所長日記

現場での出来事、日々思うことをつづっていきます。

南側その②

2008-12-31 13:17:01 | Weblog
前回の画像は正面からだったが今回は側面、玄関アプローチから。
デッキの広がり方や、室内との繋がり方が、お分かりいただけると思う。
隣家が露わに見えるなど、バリのイメージとはかけ離れているが、こだわりのある
建築主なので、その風景に到達するのも時間の問題だ。
前々回の北側の庭は特に日陰の中に畑の広がりがあるのでイメージが色濃くなるだろう。2階バルコニー帯状の手摺は120×270の梁を二つに裂いたもの。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南側その①

2008-12-30 15:39:49 | Weblog
南の道路側に周った画像。
前回までの北側外観とはかなり異なり、バリのイメージが強くなる。
手前デッキの塗装は建築主が。
手摺と、デッキ表面の色が異なり小口がはっきりラインとして見えているので
あえてデッキの塗装はしていない。デッキは居間を貫通して北側デッキまで続く。
つまり床面が外→内→外と繋がり広さを感じさせる。2階バルコニの奥行きは1.8m。テーブルや椅子を置く半戸外的空間。1階右端が玄関でアプローチはバリ的イメージを出している。屋根はガルバリュウムタテハゼ葺。軒樋はアルミ、タテ樋、当初銅の鎖であったが雨が飛散し隣地内に入るので、塩ビ管のカバーをかぶせた。
柱は当社スタンダードのインニイッサンコーナービード付き。これは柱の保護と柱のスケールをアップさせるのに役立つ。全てベンガラ塗装。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加