クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

東京スカイツリー、名物になるんだろうな!

2010-10-31 17:05:13 | Weblog
建設中でも、ああじゃこうじゃと言われるんだから

完成したら、どうなるんだろう。

一生に一度はここの最上階に・・・・と

日本人なら思うかも知れん。

一回は富士山のてっぺんに・・というあれじゃな

こんなことを思う田舎の人を「おのぼりさん」!?と言います。


僕はいままで東京タワーの近くを通ったことが一回

あるだけで、別に、興味も沸かんのですけど

まあ、一回は500mもの建物から下界を見渡して

足っちゅうか、お尻がこそば~になるおもいを

したいのですが
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

花火って魂をゆさぶるんだな!

2010-10-30 20:38:08 | Weblog
本日、台風の影響もなく(主催者は大変な目にあったけど)

無事に「全国伝統花火サミットIN美波」が行われた。

美波町では「赤松地区」の吹筒花火が有名だけど

全国各地から「手筒花火」や「仕掛け花火」の保存会の

人たちがこの町へお越しいただいた。


暗くなって、旧日和佐高校グラウンドにて、各保存会の花火をご披露

された。

もう、言葉では伝えきれません。

迫力、美しさは、もう当然ですけど

この花火、心を揺さぶります。

暗闇に燃え盛る炎(花火)は心と言うより魂を揺さぶりますね。

伝統、文化、町おこし、活性化

そんなキーワードをこのイベントから教えていただきました。

大成功でしたよ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

こんな飲み方もあったんだな!

2010-10-29 18:54:23 | Weblog
ハイボールはちょくちょくやってる。

ウイスキーをソーダで割る。

でも、やっぱり水と氷のオンザロックが一番好きですわ!

まあそれは置いといて


ちょっと昔の(と言っても30年くらい前)雑誌を見てたら

サントリーのSPARKLING NEWYORKと言う

金髪のきれいな女の人が出てる宣伝があった。

テレビでもよくやっていた記憶があるけどな・・・・


そのなかで、白ワインをソーダで割るというのがN・Yで

流行ってるんだぞ!とあった。軽さとはじけ具合がたまらんとも

まあ、今の時代でもそんな飲み方あるんか、ないんかも知らんけど

ちょっとイケそうな気がします。

このあいだ、安もんの白ワインをジュースみたいなつもりで

やったら、エラい悪酔いしたような・・・・

今度はソーダで割って、ニューヨーカーみたいに、カッコつけて

飲ってみますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍馬伝、「落命まであと」・・と言うのがせつない

2010-10-28 18:29:39 | Weblog
龍馬伝はだいたい見てる。(何回か見逃したが)

いよいよ最終章へ

11月の28日が最終回らしい。

いつも

ドラマの最後のほうで、あの岩崎弥太郎が

「龍馬、落命まであと○ヶ月がじゃ!」




近江屋で暗殺されるっちゅうのはよく知っとるし

その日が33歳の誕生日だったちゅうのも知っとる。

中岡慎太郎さんも一緒だったというのも知っとる。

中岡さんは30歳だったんぞ!


そんな最後をちょっと知っとるだけに、せつないなあ!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

男性化粧品のブームが始まるきっかけがあった!。

2010-10-27 20:22:54 | Weblog
この絵は、まったく似とらんが

チャールズ・ブロンソン

あのマンダム(化粧品会社)がこの俳優を起用した。

男が化粧品を使うやなんて、想像もしてなかった何十年も前

やってくれました。大ブレークして、以後

化粧品の世界がその重要性を(男だって需要がある!)

なんやかや言いながら、ずっと続いていますからね・・・

それにしてもカッコよかったです!ブロンソン!


だけど、僕が始めて知った男性化粧品は、あの

資◎堂のMG5、チェッカーフラッグみたいなデザインが

よかった。・・・・いまでもヘアートニックはMG5!

でもな、基本的に僕は、

男は!

そのままでエエ!

なんちゃ、化粧品を使わんでも、素のまま

顔を洗って、歯を磨くだけ、

「日焼けした顔に白い歯」、・・・そんで良いと

思っとるわけなんですが。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

山芋堀りの季節が来た!

2010-10-26 19:44:00 | Weblog
天然もんの山芋です。まったく人様の手が加えていない

本家本元、山に生えている山芋。


いまはまだ気温も高く、木々の葉っぱも色付いていないけど

もうちょっとすれば、その山芋の葉も黄色くなって

在りかがわかるようになる。

ツルをたどって地中を掘り進んでゆくと、芋が底へ底へと・・・

芋自体が軟らかいので途中で折れたり、つぶれたりするときが

あるけど、最終まで掘り進むと(素手とドライバーなどを使って)

まるまる一本地上に姿を見せられる。

大きいのになると腕の太さぐらい、長さ1mを超えるようなやつも

当然、畑などで栽培しているやつとは一線を画している。

ねばりけ、風味、口あたり、言葉では言い表せません!

滋養強壮にもバツグン!天然もんはほんま貴重なもんです。

ただ、掘るにもコツがいるし(まず素人にはダメ、気の短いのもダメ)

それに今、世の中を騒がせているクマやイノシシに襲われるのも怖いし

もうすぐ始まる狩猟で間違って撃たれるのもヤバイぞ!

でも僕はもうちょっとしたら行くつもり、早う行かんと

夜のうちにあのイノシシが上等の山芋を掘って食うてしまうけんね



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ドヒャー!このイベントを協賛することに

2010-10-25 19:26:05 | Weblog
来年の春、ということは新春

SENBA COASTAL TRAIL RUNNING RACE 2011という

まあ、海岸ぶちの山々を駆け抜ける競争がある。

美波町の千羽海崖(太平洋に面した壮大な崖、切り立って

高さ200m以上にもなる)周辺の山道で行われるらしいが

なぜか、「農家民宿クニ舛田」が地元協賛という形で

そのレースを支えることとなった。(支えるだなんて・・ちょっと

カッコいいな)


で、そのポスター(フライヤーと呼ぶそうですけど)に

ちゃんと、載ってしまいました。

詳しく見れば、ホレ!



なんか照れるなあ!

協賛にはあの「THE NORTH FACE]をはじめカタカナ名のカッコイイ

会社や、後援にはNHKや四国放送、徳島新聞社などが・・・

そんななか、「農家民宿クニ舛田」は?、なんなこれ!ですわね。

でも、それが逆に妙に新鮮で、カッコよくみえたりするから

面白いですね。

とにかく、後3ヶ月、レース当日も含めて、ちゃんとお手伝いしますね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夜の雨はなぜか落ち着く!

2010-10-24 18:24:14 | Weblog
天気予報がちょっとズレて

ここらへんでは夕方から降り始めてきた。

今、外はけっこうな雨音がしている。

春や夏みたいに、かえるのゲロゲロも虫の鳴き声も

一切聞こえない。

ただシトシトと雨音のみ。

ここら、田舎の田舎やから、車の音から人の声なども

なんにも聞こえませんしね。

ええねえ!

僕はこんな秋の夜の雨、ごっつい好きです。

落ち着いて、なんやら落ち着き過ぎて

ぼんやり、じっと、何にもしないのがもったいない

ような気持ちになります。でもほろ酔いだし、このついでに

さあ寝るか・・と思ってもまだ・・19時

こまったなあ・・と

とりあえずNHK「龍馬伝」見て寝ることにしますわ。

雨音を子守唄に寝ましょうぞ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

妻のふるさとの運動会は楽しかった。

2010-10-23 18:01:50 | Weblog
徳島県のカリフォルニア、美波町でも

僕の村はパリパリの海のそばだから

さしずめサンタバーバラかサンクレメンテみたいなところ

かたや、妻のふるさとは同じ美波町(カリフォルニア)でも

ヨセミテ国立公園があるシエラ・ネバダ山脈のふもとみたいなところ

夏涼しくて、山がきれいで、水澄んで、ごっついいい所です。


今日、そんな村の共楽運動会に参加しました。

村中のお年寄りから、ちびっこまでいっぱい集まってきて

で、ここの会場がすごいです。

「玉厨子農村公園」・・・・そりゃ広くて整備が行き届いて

木々のオゾンあふれるすばらしい地元の広場でした。

今年初めて、ここで運動会を開催らしいですが

競技プログラムも20以上を用意してますし、放送設備、

運営スタッフもそこらの運動会よりちゃんと出来てます。

妻も古里のおっちゃん、おばちゃんから「よう来たな!」

「あれま、珍しい!」とか言われて

気分よく競技に出てます。僕だって負けずに・・・

賞品もいろいろ、バケツ、ほうき、ティッシュ、かご、はさみ、

サランラップ、ガムテープ、他いっぱい。

夫婦でどっさりと稼いで、

楽しい秋の一日を過ごしたのであります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サーフボードと一緒のお遍路さん

2010-10-22 19:03:48 | Weblog
すれ違ったとき、「んっ!」

いまの何だったんな?長い荷物はサーフボードか?

ちょっと気になったんで、引き返した。


このお遍路さん、快適に下り坂を、そして左手に壮大な

太平洋を眼下に見ながら自転車を走らせてます。


僕は気合をこめて

「ちょっと!ちょっと待って!」


その真っ黒に日焼けした自転車お遍路さんは

背の高い、男前、メチャサーファーっぽい、若いお遍路さんでした。

僕はサーフボードを持ったお遍路さんを見たことがなかったので

そのことを聞くと

和歌山から来たとのこと。波乗りをしながらお遍路さんを・・

今さっき、僕の近所のポイントで波乗りをやってきたんだと

礼儀正しい若者でした。


写真を撮りっこしたり、名刺を渡したり、

そこで、そのお遍路さんが僕にくれた紙片のメモをたよりに

検索してみると、

なんと、お遍路さんで日本全国サーフィン自転車旅らしいです。


{きっさんのお遍路サーフィン自転車旅}

こんなんをヒントに検索してくださいね。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加