クニ舛田のパシフィックコーストライフ

還暦を過ぎた海好きオジさんのいきいき生活!
人生を楽しむコツが絵日記を中心に!

漬物用に干す大根。

2017-12-11 17:17:46 | Weblog

寒風の中にさらされる大根、

けっこう立派でしょう。

おばあちゃんが種をまき、間引きをし、

肥料を与え、ここまでに至りました。

土づくりも大変ですが、お漬物にする

ここまでの過程、これからの過程がやっぱり

日本人の誇りでしょうか。

あと何日か干して、

おばあちゃんマジックが始まります!

どんな沢庵が出来るのかな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿瀬比の灯台(アセビ)、同い年なんやって!

2017-12-10 17:19:14 | Weblog

今でも毎晩、遠いところまで

海の安全のため、灯りを放ち続けてます。

近くにあるけどかなり高所にあって(当然です)

今まで数回しか行ったことがありません。

この灯台、ワシが生まれたときに完成したんやって、

セメントやらの資材類はみんな人力で運んだと

聞くし、大変な労力があってのことは

間違いありません。

現在も係員が徒歩にて点検整備、

老朽化とかを考えても、よく頑張ってるな!

そんな気がします。

最近、ここへのハイキングがちょっとした

ブームになっていると聞きました。

ぜひ、ハアハアゼーゼー、老体に鞭打ってでも

行ってみたいところです。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

育てたレモンを入れて!

2017-12-09 17:02:33 | Weblog

大好きな「チューハイレモン」を

やってます。

輪切りのレモンを入れてね。自家製レモン、

鉢植えを畑に移植したら、4~5年後に

 

こうなりました。

高さ3m以上、実も生りだして品質も上々!

完全無農薬、

徳島県のカリフォルニア「海部郡」そのなかでも

最高の暖かさ美波、

そこでも、うちの村が太陽サンサン、ポッカポカ!

「サンキスト田井」と

呼ばれる所以です。(笑う

冗談ではなく、レモンを地元の産物にすべく、

もっと苗木を植えねばと思っちょります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変なダイコンだな!

2017-12-08 21:25:28 | Weblog

昔々、こんなダイコンが抜けてきたことがあります。

漬物、すり大根、おでん、ブリ大根、・・う~ん。

どうやって食べたんでしょうね?

思い出せない。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千葉産の落花生、こっ、国産ですわ!

2017-12-07 17:22:33 | Weblog

千葉県に住む妻の姉夫婦が送ってくれました。

ワシにはアテ用のピーナッツが。

もちろん千葉産、なかなか国産のを

探そうとしても見つからないのが

ピーナッツの世界です。

ピリッとナイロン袋を破ると、

何とも言えないあの香りが・・・

そうです、「底豆」と呼ばれ、

日本各地で自家栽培してたやつ。

この頃は自分で育てる農家さんも

少なくなりました。

で、高級品落花生をポリポリとやってます。

「美味い!」

ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海に浮かぶ絶景!

2017-12-06 19:21:26 | Weblog

こんなもんが普通にあります。

絶景・・・・

世に出していいのか、

シークレットで置くべきか?

わしのまちは

ふところ深過ぎる!

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鶏と犬、十二支ですわ!

2017-12-05 19:15:53 | Weblog

ビーチサイドの鶏、(捨てられた地鶏)

そして、来年の干支、犬

うちの犬クロベーです!

仲良く

共存してますよ!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林の中を散歩!落ち葉を踏みしめる音が*****

2017-12-04 16:47:15 | Weblog

昨日のこと、家の近くのお遍路さんも歩く

「四国の道」を散策。

海抜100mぐらいまでゆっくり上がって、

そして海岸部まで下りてくる。

何べん休んだか分からないが、とにかく

空気がいい。小鳥のさえずり、ザッザ!

落ち葉を踏みしめる音が心地よかった。

自然豊かな生活圏を楽しまんとね。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わしの好きなビールが!

2017-12-01 17:57:09 | Weblog

来年の春ごろ値上げやって!

まあワシ、何でも飲めるんで、

そんなにコタエませんが、世の中

税金もぶれ、

人口も減り続け、

質素に生きる時代が来るかもです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加