手の嫌味」かと思っちゃいました^^;
 ナカジ君には、お店からの誕生日プレゼントとして、ニョッキのトマトソース和えを進呈しました^^

   

                                (2015/05/28)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(121:近況と言いつつ過去話)]

2015-05-27 14:47:47 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・ちょいと都内のほうに出掛けたかったのだが、午前中に映画を観て、昼に某幼稚園に用事があって出向いて、その後、昼ご飯を外食…、都内に出たとしたら店の開店までに戻って来れなさそうであった。
 だから、今、自室でゴロゴロしている。
 昔 書いた文章を読んでいたら、面白いのがいっぱいあるので、逐次、再掲する。

《・・・(2009/03/17)火曜は仕事が暇なので、早く帰宅して『うちの3姉妹』をテレビで見る。...
 私は、3姉妹の、一番チビが好きだ。
 その声を聞くだけで、心が和む^^
 歩くときに、つま先で歩いているみたいなのも可愛い^^
 ・・・てな訳で、私も、子育てエッセイを書こうと思ったのだが、そもそも、子供はおろか、結婚もしていないので、他人の子供について書くことにする。
   ◇

    第一話 「ジョーズ」(2009/03/17)

 私の大きな姪は、今は中二になってしまったのだが、小さい頃は、それはもう、珠のように可愛かった。
 母親(妹)が病気がちだったので、ずっと実家である我が家で育った。
 2歳の頃のことだ。
 私と姉は、いつものように、居間で姪をあやしていた。
 テレビはつけっ放しで、夜9時を過ぎていて、テレビでは、金曜ロードショーかなんかで『ジョーズ』が放送されていた。
 その時、私たちと遊んでいた姪の視線がはたと止まった。
 視線の先はテレビで、そこには、人食い鮫に襲われ、沈んだ漁船を調べる主人公(?)が被害者を発見するシーンだった。
 画面には溺死体がアップで映っていた。
 私は、「やばい!」と思った。
 こんなショッキングな映像は、子供のトラウマになってしまうかも知れない!
 で、慌てて、
「あ、変なお人形さんだね。壊れたお人形さんだね^^;」
 と、誤魔化した。
 横にいた姉も、すぐに「お人形さん、お人形さん^^」と話をあわせて、姪の心がマイナスへ傾かない様に、その要因を封じた。
 幸い、姪は、気にもかけないようで、すぐに注意をほかの事に移した。
 私と姉は、お互いに安堵の視線を合わせた。
 ・・・さて、それから小一時間が経ち、姪を寝かせることにした。
 ベッドに姪を横にし、私と姉は、姪が寝入るまで近くにいた。
 ふと、姪を見ると、目を開けて宙を見つめている。
「どうちたの~?」
 と、私と姉はユニゾンで問う。
 どうちたの~? は、姪の口癖で、うちの家族全員が真似ていた^^;
 すると、2歳の姪は、視線を宙に向けたまま言った。
     「さっきのお人形さんについてなんだけど・・・」
 私と姉は思った。
     (こ、こいつ、覚えていやがった~ッ!!!)
 しかも、その妙に大人びた物言いが、姪の心に強烈な印象を、「お人形さん」が残していたことを物語っていた・・・。・・・》

《・・・☆  第2話 「2文節」(2009/03/25) 

 姪が、まだ「赤ちゃんに毛が生えた程度」の頃だ。
 「ママ」とか「抱っこ」とか、「ちっち(トイレ)」とか、「ジューチュ(ジュース)」とかの単語は話せるようになっていた。
 ある日、姉が姪に水を飲ませていた。
 すると、姪はニコッと微笑み、
     「お水、飲んでるの~^^」
 と、言った。
「ああ、マリちゃんが二文節の言葉を喋ったー☆」
 姉は、姪が、それまでの「単語」発言から、二つの単語をつなぎ合わせた「台詞」を発したことに狂喜乱舞し、姪を褒め続けた。
 すぐに、一族が集められ、姪は持て囃される。
   じいちゃん  「ほお^^」
   ばあちゃん  「さすがマリちゃん^^;」
   おじさん(私) 「こりゃ、神童だな^^」
 ・・・私にとっては、可愛い姪が何かすると、いつも「神童」扱いするのが常であった^^;
 ひとしきり、賞賛を受け、姪は再び、姉と二人きりになった。
 姪は、教育テレビで「ドレミファ・どーなっつ!」か何かを見ていた。
 姪は、先ほどのことを思い出していたのだろうか、
 何やら話してみたら、みんなが大喜びしたので、子供心に嬉しかったようだ。
 だから、も一度、姉を喜ばしたかったようだ。
 そして、おもむろに姉に振り向くと、言った。
     「お水、飲んでるの~^^」
 姉 「・・・・・、・・・・・」
 姉の心中 (あんた、今は水飲んでないし・・・^^;)・・・》

 ・・・楽しんで頂けたでしょうか?

                                (2015/05/27)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『イニシエーション・ラブ』を観た(寸評)]

2015-05-27 12:01:23 | 新・物語の感想

☆・・・観てきました。
 これ、ネタばれは出来ません^^
 原作を読んでいたので、私の鑑賞態度は、結末に向かっての伏線にも目がいっていたので、純粋な観方とは言い難かったのですが、面白いです^^
 皆さん、どうぞ、この驚天動地の大トリックと、80年代ノスタルジックと、気恥かしい、誰しも経験のあるイニシエーション(通過儀礼)をエンジョイしてください。
 本来、原作は、叙述トリックで、映像不可能なのである。...
 が、この映画作品では、うまく改変しています^^
 クライマックスも、独自の趣向で盛り上げて、まさに、森川由加里の『SHOW ME』の冒頭が効果的に使われています^^

 では、私が原作を読んだ時の感想を添付しておきます。

   [ミステリ『イニシエーション・ラブ』を読んだ](2008/12/23)

《・・・いつの間にやら、なかなかの人気作家になっていた、乾くるみの『イニシエーション・ラブ』を読んだ。
 ミステリ臭のない、80年代を舞台にした恋愛小説の体裁であるが、最後の二行で全てが変転する、超ド級のミステリだ。
 その「からくり」はともかく、私は、その描かれている、ちと野暮な恋愛模様に、非常にノスタルジックな思いをチクチクさせられた。
 具体例が、ことごとく自分と重なるのだ。
 う~ん、私も、イニシエーション(通過儀礼)としての恋愛を経てきたんだなあ、と思う。
 それは、村上春樹の恋愛小説とは違う、武者小路実篤のような必死な、恥ずかしい恋愛の数々だった。
 特に、可愛いマユと、美しいミヤコに挟まれている「主人公」の姿を見ると、自分の輝かしい時代を思い出す。
 思えば、・・・(以下ry
   ◇   ◇
 乾くるみは、講談社ノベルスのメフィスト賞のデビューだが、私は、その頃、本格ミステリを読み漁っていて、毎月、講談社ノベルスのほとんどを購入して読んでいた。
 そんな時期が三年ほど続いていた。
 乾くるみのデビュー作『Jの神話』も、発売と同時に読んだ。
 そのトリックもさることながら、女性特有のネッチリとした深い「エロス」描写に非常に感心(興奮)した(注:後から作者は男性だと知りました^^;)。
 私は、真意を探るべく、その『Jの神話』を、あえて気のある女の子に読ませたものである。
 期待して読んだ、次作『匣の中』は、いまいちの出来だったが、男が恋人の乳首を「クリック! クリック!」とするところだけが乾チックだった^^;
 三作目の『塔の断章』は買ってはあるが、読んでいない。
 今回、『イニシエーション・ラブ』が良かったので、これから、『塔の断章』や、続作も読もうと思っている。
                (2008/12/23)・・・》

                                (2015/05/27)

コメント (2)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(120)]

2015-05-27 04:28:02 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・今日はこの後、原稿用紙10枚分ぐらいの文章をあげなくちゃならないので、ここでの文章は、昨日今日にあったことを箇条書きします^^(と言っても、長く書いちゃうでしょう^^;)

1・昨日 来たお客さんはフィジーに行ったことがあるそうで、話が盛り上がった。
 ダイビングで、島の一つ・タベウニ島に渡ったそうで、私も、その秘境の島には行っている。
 タベウニと言うレアな島に行った経験のある者が偶然に出会う確率は非常に低い。...
 ちなみに私、ダイビングは、本島のビチレブ島ではしました^^
 タベウニでは、「ボウマの滝」っちゅうのを見ました^^

   

2・同時刻に、娘さんを連れた二家族が来店していて、ちょうど点けていたMTVがAKB特集だった。
 私は、AKBが好きでないので、チャンネルを変えたかったのだjけど、娘さんらが見ていたので変えれなかったら、HKT48という関連グループの「昔の彼氏のお兄ちゃんとつき合うということ」と言う強烈なタイトルの歌が流れて、私は、なんか生きるのが嫌になってきた。
 世の中には、他者にストレスを与えて平気な人が多い。
 また、主にAKBのファンは、そういったストレスを自ら好んで受ける体質の方が多い。

3・ラッシャーさんの娘さんは、小4だが、巨大弦楽器コントラバスの弾き手だ。
 子供ながらに巨大楽器を弾いているので、必ず、演奏家に声を掛けられるという、いわゆる「掴みはオッケー!」状態だそうだ。

4・今日、仕事前にスーパー「バリュー」で買い物して、レジで計算してもらっていて、ふと横を見たら、ジージョちゃん(3歳)がいた^^
 ミオンお母さんと買い物に来ていて、買った物を袋に詰めていた。
 もうね、やっぱ、顔がひときわ可愛いので、眩しくて、視線が向いちゃうのよ。
 そろそろ、ジージョちゃん禁断症状に陥っていたので、会えて嬉しかった!
 シャツインの姿が可愛い
 この町はいい^^
 来店してもらわなくても、街を巡っていると、ジュテーマー(愛する者)に会えるのだ!^^v
 煎餅のチェーン店の「もち吉」の宣伝コピーに「餅を愛し、餅に生きる」があるが、

   
 私も、「幼女を愛し、幼女に生きる」でGO!^^v
 私は、ちょうど買っていたヨークをあげる。
 私は、店にジージョちゃん、もしくは、それに匹敵する美幼女が来ることをいつも妄想し、あらかじめ、幼女用のお菓子を買ってあるのだ!!!

   

5・昼間の職場の同僚O氏より、和包丁を頂く。

   
 O氏が、いまいち気に入らなかった包丁だそうだが、
 いつも、ダイソーで包丁を買っている私には、大層な代物だ。
 ナカムラは、「鋼の剣」を手に入れた!

   

6・今夜は暇であったが、最終的になかなか稼げた。
 キママさんが仲間を連れてやってきてくれたのだ。
 初めて会った印象は、今風のチャラい人かなと思ったのだが、次第に、なんかほんわかした癒し系なのだと分かった。
 定期的に、大挙として知り合いをともなって来店してくれるのが嬉しい限り^^;
 友達も可愛い子が多い。

 帰り支度をはじめていると、サイゼちゃんが来た。
 最近、顔を出さなかったので、ちょいと心配していた。
 そんな私の想いを計算して来なかったとすると、このオンナ、なかなかのワルよのぉ^^;

             (2015/05/27)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(119)]

2015-05-26 00:31:34 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・やあ、あたいです。
 いつもよりも早い登場です^^;
 言い訳させてくれ。
 基本 月曜はね、いつも暇ヒマか、予約が入って忙しいのよ。
 でもね、今日は、開店と同時に満席で、忙しかったさ。
 いっぱい稼いだのさ。
 疲れたのさ。
 だからね、ちょこっと早仕舞いしたのさ。
 でも、帰りに、車の置いてある駐車場、最短距離の方向のブラジル屋さんや中華屋さんの前を通ると、「あいつ、閉店時間前に帰りやがった!」と思われるのが嫌で、床屋さんや和食さんのほうからグルーッと遠回りして帰ったさ。
 床屋さんも和食さんも月曜日は定休だからね。
 で、駐車場が近くになり、「おお、誰にも見つからなかったぜ、ベイべ!」と安心したのもつかの間、前から歩いてきていたノミヤッチに見つかった!
 私は必至で言い訳した。
「いやね、こんなことは、今まで数回しかしたことなくて、たまには、こんな早仕舞いもありかな? って、テヘヘ^^;;;」
「いいじゃないスか!^^」
「だ、だよね^^;;;」

 今日 来店のラッシャーさん(♀)、明日が誕生日だそうで、おめでとう!!!^^
 今日は、出来る限りのサービスをしました^^;
 忙しくて、オザムにケーキの食材を買う暇もなかったですが、冷蔵庫にあったスーパーカップバニラに、チョコソースをドップリとかけて、練乳もかけた似非バースデーケーキはお気に召したでしょうか?^^

 それから、ツン氏が、私におみやげ、寿司盛り合わせを買ってきてくれた。

   
 この人、基本 善良な人である。
 私になにか後ろめたいことがある時に、ロブスターとか、タラバガニとか、寿司盛り合わせなどを買ってくる^^;
 いや、ツンさん、気にすんな!
 あなたが別の場所で楽しんでいると思っているとき、
 うちの店には、例の熊田曜子似やナンバー1美人のナッチ、アイプリやトリンドル、サイゼちゃんなどが来店してますから^^v

             (2015/05/26)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(118)]

2015-05-25 05:53:22 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・日曜日で、特に予約も入っておらず、稼ぎは諦めていたのだけど、
 店でウツラウツラしていたら、クーちゃんが持ち帰りに来てくれた。
 半分寝ていたので、なんかボケた対応ですまなんだ。
 持ち帰りじゃなかったら、来店中に、わたすも徐々に目覚めていったはずなのだが^^;
 続いて、永田ッチが来た。...
 福生市民会館で、ウィーン少年合唱団が来ていて、そのコンサートを観てきた帰りだそうだ^^
 あれー? 市民会館でイベントがあるときは、店は混むのが定説なのになぁ^^;
 永田ッチは、パナマハットをオシャレに被っていました^^
 「マスターは少年には興味がないみたいだけど、ウィーン少年合唱団は良かったわよ^^」とのこと^^;
 ふぅー、私は本当は美少年好きなんだけど、少女好きを隠れ蓑にしていることは、まだバレていないようだ^^;
 あっ! 永田ッチに、週末女性サービスの一皿を出すのを忘れていた! 次回ッ!!^^;

 永田ッチとタッチ(←ちょっとダジャレ^^;)でマッサンがきた。
 マッサンは、家でヴァイオリンをレッスンする娘さんに邪険にされて、日曜日の夕方、一杯ひっかけに来たそうだ。
 この方とは、新聞マスコミの話からアイドルの話まで幅広く話せるので、楽しい^^
 で、さて、暇となった。
 永田ッチの持ち帰りで、ライスコロッケ(アランチーニ)がなくなった。
 グラタンコロッケ(フリッタティーナ)は、三日前から在庫がない。
 暇なら、せめて、どちらかを作らなくちゃならなかった^^;
 グラタンコロッケに着手!
 近所のおじさんから美味しい牛乳を買っていたので、「黄金のベシャメル」が更に美味しくなるぞ!
            更に、美味しくなりました^^;
 で、作っていたら、近所の旦那さんたちが大挙としてお店に来てくれ、一瞬にして満席となる。
 初めての来店の方々で、一通りを総ざらいで食べてくれて、ワインもガバガバっと飲んでもらった。
 私、いきなりにホクホクである^^v
 だが、このような突発的な団体のお客さんは、毎度 期待できるものではない。
 このような盛況を、私は、「神様からのプチ ボーナス」と思うことにしている^^;
 でも、旦那衆のメンバーの数人が、奥さんが生ハムやチーズ好きなので、今度 家族で来るね、と言ってくれた^^

 さて、日曜だし、早仕舞いするか、と思ったら、ピョコリン! とアイプリが現われた。
 今日は、友人の結婚式だったそうで、オシャレな装いだ。
 なにやら、余興で、宝塚風メイクと衣装で「お嫁サンバ」を踊ったとのことで、濃いアイシャドーが残っていてゴージャスでした^^
 一緒に仕事を頑張ってきた友達の結婚で、アイプリ、感涙したそうだ。
 基本、お仕事しているときでも、アイプリはよく感動して泣くようだ^^;
 この人、いい子なのである。
 人の悪口 言わないし、仕事の愚痴もこぼさないし、
 人の悪口や陰口やゴシップの大好きな私と対極のアイプリさんなのである。
 故に、今日の「優しさ大賞」として、出来立てのグラタンコロッケを進呈するのだった^^;

 今日の晩酌はバドワイザー、日本のビールに比べ、アルコール分が5%と低いので、次の日が仕事でも、多く飲めるぞ!!!^^

   

             (2015/05/25)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[映画『チャッピー』を観た(寸評)]

2015-05-25 05:04:16 | 新・物語の感想

☆・・・これは、いい作品でした。
 家族で観に行ってほしい。
 超簡単に言うと、どんな環境で育てられても、例え、悪い親に育てられても、その親(この作品では、特に母親)の愛情をふんだんに注がれて成長する子供は、真っ当に育つというのが、この作品のポイントだろう。
 いやはや、人工知能を持つチャッピーの、外見は変わらずロボットの、赤ちゃんから幼児、少年に至る挙動のリアルに、思わず泣いた。
 出世作の『第9地区』、続く大作『エリジウム』と観てきて、どちらも私にはピンとこなかったけど、監督のニール・ブロムカンプ、ただ者じゃなかったわけだ!

 ・・・世界でも稀な犯罪都市、南アのヨハネスブルグ、警察はロボットポリスに治安を任せていた。
 その開発者は、今後、人工知能(AI)に期待を持っているのだが、会社は許してくれない。
 開発者は、壊れたロボットポリスに、AIをセッティングする実験をひそかに行う。
 と、同時に、うだつの上がらぬヤクザな夫婦が、そのロボットポリスを強奪するのだった。
 頭の中の情報が「赤ちゃん状態」のロボットポリスは、「チャッピー(幸せなヤツ)」と名付けられ、不良な夫婦に育てられる。
 チャッピーは、ロボットゆえ、急速に知識を吸収し成長していく。
 ただ、その両親の影響下、ヤクザな言動、ギャングのような行ないが込みで、だ^^;
 だが、元々、廃棄ロボットから作られたチャッピーである、替えの利かないバッテリーの残量はわずかだった。
 果たして、チャッピーは、両親は、開発者は、幸せになれるのだろうか・・・?

 開発者がチャッピーにプレゼントする絵本「黒い羊」に暗喩されるテーマ、・・・白い羊(人間)の中の黒い羊(チャッピー)・・・、や、
 乱暴な父親を恐れつつ、けなげに合わせようとするチャッピーの姿・・・、
 「人間は外見よりも中身、私はそこを愛してるのよ」とチャッピーを撫でる母親・・・、
 心にグッとくるシーンは多い。

             (2015/05/25)

コメント (2)   トラックバック (30)
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(117)]

2015-05-24 08:34:58 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・う~、昨夜も忙しくて、ありがとうがらし ねりねり 九条ネギ!!^^(←面白くないけど、繰り返すことによって、読む者に愛着を持たせようという作戦)

 午前2時に疲れて帰宅して、週末 泊りに来る姪っ子に、うつ伏せに寝転がって、足の先から踏んでもらったら、足の裏から、衝撃が脳天まで直撃!
 きもちいいーっ!
 疲れが取れました^^

 昨日は開店と同時に満席となり、それから、お客さんが入れ代わり立ち代わり、
 友人の結婚式後に寄ったハッシーは、色んなキャラクターの登場に、帰るきっかけを失い、礼服姿で、6時間ぐらい店にいた^^
 ハッシーはイケメンなので、カウンターに座っているだけで、店のグレードがあがるってもんだ。
 彼がくれた引き出物のバームクーヘンを、お客さんに振る舞ったのだが半分余った。
 店の前を通ったアイプリにあげようと追いかけたが、は、早い!
 彼女は200メートルくらい彼方を銀座通りに曲がるところだったので、追いつくのを断念!
 アイプリは仕事がら、日曜日の明日も忙しいので、歩くのも早くなるのだろう^^
 そろそろ、しかし、好物のカプレーゼの補給が必要だろうよ^^

 釜ジィが地方でのツアーとのことで、その彼女のAYAさんがお母さんと来店、下らない話を延々とし続けて楽しかった^^
 いつもは釜ジィがいて、その容姿のインパクトに心を奪われていたが、AYAさんが単独だと、彼女が小さい体のわりに巨乳であることに、独身男性は気づかされるのだった。。。
 なんか、某焼き鳥屋「火の鳥」でも、その巨乳が話題のようだ^^;

 夜中の12時を過ぎたのに、舞台芸術家夫婦が来てくれたり、最後にはノミヤッチが来て盛り上げてくれた。
 彼が来ると、私は話さないで済んで、調理に専念できるので助かるのだ。
 いや、ハッシーもかなり喋ったなぁ^^

 新規のお客さんも4組来たし、いい一日でした。

 では、日曜日の今日は、午後一時からの開店なので、その前に映画を一本観てきます。
 「チャッピー」にしようか、「イニシエーションラブ」にしようか迷っています^^

             (2015/05/24)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(116)]

2015-05-23 05:39:13 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・昨夜はボチボチの客入りでしたが、金曜日なので、まだまだ稼ぎたかったです^^;

 でも、金曜日は、週末が休みのツン氏に、どこかに連れて行ってもらっておごってもらおうと言う「ツン氏待ち」の常連たちが多く、その人たちが、一杯をチビチビしつつ席を占拠していたこともあり、それがなくなって良かった点もある^^;

 毎回、ツン氏が来てからの、「そんな気ないけど、ツンさんがどうしてもと言うなら、行こうかな」と言う、「ツン氏待ち」の駆け引きも、長いので、毎度聞いてて面倒ではあった^^;

 さて、先日、会社の同僚と来た「イケメン」と言うよりは、まだ若いので「可愛さ」のあるショー太君が、「今度一人で飲みに行きます^^」の言葉通りに一人で来てくれた。
 ハッシー以来の、イケメン期待の新星だ!
 ちょうど、ミオンさんが来店し、そのショー太クンの逸材振りに太鼓判を押してくれた。
 ショー太クン(24歳)は、若手俳優顔だが、まだ若く、「一人飲み」が楽しい状態だ。
 これから、マジで活躍してくれるだろう。
 御婦人常連たちは、イジって成長させてくれ!!!
 そう、貴女色に染めてくれ!
 ・・・・染めてねショー太!!(←染谷将太みたい^^;)

 ミオンさんからは、ミオンさんの娘さんであり、私の「ジュテームな人」である<ジュテーマー>のジージョちゃん(3歳)の近況を聞き、私は、心が温まる。
 寝相が悪く、寝汗を書き、保育園から、お昼寝の時間に枕にひくタオルを持ってきてと言われているそうだ。
 か、可愛い^^ 何しても可愛い^^

             (2015/05/23)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[近況(115)]

2015-05-23 01:06:29 | 新・ふと思う

☆・・・うちの店は、イタリアの下町にあるバーを目指しています。

 よく、「イタリアの民族風の曲をなんで流さないのか?」と意見されるのですが、
 実際のところ、現地のバーでも、MTVやスポーツチャンネルを流していることがほとんどで、それに倣っています^^
 店を開いて初期の頃は、イタリアの曲を流してもいたんですよ。...
 でも、店を開けて直後なので、お客さんが、知り合い以外、まだ全然来ない不安感の中、ひたすらにお客さんを待ちつつ聞いていた曲の数々で、私、心の中で思い出すだけで、今なお、なんかモヤモヤするというトラウマに苛まれてしまっているので、聞くのをやめている次第^^;

 また、私は、よく店で、イタリア代表のユニフォームTシャツを着ています。
 これ、選手名も書いてない、もちろん、FIFA公認などではない安物である。
 日本人の感覚だと、バッタもんを着ているかのような印象だ。
 しかし、本場では、庶民は、そんな安物のイタリア代表ユニフォーム風を買って着て、バーのスポーツチャンネルなどで、熱狂的に代表を応援するのが普通なのです。

 この後、昨夜の報告を書こうと思っていたのだけど、とりあえず、眠いから寝ます^^

             (2015/05/23)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加