アル中(歩中)オジさんのフォト日記

 散歩中の出来事などを中心に写真とともに日記風に綴ったものです。

束の間の“春本番”

 | Weblog
 こういうのを言葉は悪いけど“バカ陽気”って言うんでしょうね。もうすぐ2月という30日、関東を中心に気温が上がり、季節外れの暖かさになりました。東京都心は最高気温が19.5度、練馬でも17.5度まで上がり、この冬一番の気温を記録しました。都心で19度を超えたのは1月の気温としては21年ぶりのことだそうで、千葉県や都内でも20度を超えた所もあったといいますから、季節が二か月も先に進んだような陽気に道行く人も軽装の人が見られました。

 久しぶりに足を延ばしてみた埼玉県・和光市の樹林公園では芝生広場は暖かい陽射しを受けてはしゃぐ子供たちの姿が見られ、季節の花マンサクも咲き始めた木もありました。他の花に先駆けて先ず咲くことから転じてマンサクと呼ばれるようになったとか、花がたくさん咲くから豊年満作にちなんでそう呼ばれたとかいわれますが、一風変わった花ですね。これから黄色の花も咲き、満開になるととてもきれいです。英語ではマンサク属をWitch Hazelと呼び、直訳すれば魔女のハシバミといいます。何でそう言われるのか、調べてみると、もともとはハシバミに似てしなやかな木という意味だったそうですが、いつの間にか発音が同じWitch(魔女)と変わったんだとか。花言葉には霊感、魔力というのもあります。う~ん、あの花、魔女の雰囲気あるかな!?

 この暖かさ、本日限りで明日はまた寒くなるということですので、体調管理に苦労しますよね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好天にカワヅザクラのつぼみ... | トップ | 2月 まだ寒いねぇ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL