Blue Period ~out of the aEther

蒼き時代はエーテルの彼方へ。このブログ、閲覧・御意見無用也。

eX;Luminous report #3

2012-02-28 21:24:52 | bimota db4

Photo_2 2月26日。気温は低いがdb4のチェック走行。エンジンスタート問題なし。

オイルクーラーをカットしようとレバーをいじってたらカウルが割れた(欠けた)。ショック。FRPじゃないのか?

高速道路、5速・6速で5~6千回転。

問題なし。一般道に降りて3、40分、またプラグがかぶる。

そのままOさんところへ。低域が濃いのかも、という事でFCRのニードルを変更。

前バンクのプラグは真っ黒だった。

また来週だな、こりゃ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eX;Luminous report #2

2012-02-19 19:21:45 | bimota db4

1月27日(金曜日):有給取ってユーザー車検へ。あろう事かスターターリレー故障。

エンジン掛からず。ユーザーを諦めOさん(オートバイ店)に電話。夕方、引き取りに来てもらう。

純正マフラーを渡す。

スターターリレー、プラグ交換、FCR調整(フルオーバーホール。パッキン類・ニードル・メインジェット等内部交換)。2月10日に車検だと言われた。今着いてるチタンマフラーはやはり音量的に車検は無理だろう、と。しかし造りは非常に良い、と。

11日、Oさんより電話。車検に落ちた、と。ハイビームの光量不足。規定の3分の2も出ていなかったそうだ。年式的に予測していなかった、まさかこれで・・・。普通パスするだろうと思った、と。ケーブルを加工し(所謂ヘッドライトブースター)、13日、車検パス。

チタンマフラーに戻して、FCR調整・・・19日午後、db4帰宅。

20日、試乗。エンジンはあっさり始動。

30分ほど走ってエンジンストール。エンジンは掛かるが吹け上がりが鈍い。スタートは回転を上げなけれストールしてしまう。4千回転以下は使えない。し、しかし回転を上げてもパンパンとラリーカーのようだ(もちろんパワーも出ていない)。そのままOさんの所に。

プラグがかぶっていたようだ。

確かに回転控えめで走ってはいたが・・・。

高いギアで低い回転数では良くないと言われた。

こりゃあ、ますます街乗りに向かないなあ。とかなんとか思いながら帰宅。

各ギア4千まで引っ張ってチェンジ。これなら問題なし。しかしこれじゃ免許が何枚あっても足りないなあ。もう少しセッティングをフレキシブルにしても良いんじゃないかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eX;Luminous report #1

2012-02-05 19:08:50 | bimota db4

ユーザー車検。(これは先月の話)

当然、平日。なので何とか有給を取った。

車検は午前中の第二ラウンドを予約してある。

しかし何と言う事か、エンジンが掛からない!

セルスターターが回らない。ボタンを押しても「カチッ」っと音がしない。

セルモーターをレンチで叩きながら・・・・・掛からない。

3速で押し掛け・・・・・リアタイヤは虚しくロックするばかり。

詰る所、今日「スターターリレー」が死んでしまったのだ・・・・・。

ドゥカティはバッテリートラブルから結構とリレーとレギュレーターに負担が掛かり

割とあっけなく壊れてしまうそうだ。

「ああ・・・・・もう有給取れねえぞ。今日で車検切れだっつうの。

つかどうゆうタイミングなんだよ。わざわざ「今日」壊れるかあ・・・・・?」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加