クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

DAY OF THE TYPHOON

2012-09-30 18:41:12 | Weblog

当地方、朝は雨もポツポツ、風も波もたいしたこと無かったのに

昼ごろからアイツは急にやってきた。でも、雨戸を閉めたりするほどの

ものでも無かったし、昨夜僕がアップしたブログ「悪さをせんと駆け抜けてくれ!」が

効いたのか、あっというまに行ってくれた。

午後の3時過ぎには、青空と太陽まで顔を出して

でもでも、

あいつ、けっこうな置き土産を残してくれてます。

まあ3~5mぐらいの波が、沖合いでブレーク

迫力ありますが、さて明日以降、どれだけ波乗り師たちを喜ばせて

くれるのでしょう。いつまでウネリは残るのかな?

 

話は変わって、

台風が本当にやってくるのか・・・とまったくそんな気配がない朝がた

僕がいつも乗っている軽トラ

ポツリポツリと降っている雨のなかで見つけた。

「かたつむり」

なんでこんな日よりの悪いときに、なんでこんな場所におるんな!?

梅雨どきには、そりゃおるだろうけど・・・・

よくもここまで這い上がってきたもんだな!

ごくろうさま!  好きなようにしてくださいね

 

今日という日、僕は、朝早くから夕方まで台風に翻弄された感じだが、別に

被害もなかったというのがいい。

ソファーでテレビを観たり、パソコンの前に居たり・・・・冷蔵庫のなかを

のぞいて何かを食べたり・・甘いお菓子の封を切って口に入れたり・・

 

ゆっくりと日曜を過ごせたのは・・・・あいつ(タイフーン)のおかげかな!

お礼をいうようなもんではありませんわね・・・・

 

明日から10月、それではみなさんお仕事に勉強、頑張っていきましょう! 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

台風17号、悪さをせんと駆け抜けてくれ!

2012-09-29 22:12:03 | Weblog

週末にやってきた台風17号、四国地方は明日(日曜)に最接近だろうか

今のところ、風、波も穏やかすぎて強力台風がやってきてるように

思えない(これが曲者、嵐の前の静けさなのか・・・・・)

 

でも当日は、雨風もできるだけ抑えてもらって、被害を出さないように

してもらいたい!

今の時点で暴風雨に耐えている奄美沖縄地方のみなさん、もうちょっとで

抜け出すので、少しの辛抱を!

西日本は、こと台風に関してはたいへんつらい目に遭う。

 

関東地方に上陸か?などとこの台風の進路を伝えてるが、

そのときには、いつも僕らが耐えてきた勢力の面影もない。

テレビのリポーターなどがヘルメットを手で押さえながら

飛ばされかけになっている姿をみて、失礼ながら不謹慎ながら

笑ってしまうことがある。西日本直撃のそれとは異質のもんだからね

 

とにかく、様子が変わりはじめたら、早朝であろうと動き出す覚悟でおる。

雨戸を閉めたり、飛ばされる物などの処置、

 

静か~に(まず無理だが!)沖合いを駆け抜けてくれ!17号、たのむ!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

単純パーツでボディ補強、効き目は!?

2012-09-28 17:55:44 | Weblog

もう20年もの付き合いになる。

平成2年式スカイラインGT-R(32型)は僕の愛車なのだ。

走行距離は13万キロぐらい、まだまだ元気ではある。

だが、人間といっしょで気持ちや心臓は達者でも

腰、肩、腕、ひざなど、体全体の衰えが激しい!

俗にボディのヘタリというやつ、足がしゃんと動かない、コーナリングも

オットットトと狙ったラインをトレースできない(まあ日常の走りでは違和感を

感じることはないが)

 

ボディ剛性とかボディ補強とかの言葉を聞いたことがあると思うが

常にボディには歪もうとしてる力が働いている。引力がある限りね

昔、僕はリフトアップされてた高級車が、地べたに着いたらドアがうまく閉まらない

のを目撃したことがある。

ボディの弱体はまず足にくるからね。僕が前述したコーナリングどうのというやつ

で、かなり前から、この車に施してるせめてもの剛性チューン

前後のストラットタワーバーなのだ。

これはリアのトランク内に装着してる。

 

その効果を体感できるようなそんな技量も持ち合わせてはおらんが

しないより、したほうがましぐらいの気持ちで、老体の愛車を労わって

おるのだ。

いずれ、車内にロールバー装着も考えておる!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お祭りシーズン到来!いやあ、おじさんになっても!

2012-09-27 20:14:34 | Weblog

僕の町では、この週末ぐらいから各地で「お祭り」が始まる。

中でも、日和佐八幡神社のそれは一見の価値があるな

10月の7日(日)、あのウェルかめの大浜海岸に来てほしい。

あえて説明はしないけどね。まあ皆さんご存知でしょうけど・・・・

 

それが終わって2週間後、僕の村のお祭りがある。

これがまた素晴しい(自画自賛もしたくなるほど楽しい)

その晩はいっきに村の人口が3倍にもなるのですから

 

まあ、そのご案内は時期が迫ってきたら集中的にいたします。

また「ぜひお越しくださいね!」の個人的なご案内も近々させて

いただきます。

 

いやあ、つらくなるぐらい老化が激しくなった僕でも、「祭り!」と

なったら、なぜか心ウキウキ、いろんなことを想像したり、気分が高揚したり

するのであります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今はもう秋・・誰も・・秋の海になってしまった。

2012-09-26 21:00:29 | Weblog

数日前に撮ったスナップ。

ひんやりとして、空気が澄んできて遠くまでの見晴らしもいい

あの離島まではっきりと見える

ズームすると

沖合い数キロに浮かぶ「牟岐大島」

釣りのメッカなんです。

釣りといえば・・・・

僕が写真を撮っってる海岸から数百メートル沖合いに

イカダの上の釣り師発見、

のんびり~とやってます。チヌ、ボラ、鯛、かつお、ハゲ、かんぱち、

ハマチ、ヒラメ、キス、もう何が釣れるかわからんのが・・「海の釣り」

なんですわ!

どうですか、静か~な海に、我一人釣り糸を垂れる・・ぜいたくですよね

 

でも、本日あたりから、はるか沖合いにある台風の影響で

けっこうなウネリが押し寄せてくるようになりました。

明日になれば、こんな釣りどころではありませんゾ。

 

とにかく、秋の気配でいっぱいのパシフィックコースト近況の

報告でした。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「世界平和な国ランキング」!日本は何位!

2012-09-24 19:37:59 | Weblog

まあ平和という意味は、安全安心もいっしょということで日本国ポリスマンを

描いた。

昨日、あるところで事件処理(おそらく)に携わってる警察官を見て

ごくろうさんと思わず言いたくなった。

 

経済平和機構というところが2012年度「世界の平和な国ランキング」というものを

発表したが、日本は158位中5位にランクイン

これは国、地域の治安や殺人事件、暴力犯罪、戦争内戦の有無、軍事費

軍人の数、テロの危険性、兵器の出回り量などを調べて公表した。

 

日本の5位は納得だね。治安もいい、国自体も穏やかではあるな?!

 

1位はアイスランド、2位デンマーク、3位ニュージーランド、4位カナダ

となっている。

他韓国42位、中国89位、北朝鮮152位、ロシア153位

 

うーん、こんな日本に住んでるありがたさを感じるランキングではあるが

いったいこれからの日本はどんな国になっていくのだろう。特に外交と防衛は、

キーワード(これは僕が勝手に思ってる)

世の中の動きが激しいぞ!

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ロックアイスは「硬水」で作ると硬そうだ・・・が

2012-09-23 18:13:40 | Weblog

ウィスキーや焼酎を飲むとき、冷蔵庫で作った氷や

コンビニやスーパーで買ってきたロックアイスを使う場合が多い。

冷蔵庫で作った氷はすぐ溶けるが、一袋200円ほどで売っている

ロックアイスはなかなか溶けないし、

グラスを揺らすとカラカラと鳴る氷の音がたまらない。

 

冷凍していた氷を出したとき、ふと「硬水」と「軟水」という言葉を

思い出して、単純に「この硬い氷は硬水から作ったに違いない」と

思いこんだが、・・・・・ちょっと調べてみた。

 

まあ早く言えば、日本は軟水、海外は硬水なんだと(大陸では硬水、

島国なら軟水、そう思っていただくといい。例外もあるが)

含有成分が違うってこと

だから料理をするにしても、飲料にするにしても

また保湿やお風呂などの美容にしても

ちょっと異質のもんと思わなければ・・・・・・・・・・・

 

で、本題

わしがチューハイを割ろうとしたロックアイスは

99パーセント日本製、つーことは、「軟水」だったのか

まあ、氷の硬さを硬水とダブラせる、そんな程度の低いわしの疑問を

ちょっとネットで調べたら、簡単に理解できた。

少しはカシコークなったというわけだな。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

息子のようなサーファーは都会からやってきた。

2012-09-22 20:07:04 | Weblog

近くにできたサテライトオフィスに、若いサーファーがやってきた。

住吉君!

関東から移り住んだ。

30歳半ば、波乗りが趣味!そしてもちろん海が大好きなんだって!

これはここのS・Oに与えられた特権、悔しいだろうけど山間部にあるS・Oでは

まず無理なことですわね。

 

で、本日、地元のおじさんや若いしを交えてのささやかな歓迎会

もう、その土地の言葉だけが飛び交う超ローカルな寄り合い

なのに彼、真剣に溶け込もうとして、ほんま好感もてます。

その歓迎会に合わすように、若い連中が船に乗って沖に、「アオリイカ」を

釣りに行ってました

ジャーン!かなりの数を釣ってきましたゾ!驚き!!!

まあこれはほんの一部ですが

「刺身」ですわね!

刺身に耐えれないやつは、焼いたりして・・・・・

いやいや、彼も感激、海辺にやってきた実感を味わったのでは

ないですかね。

皆様、今後とも「住吉君」をよろしくお願いします!

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

リスクをともなう代わりに

2012-09-21 18:19:02 | Weblog

この秋最初のイセエビ漁がはじまった。

各漁協ともまあまあの漁獲らしい。

単価の高いイセエビは漁師さんにとっては、重要な漁

夕方寝て、深夜に網を上げに行って朝までかかる大変な作業が

闇夜の期間中続く。

 

中国で行われている反日デモや暴動(沈静化しつつあるが)

日本企業などが中国で企業活動をするにあたって

そんな損失や困ってしまう部分を「チャイナリスク」と呼ぶらしい(実は

くわしく知らないが)

なにをするにも物事にはリスクがともなう。

うまくいけば万々歳のはずなのだが・・・・・・・

 

何やら話しがややこしく、難しくなってきたな

簡単にしよう。

海の側で暮らす漁師さんも、僕らも、あんな大津波がきたら

もうダメだとみんなそう思っているけど、そんなことばっかり考えていたら

生活してられない、一生懸命働いて、そしてこんな「イセエビ」の恩恵を

受けているのである。それを求める消費者の皆さんもね・・・・・・

そして、たまに僕らがいただく、商品にならない「わけありイセエビ」

味噌汁や鍋に入れても、焼いても刺身にしても美味いもんだ

リスクを考えるとさすがイセエビ、すごい値打ちがある。

 

海の側で生活してる者だけにあたえられる恩恵を大事にしていこう!

(話がまとまらんな、なんかおかしいクニ舛田でした)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BMW2002ターボ、40年も前の車だけどイイな!

2012-09-20 21:00:03 | Weblog

角ばったデザインも今だに好き!

あのとき(時代)にターボというのも好き!

当時、どう日本のメーカーがあがいても、欧州のテクノロジーには

敵わなかった。今でこそ優秀な日本製でいられるけどね

どうも、世の中で認められるっちゅうか、熟成するには

何十年の歳月がいるようだ。何を作るにしてもね・・

 

BMW2002ターボ、

昔々プラモデルで楽しんだが、本物を見たことがない

ターボもどきは乗ったことがある・・・・・

今でもBMWはうらやましいような車を作って、さすがだ

その中でも2002ターボは、僕にとって特別なものである。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加