クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

一匹のはぐれ猿がやってきた!

2011-05-31 18:46:24 | Weblog

午後、町から帰ってくると何やら家の前の畑で

動くもの発見!

大きな猿だった。それも一匹

大胆にも家の前に下りてくるか!

根性も素晴らしいが、なによりもその体格

ずっしりと、大きくて貫禄すらある。

感心しとる場合やないぞ!こりゃ~~~~~っ

あいつ相当びっくりして、慌てて裏山のほうへ逃げ込んで

行きました。僕も石ころを片手に駆け上って行ったんですが、

息がゼーゼー、猿の逃げ足にはかないませんわ!

山の上で「キー、ギャ~」まだ悪態ついてます。

後で、おばあちゃんにそのことを伝えて、

気つけなあかんねと言いながら畑を見てみると

じゃがいも、ちょっとやけど

パクられておりました。

おばあちゃんが植えとったやつ

ちっ、しょうがねえな!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アカメはロマンだなあ

2011-05-30 19:03:09 | Weblog

アカメ(赤目)はスズキ目、アカメ科

肉食魚だから他の小魚などを捕食する。

名前のとおり目が赤く光っとる。ビー玉みたいな目ぞ!

西日本の太平洋岸だけにおって河口や淡水が混ざっとる

汽水域というとこを好んで住んでおるんじゃ。

大きいのは軽く1mを超えて、目方も20kg~30kg、そんなの

ざらにおる。高知の四万十とか奈半利、物部などの河口などのが

有名じゃが、徳島では僕の近くの町、海陽町浅川いうとこにある「海老ヶ池」の

アカメが特に有名じゃの(まあ、僕の勝手な話ですけど)

でも、昔からこの池にはアカメがおるっちゅうのはよう知ってて

釣りは試したことはなかったが、この池(池いうても大きい、海とつながって

いる)の近くの古老の話などを聞いていた。

「そりゃ、化けもんみたいなんがようけおったんじゃ、イナを餌に

ようけ釣った!」などと・・・・・

27~28年ぐらい前の冬、強烈な低水温でここ「海老ヶ池」の

アカメもプカリと浮いてしまったのもある。

岸に手繰り寄せ記念に撮った。

僕が保存しとった写真がこれ

50cmはありそうじゃ、僕の靴(オニツカタイガーですわ)が27cm

ぐらいやけん、・・・・・・・こんなんが浮いとった。

ということは、海老ヶ池におるいうことやな、間違いなく

 

あれから、数十年、

あの池のあのアカメたちは、生き延びとるのがおったなら、大きくなって

目を光らせて、エサを追っているのだろうか、月明かりの中、波紋を広げて

ロマンだなあ!

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

なんにもしなかった2日間、台風2号

2011-05-29 17:25:23 | Weblog

季節外れ?の台風がやってきた。

台風2号。さすがに日本に近づいて温帯低気圧に変わったが

それでもヤバイなあ。なめるわけにはいかん

この2号、雨をもたらしてくれて、枯渇気味の谷や森

にじゅうぶんな水分と水量を得た。

当然、田んぼにも・・・・・

まあ当分は確保できた。ありがたいね!

おっと、ほんで本題!

この台風のおかげで2日間ごろごろしとった。

テレビ見たり、このようにソファーで昼寝したり、しまいにパソコンの前で、

年末の年賀状に使うあて先登録までやっていた。

昔のやつが消えてしまったので最初から

150件以上も書き込んだけん、目も肩も凝りましたわ。

まあこの2日間、やった仕事といえば、山奥に仕掛けとる

田んぼ用のポンプを止めに行ったぐらい、

ごろごろしとっても、「あ~あ、ゆっくり出来た!」とは思わんですよ

仕事はいくらでも、後から後から、どっさりあるんですから・・・・・

 

夕方、ちょうど2号が一番近づいとるときの映像がこれ!

夕方の4時ごろ恋人岬より

まあ、影響が無かってよかったですよね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

着れるわけないけど。40年前のコットンスーツ

2011-05-28 16:55:01 | Weblog

いまだにタンスの奥にしまっておいた。

ちょうど40年前に買ったVAN社製のコットンスーツ

アイビーの基本形がちゃんと守られとる。

ちゃんとあのロゴマークもほれ!

ちょうど今の季節ぐらいに着たらカッコいい

で、こいつ、何せ小さい。

そりゃそうさ、体重も50kg後半~60kg前半ぐらいしか

なかったときのもん。

あれからとてつもなく体型変化してもた。

とりあえず着てみた。

もうパンパンのきつきつ、

力を入れれば縫製が吹っ飛んでビリっといきそうですわ!

とにかくビンテージもんなんで、ハンガーにかけて

またタンスの奥でじっとしてもらっときますね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

上陸を試みる海がめ

2011-05-27 22:27:35 | Weblog

あの大浜海岸では夜間の交通規制がはじまっている。

海がめの保護のため。

夏場に上陸して産卵する。ちょうどこれから

お盆ぐらいまでがシーズンだ。

今日みたいな、けっこう波気があって真っ暗闇でも

上陸するときはする。

あっ、でも、波が高すぎるかな!いくらなんでもな!

 

まあ、海の中、暗闇の海の中で

こうやって、上陸のタイミングを計っているかもしれない。

 

たくさん上陸して欲しいけど、天変地異や台風の襲来年には

察知して上がらないというから・・・・・・さて今年は

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨に入ったんだって、ジメジメやだな!

2011-05-26 16:23:57 | Weblog

中国、四国、近畿地方が梅雨入りになったらしい。

いつもより10日も早いというから、いやな天気が10日も長くなった

この写真は我が家の2階から撮ったもの、小さな雨が降っている。

ついでに

こんな感じで雨が降っている。

僕は梅雨空のあの鉛色を意識しただけでものすごい

圧迫感と閉塞感でむかむか吐き気までもようしてしまう。

気分がごっつい滅入ってしまうな。

それとあのジメジメ、洗濯物は乾かんし、部屋や体まで

カビが生えてきそうじゃ

あの青い空とまぶしい太陽がやっぱりええんだろね!

まあ梅雨明けは40日も50日も先、なるべく天気や空のこと気にせんと

梅雨の風情でも楽しんでやろうか・・・ぐらいで行きますかな。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「・・けん」はごっつい方言だった。指摘されて気がついた。

2011-05-24 18:10:52 | Weblog

いきなり懐かしの連ドラ「ウェルかめ」のテッシー浜本が出てきた。

「ほんな行くけん」と言ってる。正式には「ほんないっけん」と言うが

標準語に直したら「それでは行きますから」という意味

このあいだ、僕の宿にお越しいただいた近畿地方の中学生らに

指摘された。

「このあたりはけん、けん言うんですね?」と・・・・・・・

 

何を言われとるんかもようわからなんだが、ふっと気がついた。

「ほな、クニ舛田の宿へ行くけん」

「何にも無いとこやけんな」「ほんでも静かでええとこやけん」

「ひまが出来たら散歩に行くけんな」

なんて、けん ばっかり連発しとった。

そうか、いままで、とかじょ~ とかはもう方言中の方言だった。

「行く 」や 「行くんじょ 」など、

もうこの町では100%の使用率、有名率だったと思うが

そこに「けん」とは思わぬ伏兵がおった。

やっぱり、第三者の目っちゅうもんは大事やなと思った次第である。

いままで気が付かなかったことじゃ!

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今年は台風の当たり年になる。そんな気がするけど。

2011-05-23 20:54:20 | Weblog

あくまでも僕の予想なのだが、

ちょっとそんな気がする。

その理由①  雨が極端に少ない・・・・・・ある人に聞いたけど、雨の量はだいたい

          年間これぐらいと決まっているらしい。で、今、少ないっちゅうことは

          その埋め合わせが台風ということだ。またある農家のおばちゃんが

         言ってた。「田植えの時少なかった水が稲刈りの時に降る!」と

その理由② いままでに台風が来なかった・・・・・6~7年前にどっさり上陸したことが

         あったきり、上陸していない。そろそろ来るんではないかな

その理由③ 東北が困っているのに西日本にも追い撃ちをかけるように

         そんな天災が・・・・世の中とはそんなもんだ。よくあることだ。

その理由④ 発生頻度が順調過ぎないか?・・・(現在2号がフィリピン付近を北上中)

         僕は統計的によく知らないけど、どんなんでしょう?

 

台風だって怖いもんです。いろんな被害をもたらしますからね

僕の予想が外れるといいんですけどね。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

海が盛り上がった!

2011-05-22 17:53:21 | Weblog

この絵は僕が空想して描いた。

あの3月11日、14時46分ごろ、東北沖の太平洋

突如として海面が盛り上がったと思う。

幅も長さも、とんでもない規模で

 

その時、海底の様子は、絵にも表せないような世界だろう。

地底がズレたり、跳ねたり、動いたり、想像の域を逸しとる。

津波メカニズムの図解は見たことがあっても

こんな絵を誰も描けるわけがない。

 

とにもかくにも、この一波からはじまってしまった。

日本を不幸にした憎っくきアイツ、この絵をみて

何かを感じてほしい!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界のGT-R、その系統を所有しとるのは自慢だ!

2011-05-21 18:24:56 | Weblog

僕の32GT-Rは平成2年式、21年前の車

走行距離12万キロ

ターボがへんなところで効きだすのが気になるが(クラッチが滑るような

感覚)まだまだ元気だ。

スカイラインGTーRとは呼ばないけれど、現在のnissan GT-Rは

まったくの別車種ではない。まぎれもなくその系統を引き継いでおる

サラブレッドなのだ。だから僕のGT-Rは親戚にたとえると、

おじさんぐらいにあたるんだろうね。

ちょっと昔、知り合いの外国人に「スゴイ車乗ッテルね!」といわれたこと

あります。

USAでもヨーロッパでも

GT-Rはごっつい有名やけんね

でも現在のGT-R、お目にかかったこと3回しかありません。

一回は乗ってみたい車だけど、まず無理かな。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加