Blue Period ~out of the aEther

蒼き時代はエーテルの彼方へ。このブログ、閲覧・御意見無用也。

eX;Luminous report #22

2012-07-29 20:15:24 | bimota db4

325_162 負圧キャブのような感覚とはいかないまでも、戻ってきたdb4の調子は良いと思う。

SAから出る時、僕のオートバイをじーっと見ている人が居た。

「興味があるんですか?」

「えっ・・・・・あ・・・・・はい」

「止めといた方が良いですよ」

「でも一度は乗ってみたいってゆうか・・・・・」

興味があるのなら一度試乗してみれば良いと思う。人生は一度だし、ビモータだってMVアグスタだって、良く考えればオートバイの一種類に過ぎない。

あ、でもアレか。次のPAまで交換コしても良かったな。ZRX1200、ちょっと乗ってみたかったし。

ま、そんな訳で海を見に行った。

帰り、ドゥカティ・ディアベルが走っていた。リアタイヤの太さが尋常じゃないな。

しかし今日は(も)本当に暑かった。オイルクーラーもう1個欲しいぐらい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くらやみの速さはどのくらい

2012-07-25 21:14:58 | 本と雑誌

41ppht7kkml__sl500_aa300_ エリザベス・ムーン著。

自閉症者と呼ばれる人間、正常者と呼ばれる人間。・・・・・どちらも同じ人間。

人間の正解って、何だろう。

正常者の条件って、何だろう。

「他人と違うという事は、決して間違った事じゃない」

・・・・・延々と続く疑問が胸を打つ。

ルウ、君は決して間違った選択をしてはいないし、その結果君がどんな人間になろうと、それはすべて君の価値になるんだ。

って、思いながら読んだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eX;Luminous report #21

2012-07-25 20:51:42 | bimota db4

325_161 約2ヶ月の修理期間を経て、僕のオートバイが帰ってきた。

今のところ快調そのものだと思う。

エンジンが過熱してくるとアイドリングが上がって下がって、と微調整は必要だろうが。

全体的に薄めのセッティングなので、エンジンが暖まるまでは少しパンパン言う。充分暖めてからは、確かに淀みなく吹け上がり、全域でパワーが乗っている。ゼロ発進も追い越し加速も、僕には充分過ぎるほどにパワフルだ。

また、週末が近づいてきた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

bimota db1について。

2012-07-16 21:59:34 | bimota db1

「ビモータdb1」検索でこのブログに辿り着く方が(僕にとっては)非常に多い。

・・・・・乗った事が無くて、でも購入を考えている方へ。

ポジティブな部分・表現は多分、雑誌・ネット情報の通りで正解だと思う。

飽くまで、超強烈なパワーを求めない、って言う事。

ハイスピード・アベレージを考えず、オートバイとの対話をしながらコーナーを抜けてみたい・・・・・そうしたらアクセルを全開にしてみたい。そんなふうに考えている方にはぴったりだと思います。

しかし今の、イヤ当時の基準からしてもオリジナルのdb1は非力です。

540CCにした400SSの方がパワフルなぐらいです。

イタリアの馬力表示はかなりいい加減なので信用しない事です。

慣れればもうちょっとパワフルにしたいなあ、と思うのが人情でしょう。

吸・排気チューンで気持ち良い吹け上がりになれば、日本の狭い公道では充分ではなかろうか。

過激なチューンは、タダでさえ整備を要求するdb1にとっては・・・・・どうだろう。

900SSのエンジンはエンジン幅が変わるので、どうしても重さが出てきます。

小さな車体に適度なパワー、ってゆうのが美点のひとつじゃないかと思ってるので。

(人それぞれ、ですけど)

圧倒的な軽さと異常なまでの低重心、質量集中+ライダーを急かさないパワー特性。

無駄な動きが無いからライダーはコントロールに集中出来て、それは実はスポーツバイクが本来備えていなければならない、大切な要素だと思います。

db1はdb1でしか作れない世界でライダーを虜にします。

ネガ部分については語られる機会は、少ないな(ま、雑誌はね、仕方ないよね。オトナの世界だから)。

ドゥカティF1とdb1を見比べれば一目瞭然。db1はコンパクト過ぎる。

ものすごいキチキチに詰められた部品達。マスの集中がどんなにプラス方向に働くか、走れば10メートルで解ります。が、これこそが・・・・・。

とりあえず、買おうとしてる方。

db1は熱対策に不備があります。

この事に関してビモータも「失敗作」だったと言っているくらいですから。

まずカウリングを全部外してもらって確認して下さい(それが出来ないと言われるようなら、そこじゃ買わない方が無難)。

カウリングの塗装のヒビはFRPなので仕方がないです。サスやブレーキのシリンダからのオイル漏れ・滲み、ラバー部品の劣化と確保状況、トリプルツリーのクラック、フロントスプロケットのガタ、ハーネスの劣化具合、タイヤの確保・・・・・。

昨日まで走ってました、というような車両でもそれは同じです。

お金は正に湯水のように必要です。

けど、そういう部分は、その走りに、相殺されてしまうでしょう。

この辺がdb1の「魔性」ってやつじゃないかな。

これからの方も、そうでない方も。

良きdb1が手に入ると良いですね。

しかし閲覧無用・ご意見無用を謳う僕がこんな文章を書くのは一体どういう事だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラの内側と外側

2012-07-01 21:38:15 | 自分の心

白か、黒か・・・・・僕が求める本質に曖昧さは要らない。

それこそが僕を苦しめる正体なのだから。

肺に残った最後の酸素が今、細かな水泡となって水面に上がってゆくのを僕は見つめながら、自分がもう地上の光が届かない深度に居る事を確認する。

これで楽になれるのか。これで楽になるのか。

僕にとって正しい事が何なのか、結局何も解らずじまいだった。あそこでは僕はただ、あがいているだけだった。もがいているだけだった。・・・・・・そう想いながら。

何もかもが無、なら・・・・・じゃあ、それは生きている事と同義じゃないか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加