クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

電柵、もはやこれ無しでは農業が出来ない!

2017-04-26 18:12:16 | Weblog

今日も野生ザルに新玉ねぎを盗られたとおばあちゃん。

うちに犬が居てこれだから。

田植えが終わった圃場には、どの田んぼにも

電柵もしくはネットが必要になる。

伸び始めた稲をシカが食べにくるし、

イノシシが田んぼで遊ぶし、熟れかけた頃には

サルといっしょに食べにくるわで、この辺りでは必需品。

でも、美しいのどかな村に電線が張り巡らされていたり、

ポールが乱立してるのはちょっと窮屈だな。

行政からの補助等で設置(電柵)は進んでいるが、こんなんで

鳥獣害対策の決め手とされるのは・・・ウーン!?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さあ、いよいよGW!

2017-04-25 18:53:12 | Weblog

今週末よりゴールデンウイーク、

二日ほど有給休暇をもらえば9連休の人も!

みなさん、大移動をしてくださいね!

遊びまくってください。

ワシはまあ、予定はほとんどありません。

美波町のヨセミテ峡谷、妻の実家に行くぐらいです。

片道十数キロの旅です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖に浮かぶイカダ群は?

2017-04-24 19:19:04 | Weblog

これ、明日から始まる「モジャコ漁」の

蓄養用のイカダ。

ここに僕らが大好きな「ハマチ」の

稚魚が飼育されます。

潮目などの藻に付いたハマチの

稚魚(わずか数センチ)を網で捕獲、

ここで育て、養殖業者に売る設備なんです。

 

詳しく述べたら長くなってしまいます。

けど、回転寿司で食べる「養殖ハマチ」

まず最初、こうして稚魚を採捕する漁師さんが

いて成り立っているのですよ!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご主人を待つ!

2017-04-23 18:12:53 | Weblog

うちの犬(クロベー)を田んぼの補植作業に

連れて行った。

ワシが田んぼの中に居るあいだ、

こうやってトラックの荷台で待ってくれる。

さすが盲導犬や介助犬になれる犬だな。

番犬、狩猟犬にはまるで向かんけどな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショートモヒカンっぽくカット!

2017-04-22 18:39:35 | Weblog

40代、50代に比べて

髪の量は半分に、

そして白髪具合は倍になって

しまいました。

それでも暑苦しくなってきたので、

モヒカン刈りを頼みました。

ワシらの歳では「迫力、オシャレ度」はまるで

ありませんわ。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

野ブキも出てきたよ!

2017-04-21 18:42:31 | Weblog

サクラも散ってしまった。

田植えも進み、春全開っちゅう感じやね。

朝の散歩コースに野ブキが群生してる

所がある。

まだまだ小さい。

これからどんどん大きくなるけんね。

この山菜、いい香りといい味、食感を出す。

本日、違う場所で神戸ナンバーの車が、

道端に止めて、おじさんおばさんの4人組が

野ブキをつんでいた。

都会の人たちには最高なんだろうね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まあ運河やね、ここを抜けて漁に出ます。

2017-04-20 20:12:35 | Weblog

パナマ運河、スエズ運河、

それによく似た運河が

ワシの近くにあります。

が、長さ約200m、幅15m(笑う)

漁師さんはこの水路を抜けて

太平洋に出ます。

奥にある港、「亀井港」と言いますが

よく分かる人はそんなにいません。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜になっても20度オーバー!

2017-04-19 20:28:14 | Weblog

20時を過ぎて、もう寝る時間が

きたのに室温は22度もあります。

ちょっとムシムシ、外ではカエルがゲロゲロ!

でも今がちょうどいい季節かも・・・・・・

7月~8月ともなると軽く30度オーバーにも

なりますんでね。

さて、カエルの大合唱を子守唄に

寝ることにしましょうか。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラコステのポロシャツ。

2017-04-18 20:00:59 | Weblog

今でもあるのかな「ラコステ」!

まあテニスウェアでもあった。

こんな清々しく、清潔感あふれて、

汗の匂いさえかき消すような

色合いとデザインはさすが、

これ、若かりし頃の「クニ舛田」が

着てたもの。

あれから40年、

腹が出すぎたジイジには、

ボーダー柄は絶対に似合いません。(笑う)

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の描いた過去の絵から。

2017-04-17 18:02:14 | Weblog

サーファーの波待ちを海底から

とらえた絵。

サーフィンフィルムとかには

下から上を見たシーンはよく登場する。

だがサーファーのほとんどは、海面下の

姿などは気にしない。

 

昔、あるリーフで一人で波乗りを楽しんで

いたとき、自分の足にまとわりついてきた物が・・・

はじめ、うわ~「サメじゃ!」と思った。

ムニュムニュゴネゴネ!  

それは「ワカメかアラメ」などの海藻であった。

 海藻がユラユラ、

その海底との浅さにも驚いたがそれ以降、一人で波乗りは

怖いもんだなと自覚をした記憶がある。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加