所長日記

現場での出来事、日々思うことをつづっていきます。

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 169

2016-08-10 20:59:15 | Weblog

 

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 169

「わびさび庵」

奥行きの浅いデッキテラスは建て主がご自分で工事を行いました。

以前もコメントしましたが、同じ敷地の母屋建設の際は天井、壁などのべんがら塗も

すべてご自分でなさいました。

 塗装が専門というわけではなく、およそ、かけ離れた職業に携われています。

ただ人の集まりも多く、庭に小規模の建物を建て、既存の母屋とともに庭を囲み

「中庭」のような落ち着きを持ったスペースにし、皆とともに庭で過ごすことも設計者として

考慮しています。

 また母屋とは直接廊下でつなげているわけではないので、離れの人はサンダルをはいて

母屋に行き、食事と、入浴を行います。

 子供の頃よく訪れた母方の山梨の郷ではトイレが外にあり、夜は怖さとともに星の輝きも心に残る体験をしました。

今は1,2階とも母屋の延長として使っていますが、わびさび庵も将来的には、ホームステイに、貸室に、

と、離れていればこその使用法も生まれて来ます。

 囲まれた中庭の一方はご覧のように斜面緑地。保存樹木もあり中庭に日陰を作っています。

庭は暫時的なもの。これから本格的に庭師たる建て主が行うわけでこれとはまた

別の風景に生まれ変わるでしょう。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 168

2016-08-02 17:42:43 | Weblog

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 168

「わびさび庵」

母屋のグランドピアノ越しに見た庭の様子です。

奥のブルーシートのあるあたりに「わびさび庵」を造りました。

全体の大きさは1階、2階あわせて7.5坪。

母屋を建てたのは4年前、当時は3世代の住居として計画しましたが

ご家族の変化もあり、いざ同居するとなると手狭になり

今回の離れの登場となったわけです。

 建て主は「小屋を作ってくれればいい」的な感じ、、、

でしたが出来てみると、そうとは呼べない顔をしています。

この母屋と離れは上から見るとL字型の配置で、庭を囲みながらも

離れを奥にずらす事で庭に光と風を呼び込みます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 167

2016-08-01 18:13:36 | Weblog

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 167

今日からは横浜市内に建つ「わびさび庵」の紹介です。

 

画像右の建物が以前紹介した母屋のべんがらCa邸、

その左に離れの「わびさび庵」が建ちます。

名前の由来は

少ない予算、しかし質は高い

しかも和の雰囲気を持つところからきています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 166

2016-07-11 20:18:05 | Weblog

 

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 166

「三浦の濃紫べんがら」

 

前回ブログ165は個室の紹介でしたが

今回はその入り口。

以前どこかで使われていたものを購入したのですが

ドア幅が60センチを切っており狭い入口に使用していたようです。

ステンドグラスのデザインをよく見ると半月のカーブが何となく不自然にも感じます。

以前は2枚が対になる両開きのドアではなかったか?

とおもい当時の資料を取り出すと、

解説には両開きのコメントはありませんが、購入当時の画像には

右側のドア枠縁にそって定規縁(両開き戸の中央の隙間を隠す

幅25ミリほどの細長い木片、戸当たりにもなる)があるではありませんか!

両開きに間違いありません。

(さらにコメントがあり、イギリスの蚤の市で見つけた1930年頃のもの?!)

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 165

2016-07-08 20:53:46 | Weblog

 

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 165

 

「三浦の濃紫べんがら」

 

他の部屋も天井を外すと

東の部屋に西日が入る、などということも起こります。

既存の構造部材、火打ち梁や筋違なども現れる、

これも改修工事ならではのこと。

改修前、ここはキッチンでしたが

今回は個室として使用。

ここにもバリの衝立を流用しています。

南側の光が

べんがらの天井を浮き上がらせています。

灰炭にほんのわずか赤のべんがらを加えるだけで

このように真黒ではなく濃い紫になります。

本来のべんがらの色ではありませんが

べんがらを混入しなければこの味わいは出ませんので

ついつい、ベンガラ!としています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 164

2016-07-07 20:35:37 | Weblog

 

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 164

「三浦の濃紫べんがら」

 

2階の一部の画像です。

柱が不思議な位置に出てくる

そんな面白さが改修工事の場合、出てきます。

 

数寄屋造りの家や農家、昭和の家などの多くが

柱が直接室内に見える真壁造で出来ていました。

すべて見えてこなくとも、このようにシンボリックに

柱を出せば

べんがら塗の天井と白壁、とのコントラストで

 モダンな印象を得ます。
 

改修したのは昭和の家なので、どの柱を残し

他は隠すのかがデザインのポイントになります。

感覚的なもの、ではあるが落ち着きや居心地の良さに

影響してきます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 163

2016-07-05 18:42:24 | Weblog

 

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 163

「三浦の濃紫べんがら」

 

洗面化粧室から廊下の部分は

天井の低いところを通ります。

突き当りの明るい部屋が画室です。

 

今回の改修工事では既存の2階も天井を外し

上部に吹き抜けているので

このトンネルのような廊下をぬけて画質にたどり着くと

広々と感じます。

廊下の上部にみえる空洞は小屋裏物置に

ストーブの暖気を送るためのものです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたいー鎌倉設計工房の仕事 162

2016-06-27 16:29:26 | Weblog

 

日本の美を伝えたいー鎌倉設計工房の仕事 162

「三浦の濃紫べんがら」

 

前回お話しした窓は

白く飛んでしまっていたので

瓦屋根を見やすく写した画像です。

 

ここからは夕日が入り階段部分や暖炉の壁を明るく照らします。

オレンジ色の夕日の輝きは、次第に衰えてゆく、

一方、手前の暖炉の火は明るさを増してくる、

冬はそんな夕暮れの光景を楽しめるでしょう。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 161

2016-06-24 18:50:09 | Weblog

 

日本の美を伝えたい―鎌倉設計工房の仕事 161

「三浦の濃紫べんがら」

 

前回ブログでは右隅に少ししか見えなかった古建具。

廊下から吹き抜け階段側を見たこの画像に写っています。

 

よく見ると帯板の透かし模様がバリの衝立模様と合い

深みのある味わいを醸し出しています。

バリと和は呼応する特質がありそうですね。


煙突の向こうの窓からは天井を取り払った平屋部の屋根が見えます。

オレンジ色の瓦屋根です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の美を伝えたいー鎌倉設計工房の仕事 160

2016-06-23 14:22:05 | Weblog

 

日本の美を伝えたいー鎌倉設計工房の仕事 160

「三浦の濃紫べんがら」

 

ブログ157のバリ風衝立を洗面化粧室内部から

見ています。

奥に階段室、左に吹き抜けと続き、

前回の煙突は左手に見えることになります。

 

部屋の出入り口には古建具を使用。

左はバリのもの、右は日本、と国は違っても

べんがらの空間に違和感はありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加