Blue Period ~out of the aEther

蒼き時代はエーテルの彼方へ。このブログ、閲覧・御意見無用也。

ducati 400SS (The Past #4-4)

2013-01-30 21:24:48 | ducati 400SS

ドゥカティ400SS。

良いオートバイだと思う。

900SSを経験したヒトには無縁の話かも知れないが、

意外(失礼か)にトルクがあり、とても乗りやすいオートバイだと思う。

国産のオートバイに比べると・・・・・

1、クラッチの重さは気になるかも知れない。

2、ニュートラルギアはかなり出し辛い。(完全に停止する前にニュートラルにしてしまえば良いだけのこと。そういうクセを付ければ良い)。

3、3千回転あたりで一瞬息をつく。(この解消法は様々。一番のお勧めはキャブに「ダイノジェット」を組み込み、マフラの開口部から穴を開けて少しだけ抜けを良くしてやれば良い。スリップオンサイレンサは、効果的だけどテルミニョーニのカーボン以外は、ほとんどの製品で「爆音」になる上に抜けが良すぎてトルクが薄くなりがちだと思う。)

4、ハンドルバーの調整幅が多いのでこれを最大限活用したい。(400SSはいわゆるリア乗りを要求される。バーを体格に合わせ、ギリギリまで手前に絞るとフロントの動きが良く伝わる)ハンドルに力を入れないコーナリングが基本です。垂れ角が欲しいなら、ドゥカティ851のバーがボルトオンで使える。

5、ダブルディスク化は極力避けたほうが良い。ブレーキOHやパッド交換、キャリパー交換orディスク交換で充分。(思っている以上にジャイロ効果は大きい)

6、フロントフォークは硬めのセッティングになっている。もう少ししなやかさが欲しい。(僕は初めての倒立フォークだったので、こんなものかと思っていたが)その上、調整機能は一切ないので気になるならとりあえず、フォークトップに減衰調整の機能を追加するのも手だと思う。オーバーホール時に手を加えるとか、中古の900用のフォークにするのも有り。

7、フラットなパワー特性。でも意外に速度は出てる。

・・・・・非力ゆえ、改造の効果が大きい。だから楽しい。(改造を勧めている訳では、決して、毛頭、ない)

それ以前に、このオートバイは基本に忠実なライディングを教えてくれる。その走りが、ライダーを導いてくれる貴重な存在だと思う。

非力ゆえ乱暴なライディングになりがちかも知れない。でもそんな時こそ、基本を思い出し、スポーツバイクをコントロールする楽しさを思い出して欲しい。そうして身に付いたテクニックは他のオートバイに乗った時でも、とても大切なものとしてライダーに残るから。

僕はそれを「至上の喜び」だと思うのだが。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

太陽の瞳

2013-01-29 22:15:45 | 音楽

数年ぶりに今、尾崎豊の「太陽の瞳」を聴いた。

これが不覚を言うのだろう。僕は・・・・・涙を、流してしまった

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Good by Blue-sky

2013-01-29 21:16:43 | motorcycle

キャブレタ式のドゥカティを「診てくれる」お店、は年々減っている。

「ブレイントラスト」「デュアルバランス」。

「リバーズモーターサイクル」「オサダモータース」はホームページが無くなった。

最近出来たようなディーラーでは新型しか「解らない」と言われる。

(「db」なら尚更だ)

Lツイン一筋でやってきたような専門的なお店は、昨今、苦しいようだ(確認不能)。

空冷キャブLツインの車両を総合的にセットアップ出来る所の存在は、このまま下降線を辿るのか。

それが時代の流れってものなのか・・・・・。

最新のものや、水冷のハイパワー車に興味が湧かない僕には、

それは切ないような、悲しいような。

・・・・・db4を預かってくれるだけ増し。・・・・・なのか?

日曜日、元気良く走るドゥカティ400SSを見た。彼はどこで「診て」もらっているのかなあ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eX;Luminous report #45

2013-01-27 20:40:50 | bimota db4

来週末、修理に預ける事が決まっている。

「乗っていても構いませんよ」と言われてた。のでちょっと流してみる。

意外にもコールドスタートも問題なかった。

けどやっぱりパワーが薄い。本当は、もっとまろやかな、トルクに溢れた加速をするはずだ。・・・・・例えマフラーが筒抜けだとしても。

さて現状。

パワフルさが足りない。排気音にボコボコ、パンパンと混ざる。スロットルの開度とパワーが一致していない。小一時間程でかぶったように症状が悪化する。ゼロ発進では顕著だ。FCRが付いていても、エンジン本体に手を入れていないならもっと904CCのLツインは優しくパワーを出すはずだ。

そして僕の要求。

1;まず、全域で滑らかな吹け上がりが欲しい。

2;原因がキャブなのか、電気なのか、燃料系なのか、エンジンなのか、それを解決した上で、

2;他のdb4に乗った事がないので、僕のルミナスがどういう状況にあるのか知りたい。要は全体のセットアップ。

3;その為ならチタンマフラーを捨てる覚悟。ホイール交換も覚悟。キャブ交換も覚悟。

4;詰まる所、「快調なビモータdb4」にして欲しい、って事だ。

誰にでも「ちょっとオレのdb4、乗ってみなよ」って言える位の。

そして、中途半端に「ちょっとこれで乗ってみてよ」って言うのは、もう嫌。

そう言うので結局1年チョコチョコお金が掛かって、もうそう言うの馬鹿らしい。

80万円で買ったdb4だけど、今回、それぐらい掛かっても良い。

・・・・・もうね、決めた。僕は月賦を組みます。

これ読んでるヒト。

ビモータは僕の憧れであり、いつでも輝いていて欲しい存在であれ、と願っています。

だから「LUMINOUS」と名付けました。

それにライディング・エクスタシーを意味する「EX」を足して「eX;Luminous」、

これでエクスルミナスと読みます。意訳では「すっごく明るい」です。

憧れのビモータ。一般的に2万キロでオーバーホール前提、と言われているドゥカティ。でも憧れだけではどうしようもないって事・・・・・。

僕は敢えてここに晒そう。

僕は卑屈にならない。笑いたきゃ笑えよ。

(つか読ませる文章じゃない事は前提だけど)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネッシーは作り物だった。

2013-01-27 08:46:37 | 自分の心

自分の好みではない物事を、拒絶する。

僕はこれを普通の事として捉えてる。

気に入らないから、自分の中で否定。・・・・・それは何の問題もないじゃん。

ただね、他人に自分の意見を押し付けるのは良くない。

例えば「A」と「B」があって、それぞれに良さが在る。

・・・・・僕は「A」が好み。「B」はダメ、受け付けない。否定したい。

でも「B」を好む人間もいる。

ならば僕は「B」を好む人間に対して、何を言うべきか。

(逆の事も言える)

自分が「A」を選ぶなら、その選択(物事自体)はその時点で完結している。

「B」を選択した人間は「B」に満足している事だろう。

許せないのは逆を選択した人間までをも、否定する事。

そういうの「余計なお世話」っつうんだよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Happy?

2013-01-22 21:09:56 | 自分の心

何か良い事無いかな、と言っている人間に良い事は訪れないと言う。

何しか知らんけど、そんな気もしないでも無い。

ふとした時に訪れる、何か良い事とはそうゆう思いがけない存在であって欲しいな。

だってその方が嬉しいもの。

ま、そんな訳で、僕はそんなふうに考えています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Blast My Desire

2013-01-19 21:37:23 | 自分の心

言葉は、誰かを傷付ける。

それは心を重くする。

受けた傷は簡単に癒えない。

僕はそういうの、キツイ。・・・・・し、嫌だ。

でも同様に、僕の何気ない一言が他人を傷付ける事も有るはずだ。

それもキツイ。

受けた傷と、付けた傷。

そのどちらも心に重く圧し掛かってくるものだと思うから。

じゃあ仙人みたいに山に籠もれば良いじゃん。

けどね、現実はそうは行かない。それに山で独り暮らすのも嫌だ。

何が言いたいのかっちゅうと・・・・・人間、言った言葉はいつか自分に返って来る。

他人にした事も以下同文。

・・・・・それも自分の時は残酷で手酷いカタチで。

僕はそう考えている。・・・・・し、事実そうじゃないかな。

だから僕はヒトに優しく、と願っている。ヒトに対し一期一会的に考えて。

実行出来ているかは、別として(ここが問題なんだわ・・・・・)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Attention please

2013-01-19 18:28:44 | 自分の心

えー、と。

当「Blue Period」は、僕個人のメモ的・ノート的存在であって、誰かに読んでもらうためのものではありません。

だからエントリを読んで、不愉快な想いをされる方もいらっしゃると思います。

その点については、エントリでは個人攻撃的な事は書かないようにしています。

ただあまりに内容に前向きな部分が無い、そう思う方も多いと思います。

あのね、口当たりの良いブログなら、その辺に沢山有るでしょ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eX;Luminous report #44

2013-01-19 12:55:02 | bimota db4

ルミナスの預け先が決まった。

何とかなるだろ。

仕事でも何でもさ、最終的に物事なんざ何とかなるし、何とかなっちゃうもんだ。

要はそこに、自身の(良的)是認・意思がどの程度の割合で存在すんのか、じゃねえの?

やっぱり僕はdb4だ。つか「あのホイール」、欲しくなっちゃった(笑)。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

If・・・

2013-01-19 10:24:55 | motorcycle

「その1台しか持てない事」、それが絶対条件。何故なら経験上、複数所有ではオートバイに手が回らないから。で、思い浮かべた。

1:bimota db1

まず美しいカラーリング。近くで見ると本当に小さい。こんなにコンパクトでいて、走ればその意味を理解出来る。コーナリングってこんなに楽しいものだったんだ、そう思わせてくれる。所有欲と走りの満足感を両立させてくれる。ホドホドの馬力と軽量な車体の組み合わせは、現代のスーパースポーツへのアンチテーゼじゃなかろうか。エンジンは手を入れれば大化けするF1パンタなので、自分の技量と供にオートバイも成長(定義不可能)させる楽しみもある。ただ維持には「一通り手を入れ、その上でそれを続ける事が必要」だと思う。

2 : bimota db2SR

好きなLツイン+ビモータ。SRだけのパープルのカラーリングが美しい。ducati 916よりも先にセンターマフラ・レイアウトを採用(db2)し、900SSよりも4年も早くインジェクションを採用(db2+50万円)。湾曲したパイプも多いが、やはりフレームが美しい。自分のモノにするのは難しいだろうなあ。でも好き。

3 : ducati 400SS Jr (1989)

スタイリングが大好き。抑揚が無いとかデザインに不評を聞くが、僕はシンプルなこのSSが結構好き。業界では「ダルマSS」と呼ばれてるみたい。僕は「ブルドッグ」を連想するが。750sport・900SSとデザインは共通だけどシンプルな白ラインが素敵。是非購入の暁には540ccにする予定。

4 : bimota tesi 1D folgore bianca

何と美しいスタイリングだろう。folgore biancaのデザインは「カタナ」の影響を受けているそうだ。ガンダム世代としてオルタナティブ・サスに興味が湧かない訳ないじゃんか。倒立サス・アルミツインスパーフレーム・片持スイングアームは確立された正解のひとつだと思う。でもフロントタイヤにスイングアームが「にゅう」っと出て支えているなんて素敵じゃないの。それと・・・・・何か意味があんだろ(笑)。それを知りたい。ハブステアをヘタレライダーでも理解出来るだろうか。・・・・・しかしbiancaと言いながら基本ガンメタなんだね。

5 : suzuki GSX1100S

神戸ユニコーンの車両に乗った時思った。これは一生付き合える、とても上質な4気筒だ。ユニコーンの車両はどれも高額だけど、くたびれたカタナを経験すれば多分納得出来る範囲じゃないかな。スクリーン、スポイラ撤去、パールホワイト全塗装、エンジン・フレームはブラックメタリック、4 into 1のショートマフラ(マットブラック)、「黒い機械に白い外装」そして1100SXが基本概念。

6 : bimota db4 (or  db4C)

今、これじゃん。ってゆう自分ツッコミも踏まえつつ、チャレンジし続ける事に喜びを感じる「ドM」なライダー向け。

7 : bimota db3 MANTRA

好き嫌いは分かれるだろうが僕は好き。今度はパイプハンドル、黒に塗装、マフラはサイドワインダを着けて、リアフェンダ・アンダーカウル撤去。フレームとスイングアームはバフ掛け。「黒と金属の光沢」、そうゆう感じにしたいな。バッテリーは12Vに交換ね。

と、まあ一生モノの単車を考えてみた。

え?お前のdb4はどうしたかって?

・・・・・秘密だよ(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加