クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

2011年のスタート、本年もよろしく

2010-12-31 19:04:45 | Weblog
2011年はどんな年になるのだろう。

あたらしい年が始まった。

いい年でありますよう

本年もよろしくお願いします。

   クニ舛田

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

家族の釣り納会というのもあった!

2010-12-30 18:39:22 | Weblog
昔々、僕が若いしだったとき

農家であってもサラリーマンだった父も息子の僕も

相当の釣り好きだった。

明治生まれの僕のおじいちゃんがごっつい釣り好きだったから、一家は

おじいちゃんの影響が大だった。

そのおじいちゃんが亡くなっても、釣りはずっと続けていた。

年末、大掃除を終えて、父、僕、弟、そして親戚のおじさんらが

近くの磯へ釣りに行くのが恒例になっていた。

昔のことやから、エサは琵琶湖産のエビ、道具だって貧しいもの

一度、季節はずれの大波に、遠い町からやってきたおじさんが

さらわれそうになったことがあった。

ブルブル寒さと恐怖に震えるおじさんを尻目に

釣りを続けたことを覚えている。

「チヌ」「グレ」「ゴンタ」「たかのは」など

何かが釣れて、我々家族の笑顔を満たしてくれた。

そんな納会も何年も続いたけど

ある年から一家の釣り納会は、なんやかやの忙しさで

行われなくなってしまった。


父もおじさんも弟の一人も数年前に他界した。

この時期になればその「磯釣り」を思い出すことがある。

人生はなんという早さで過ぎていくのであろう。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「クニマス」と「さかなクン」の関係!

2010-12-29 17:21:42 | Weblog
いまや世紀の大発見とかで、一躍有名になった「クニマス」

絶滅したとされた、ある淡水魚が生きとったんやね。

それの発見をお手伝いしたお人が「さかなクン」


これが話題になる前に

実は「クニマス」と「さかなクン」が数ヶ月前に

会っとんです。カッコよく言えば共演!

あのごっついハイテンションな物言いで圧倒されましたね。


面白いね!

「クニマス」と「さかなクン」の関係は物語の「始まり」であったのかも

しれないな!

名刺もらっとくべきだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

車にしめ飾り、昔はみんながやってた。

2010-12-28 17:43:13 | Weblog
昭和の高度成長期、一般市民にもマイカーブームが

やってきて、カローラだのサニーだのと言って

車が売れに売れた。でも車はなんやかやいってもぜいたく品

には違いなく、家の財産であった。

お正月が近づくと洗車に明け暮れ、そして最後に

しめなわを飾った。

だからお正月にはこんなしめ飾りの車ばっかりだったのだ。

でもいまや、洗車してるのも見たこと無いし、

しめ飾りの車も見たことがないような?!

まあ、そんな文化も時代とともに変わってゆくのだろうな。


そこで、いま、モータリーゼーション盛んな、バケモノみたいに

急成長続ける中国にこの「しめ飾り」を売るのはどうだろう。

こんな縄だのダイダイとかの様式にとらわれず、

中国に合ってるものを商品化する。車の前部に取り付けて

お正月を祝おうじゃないか!

「今年一年、無事故で家の財産、道具として頑張ってくれ!」

と、いままで日本がやってきたナラワシをPRする。


うまくいけば結構な商売になると思いますが・・・

なんせ、一日数千台も売れてる国だからな。

むこうの正月はまだだからイケますよ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始、国外にて!ええことです!

2010-12-27 19:10:05 | Weblog
今年も終わるな!

各空港からは出獄(失礼!出国ラッシュになるらしい)

まあ、一生懸命働いて、自分のご褒美と思て行くんやったら

まさに正解!どーんとお金使ってストレス解消、どっさり

お金使ってきてくださ~い。

世界の経済を引っ張ってくださいね。


僕は来年の9日まで休みなしですわ!

ひがみ根性丸出しの

クニ舛田でありま~す。(グシュン泣く!)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

イーグルスのホテル・カリフォルニア

2010-12-26 19:13:30 | Weblog
テレビをみてたら、あのイーグルスが日本で公演

と言ってた。来年の3月。

僕は音楽はまるでアカンけど、イーグルスは僕らが波乗りに

うつつを抜かしていた1970年代、「ホテル・カリフォルニア」で

有名になった。ロックバンドとはいってもその曲はメローで、

一曲5分ぐらいかかるけど、ごっついええ曲だった。

今でも僕にとっては名曲中の名曲、英語の歌詞の意味もいまだに

わからんけど、「ようこそ、ホテル・カリフォルニアへ」

出だしのそのぐらいは教えられた。

その曲を、波乗りの町、生見に住んでいる、あるサーファーおじさんが

僕の町で歌っているのを聞いて、30数年前のあのころに

タイムスリップした。

この夏のことだ。涙がでるくらい感動した。

あとで友達になった。



本物は観に行けんけど(メンバーみんなお年寄りになってますわね)

でも、このメロディは最高です。一回聞いてみてください。


来年、生見のサーファー&シンガーおじさんとこへ

遊びに行こうと思います。また「ホテル・カリフォルニア」を

聴きたいけんね!


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ユニ●ロさんにはかなわない!

2010-12-25 17:52:57 | Weblog
急成長を続けるあのユニ●ロさん

一番近いお店は、となりまち阿南にある。

ちょくちょく行くけど、いつ行ってもお客さんで賑ってるな。

若いしはもちろん、「ん!」と思うようなオッさん、オバさんまで

おるからたいしたもんだ。

品揃えだって完璧。帽子、手袋、靴下、下着、ベルト・・まであるから

まあ冬場のファッションで決めてやろうと思ったら、一万円あればパーフェクト

その半分でもいけるかもしれんです。

安さ、デザイン、品数、そしてクオリティ、そりゃ伸びる要素持ってます。

僕は一部の高級ブランドウェア(特にスポーツ、アウトドア系)の

突出した商業主義にヘキヘキしておるんですが、

こんなことを言う僕はユニ●ロさんの回しもんでもありません。

でも今の時代、なぜか儲け続けるここだけは不思議っちゅうか、

経営者の理念や行動力に感服するのであります。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

インフルエンザ「流行入り」やって!こんな辛いもんはないな!

2010-12-24 16:43:15 | Weblog
厚労省が今日、インフルエンザが「流行入り」したと

発表した。

特に九州では患者数が多くなってきたようだ。

僕は幸いにしてここ数年間は、インフルエンザも風邪も感染した

こともないが、何年か前にこれで寝込んだことがあった。

高熱だから「悪夢」を見てうなされて、汗が出て、体だるーて

足腰痛ーて、また「恐い夢」見て・・・そんな連続だったような。



まあ、インフルエンザ、風邪にしても、寝込むのはイヤだな。

最低一週間は回復するまでかかるし、この絵のように・・・

皆さんもご経験あると思いますよ。とにかくツラくても

耐え忍んで病原菌の絶滅を待たなしょうがありません。


家族が「梅干入りのおかゆ」を枕元まで持ってきてくれて

それを食べれるようになったら、もう、回復は近いです。


くれぐれも

ご自愛のほどを・・・・・



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デニソワ人、僕らの先祖け?

2010-12-23 17:18:16 | Weblog
新聞にも載ってたけど、シベリアの、といっても

カザフスタンやモンゴルや中国の国境が集まってるところ。

そこのデニソワ洞窟っちゅうとこで、未知の系統の人類の

痕跡が見つかったんやと

僕らは昔、学校でネアンデルタール人いうもんを教わって

何万年も前に人類の祖先ちゅうか、ホモサピエンスの歴史を

知った。

僕はそんな人類学も地球の歴史もまるでダメだが

この「デニソア人」

えらいアジアのど真ん中で見つかったんやから

僕らのご先祖さんになるかも知れんなあ。

ネアンデルタール人は鼻も高ーて、手足長ーて、ほんヨーロッパ系

僕らとはなんちゃ関係ないように思とったけど

デニソア人ちゅう人類はアジアのこんな近くで動きまわって

おったんやから、ひょっとしたら、僕らのご先祖さんかも

知れんです。

この絵はその「アジア」を意識してデニソア人をイメージしましたが・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の津波注意報、なめたらあかんぞ!

2010-12-22 21:23:21 | Weblog
町内放送が静寂を破った。朝の2時ごろ

「津波注意報!」普段でも何やかやでビクっとして、

熟睡できん夫婦なのに

階下の町内放送が僕らを起こさせてしもた。

内容がよくわからんので、窓を開けて聞いてみると、

津波注意報が出たらしい。

テレビを付けて確認したら

一番近いあたりで50cm

僕らのところ(近畿四国)で数十cm

まあ、夫婦ともども安心はして、ウトウトしとったんやけど


朝が来ても、たいしたことなく

よかったの一語です。

ほんま、ラッキーだったかも知れんですし(大津波をおこす

地震でなかった)・・・国の対応も早かった(気象庁を通じて自治体まで)


ほんでも、こんなんを(不謹慎ですけど練習台にして)機にして

ちゃんと構えをしておかないといかんと思います。

5mも8mもの大津波が10分もかからんのに押し寄せてくる。

恐ろしいことじゃ!

そんなことをいつも心に思とって、真っ暗の夜でも

雪が舞う朝でも、対応できる、こと防災に関して

一家を守る消防団の長でありたいと思うのですが。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加