クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

あーあ、歳はとりたくない

2007-05-31 18:08:48 | Weblog
白髪も強烈になった。でもハゲてない。そのぶん手足と眉の毛が超、うすく
なってしまった。つるつるの一歩手前だ。
眉の毛なんか若い時はつながっていたのに。
息子たちの毛深いのを見るとちょっとうらやましい。
体もかたい、重い、肩痛い、目、老眼乱視、歯グタグタ、なんてこったい!
このブログを書いている最中、前の県道をジョギングで二人、自転車レーサー
が一人通過した。いいなあ、若いって!!!!!歳はとりたくないーーーーー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月曜日、僕の家を訪れた方は?

2007-05-30 20:00:04 | Weblog
おととい僕の家を訪れた方、失礼いたしました。遠方より有難うございます。
息子から聞いてビックリしました。
私がおりましたら対応出来てましたのに・
名も知らないあなた、申し訳ございません。
もう一度おこし下さいませ、15時以降なら間違いありません。
本当にありがとうございました。では!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土佐の酒好き

2007-05-30 19:16:34 | Weblog
昔々、高知で一杯やった時の話じゃ。飲み屋のレジの前でへべれけになり、
歩けなくなった淑女を二人見た。同じ店でおなじ晩、二人も目撃した。
なんと言う国なんじゃ、怖いぜよ!まっこと豪快である。
僕の注文したドロメ(土佐名物イワシの稚魚か?)を見ず知らずの横に
座った淑女がこりゃまたうまいぜよと勝手に食べる。あっけにとられたが
横の彼氏もゴジャゴジャ言わん、・・・・すまんな兄やん
みな兄弟なんだ。けっこう気の荒い土佐人だがそこに連れていってくれた
男は酒も飲めない、顔はめちゃめちゃ坂本竜馬ふうだったが
すべて酒好きではない。でもそんなワケわからん、はちゃめちゃ人間が多い土佐に
惚れてしまうのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六甲の水ならぬカラス山の水を飲む

2007-05-29 18:23:44 | Weblog
僕の散歩コースはJRのトンネルの近くを通る。そのトンネル付近で
山の水が落ちているところがある。岩の裂け目のパイプからポタポタと
流れている。地中から流れてるが、いい天気が続くと止まってしまう。
ペットボトルを持ってでかけた。そこで満タンにつめて帰った。
味見は冷やしてからと冷蔵庫へいれる。
夕方、試しに一口飲んでみると、ウン、なかなかいける。
市販のそれらと変わらんようだ。焼酎の水割りにも使えそうだな。
とにかく上は何百メートルの山、その地中を伝わり流れているので
悪いものは入ってないようだが、水質検査をすると面白いかも知れない。
特別な水かも知れないゾ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

パグ犬、パクが脱走

2007-05-28 18:04:51 | Weblog
朝、早朝野球から帰ると外へつないだはずのパグ犬パクがいない!
首輪でない、たすきがけみたいな輪なのでゆるむと変な体型のパグ犬は
輪からするっと抜ける時がある。ユニフォームのまま車で捜す。
口笛をふいてグルグル近所をまわる。30分ぐらい捜してもいない。
ええい、どこへでもいけ、帰らなくていいとあきらめ、ユニフォームを
脱いでいると、200m前の県道を近所のおばさんの自転車のあとを
スタコラスタコラついて行っている。あわてて車で追っかける。
ちょっといったカーブで発見!「こらっ!」「あほ犬!」
変な顔して反省の態度しきりでした。やれやれ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野球を観戦

2007-05-27 17:12:28 | Weblog
阿南市桑野町にオープンしたアグリあなんスタジアムでドリームベースボール
とめいうった試合があった。ドリームチーム対阿南市選抜チームだ。
ドリームチームには金田正一氏、柴田勲氏、村田兆治氏らの名球会組と
達川氏、八木氏らのプロOB組との混成チームだ。気温は30度にも達して
いるだろう。観戦するほうもたいへんだ。それにしてもすごい観客だ。
数千人、いなかっぺの私はこんな観客の試合を数十年見ていない。
グラウンドも天然芝の緑が美しい。そしてなにより両翼100Mの広さ
またナイター設備にも感激、ナイトゲームも見てみたいものだ。
試合は超まじめの真剣試合、やはり引退してるとはいえ元プロ、体つき、
ボールの速さ、スイングが違う。満塁ホームランもみることができた。
いやあ、暑くて苦しかったけど今日は楽しい一日になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高床式は快適なのか?

2007-05-26 17:28:25 | Weblog
南洋に多い高床式の住居、涼しそうだが中は暗そう。電気設備は?
窓もないようだ。水、トイレはと・・考えただけで・・・エラクなる。
それに僕を含め、お年よりが多い家族は上り下りがきついだろうな。
住むにはペケだが男の隠れ家にするにはいいだろうな。
ぼくんちのバナナの畑に倉庫を兼ねて建ててみたくなった。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

バナナの木が大きくなった

2007-05-25 16:41:50 | Weblog
2~3年前に畑の隅っこへ植えたバナナが3m以上にもなった。
いつのまにやら、数本に株がわかれ、まだまだ大きく、まだまだ
増えつづけていきそうだ。
海岸まで50mぐらい、海ぶちとは相性がよさそうだ。
さすが南方系の植物だ。潮風にもつよい。
畑の入り口にも2本あるが土地がかたく成長が遅い。
何年かかけて、あと数十本植えるつもりだ。
夏がくるとイイ感じになるぞ・
バナナの葉っぱが南風にゆれている僕んちの畑...........
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マイナスイオンのシャワーを浴びて

2007-05-24 18:38:07 | Weblog
夕方、近くの峠まで歩く。森の中はひっそりと、木洩れ日と鳥のさえずりが
癒してくれる。20分も歩くと、ひたいに汗が・・
体にやさしいマイナスイオンをじゅうぶん浴びたあとは
体によくないアルコール飲料をやるつもりだったのだ。
クニ舛田のやりそなこと!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬王寺のお山も衣替えだ。

2007-05-23 16:22:05 | Weblog
町から薬王寺を望むと色の境界がクッキリと。
杉やヒノキの植え付けられたところは深い緑、薬王寺の裏山は
しいの木や、くすの木などの広葉樹ばかりだから若葉色で染まっている。
色の対比がすばらしい。
若葉色群が夏、秋と色を変えてゆくはずだ。
若葉色が萌え盛っているさまはバリカンで毛を刈られる前のモゴモゴした
あのヒツジの毛のイメージとだぶってしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加