クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

なぜか読んでみたい衝動にかられた!

2012-04-30 19:58:10 | Weblog

 街の本屋さんで目に付いた本

ちょっと立ち読みして、パラパラとめくってみると

イラストもいい!解説もマニアックだ。

 

「ゼロ戦」!僕らの世代だったら知らない者はおらんだろね

満州事変や太平洋戦争に従軍した祖父ちゃんや父から

日本軍の戦いぶりとか日本軍の兵器の話を聞いてきた。

僕は戦争を美化したり肯定する人間ではないけど、どうも

あの漫画やプラモデルの世界から抜け出せないようだ。

 

波乗りの雑誌も車の雑誌も、釣りの雑誌も、みんな欲しかったけど

結局、この一冊を買っただけになった。徳間書店、750円

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漂着物は中国製

2012-04-29 18:14:58 | Weblog

朝、散歩中、ルートを変えて波が打ち寄せる海岸を歩いてみた。

まあ長さ300mぐらいの海岸だけど、砂浜もないただのゴロゴロ石と

打ち上がったゴミ、木々、海草類などでゴジャゴジャ!

そんななかを棒切れを持って歩いてみると、いろんな漂着物にめぐり合って

ビックリしたり感動したり、謎めいたり、また気象や海流などの研究材料とも

なって(昔からビーチコーミングと称して確立されていた)

で、こんなやつが漂着しとった。なんか見たことあるようなデザインのパックもん

いちおう手に取って見ると、中国メイド、

このあいだの波浪警報が出とった日は、時化て南風も強かった。

中国本土から来たものなのか、船員さんらが捨てたものなのか・・・

推測、推理するのも、「ビーチコーミング」の楽しさ

 

思い切って、空けてみました。

クッキーでした。

書かれている漢字を見ればその中身をだいたいわかるのでありますが

ちょっとはビビリました。でも、ここまで乾燥状態がいいことは、製造技術が格段に

いいということがわかりますわね。

最後、僕が拾ってただのゴミとして処理されたが、海を介しての声もない

コミニュケーション、面白いね!

 

帰りしな、道路ぶちには

ツツジですか、

いい季節となりました。GWには四国へ徳島へ美波町へ、そして僕の村にも

お越し下さいな!

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さあ、これからも大変だぞ!

2012-04-28 20:42:12 | Weblog

ようやく田植えも終わって一段落した。

本日は近くに住む弟の田んぼの田植えを手伝った。

手伝いのかわり、一杯付きのごちそうをよばれて

今、帰ってきたところだ。

この地方では田植えも早くなって、だいたいの田んぼが片付いた。

昔とは1月以上も早くなったのじゃないかな!

 

お米は4ヶ月したら収穫出来るのだが

簡単に4ヶ月・・・だけど、これからが大変

除草、草刈、水の管理、防虫、台風、大水、日照り、病気等など

 

しんどいことばっかりだけど、秋まで頑張らんといかんですわね。

ちなみに、僕の作ったお米は「パシフィック・コースト・ライス」と呼ばれ

いろんな方からお買い求めのオファーがあって、ちょっとうれしくなる。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

僕の村にサテライトオフィスが

2012-04-26 17:54:11 | Weblog

詳しいことは順次アップしていくが、僕の村の、とある施設で

都会のIT関連の会社が仕事をする。5月に入ってからかな?

サテライトオフィスがここでも可能となったわけだ。

まあ、そのお仕事をする環境(ネット系)は光ケーブルで網羅されているし

こんな田舎でも都会以上の働きを見せる・・・という。

僕はほん家の前の建物であるのに、敷地内に入ったことも(昔、選挙の

投票で入ったことがあるが)もちろん、その部屋を見たこともない。

とにかく、地元住民としては歓迎すべきことであるし、ぜひスタッフの方々と

早く知り合いになりたいと思う。

 

釣りやサーフィンをやって、畑や田んぼで汗を流して、仕事もする。

そんなコンセプトでのサテライトオフィス美波、

なんか興味があるなあ。

最初に述べたが、わかった情報はそのつどアップしていこうと思う。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さあ!GWが近い!そこで

2012-04-25 17:57:48 | Weblog

すっかりと近代日本に定着してしまったゴールデンウィーク

僕らが幼少のころは、行楽地へ出かけたり、連休で観光客が

ごった返すだなんてそんな記憶はない。記憶にあるのは

ひたすら「田植え」・・機械化もされていない手で植えるあれ

農家の大事業だったような気がする。

 

あれから50年、今年のGWは5月の1と2を休めば、なんと9連休も

休めるらしい。

素晴らしい!お金とヒマに余裕のある人は、どっさり散財してお国の

ために寄与しましょう。

が、ふと思ったのだが、考えようによったら家で無駄な電力を使わずに、近辺の野外で

アウトドアーな生活を実践する。電気はもちろん、食べるもの、ちょっとサバイバル的

に生きてみる!いざという時の生き抜く練習を兼ねてね、小中では「野外学」として

必須科目にする。

それが、国家のためにもなるということ・・・・特にこれからの電力事情とかを考えたら

国民皆兵ならぬ、国民皆遊制度も考えたらどうでしょうか!?

実践家族に減税などの優遇措置を与える!

あかんですかね!あかんですわね。まじめに仕事をしないやつが

増えたりして、アウトドアズマンばっかりになるな!

国が滅びますわ!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tシャツで過ごす夜、今年初めてだ!

2012-04-24 19:52:45 | Weblog

Tシャツもいいが着ている男もすごい体格だな。

僕の後ろ姿なのだが妻に頼んで撮ってもらった。

午後の8時を回っても、なんと22℃もある。本日、田植えで忙しかった僕は

それが終わって、こんな夏バージョンで過ごしていたが

なんのなんの、気温が下がる様子もない。

とうとうこの映像のように、夜、寝る時間が来たというのに

こんなTシャツで過ごさせてもらっている。

 

あったかいのはいいと思うけど、ちょっとベタづくな!汗が出てくるだ。

お風呂嫌いの僕でも、なんかサラッとしたくなる夜なのである。

 

このあいだまで、フリースや防寒ジャンパーのお世話になっていたのに

なんということなのだろう。

外はゲロゲロ、あいかわらずのカエルの大合唱

そんな合唱を聞き、足でふとんを跳ね上げる・・・

夏序章みたいな夜になりましたね。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今年の夏は暑いぞ!

2012-04-23 20:26:53 | Weblog

それは電力不足、

原発が無い夏を経験するかもしれない。

僕はその是非をああじゃこうじゃ言うにも、まだ整理が出来ていない。

日本人は耐える力に秀でていて、我慢強いというのは世界屈指でもある。

意思強固な民族であったかも知れない。今まではね・・・・・・・・

でもな、これだけ贅沢で心地よい生活に慣れてる僕らが

耐乏生活を強いられるのは、2年目になる。

 

そろそろ、自分の家の暑さ対策を考えておかんといかんな!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「とくしまマラソン」を予定通りに

2012-04-22 18:21:47 | Weblog

「とくしまマラソン」・・何年か前から開催されて、それがランナーたちの間で

噂、人気ともなって四国では最大規模だと聞いている。

で、その大会は本日だった。

ここ県南では朝から雨がシトシト、ときおり雨風が強くなって

外へ出る天気ではなかった。警報も出ておった。

でも同じ徳島県でも市内の方は天気も違う

また参加者もどえらい数、ゲストランナーの高橋尚子さんだって

この日のために・・・・

ボランティアをはじめ大会関係者もこの日を中止とか延期に

するわけにはいかんだろうね。

まあ無事に終わってなによりであろう。お疲れ様です。

近所からも知り合いがエントリーしてるようだが、さてタイムは・・

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

大荒れになるのかな!

2012-04-21 22:44:27 | Weblog

田植えを予定していたのに

こんな状態だから、朝から止めていた。

日曜も大変な気候になるらしい。

嵐みたいなとんでもない日になるといっておったが

明日の(日曜)天気は・・・・・・

どうも気になるな!

 

なんな!週末が来るたびに、雨ばっかじゃないか

なかなか

っちゅうか、

簡単にいかんぞ。早速の困難にぶち当たっております!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カエルの唄が聞こえてくるよ!

2012-04-20 21:10:43 | Weblog

ゲロゲロ、ゲロゲロ

すごい数だ!

大合唱かと思えば、一瞬にして静寂の音頭をとったりしたり・・・(シーンとする)

よーく聞けばけっこう騒々しいのだが、ちゃんと音符?が

一定しているので気にもならなくなる。不思議だな!

波の音が気になって寝れない人がいないように(たまにいるかも知れないが)

うるさいけど、それを意識しないかぎりどうってことない

自然ってうまく出来ているんだなあ。

 

これから数ヶ月は、この生き物の鳴き声といっしょに暮らすのである。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加