べんがらちゃんの目

日本の美を伝えたい

「洲崎町の町屋」見学会開催案内

2024-03-13 15:01:23 | Weblog

2024年4月6日(土)に、洲崎町の町屋(賃貸住宅「高齢者と若者が集まって住まう」)の見学会を行います。

春は、道路向かいの桜や中庭のチューリップなどが咲く美しい時期です。

見学希望される方は、弊社HPの問い合わせフォームより問い合わせいただければ詳しい案内をお送りします。

以下を記入下さい。

①   来られる人数

②    来られる時間(10時~17時の間、案内可能。)

場所は、金沢八景駅より徒歩10分です。

お気軽にお問い合わせください。皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

 

問い合わせフォームは以下

https://www.kamakobo.com/contact/index.html

 

洲崎町の町屋(2012年竣工)

2012年 神奈川建築コンクール優秀賞

2022年 第10回 大東建託賃貸住宅コンペ「新たな賃貸スタイル部門」審査委員特別賞受賞

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい628 「寝殿造り」のすまいー2 

2024-03-11 17:59:17 | Weblog

神棚

 

神棚の位置は当初から計画したものではないが

柱梁を現した木造空間に、その鎮座ましますところは、いくつもあることに気づく。

この場所は21cm角柱で支えられる太い梁の上にあり、南に向き、屋上からの光を直接、浴びる位置にある。

 屋上からの光は此処のみではなく、寄棟大屋根の東西南北,四周にあり、ダイナミックな屋根組を照らす。

が、この神棚のように、まじかに光を受ける物体を置くと、背景との輝度対比もあり、その存在が際立つ。

 シャンデリアだったり、植栽もよいかもしれない。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい627 「寝殿造り」のすまいー1

2024-01-31 18:16:57 | Weblog

木製の建具と壁際(きわ)

べんがらで塗装した木製建具が漆喰の壁にぶつかる。

漆喰の壁はご覧のように上部がしかも出張っている状態。

そこに戸当たりの木製枠を設置するとする。

建具を全開し、室内と屋外の庭園を吹き放ちの一体空間で使う際、

その枠がやけに目に付く。

 

そこで木製枠の代わりに透明のアクリル板(ガラスのように見えている部分)を壁側に設置。

ガラス戸と障子に。

アクリルの厚み分の溝を建具側に彫り込み気密を取る。

そんな工夫をしてみました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい626CitroenSpecialistsJavel32

2023-12-01 15:08:04 | Weblog

前回の穴の開いた床を見ています。

真下に来て見上げるとこんな感じです。

絵になりますね。

JAVELは今回で一応終了します。

長い間ご覧くださった方に感謝します。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい625CitroenSpecialistsJavel31

2023-11-22 14:27:35 | Weblog

吹き抜けを下から見上げると

 

リノベーション前の様子が多少うかがえます。

中央の床に穴が開いているところは2階の床になりますが、

鉄板でできており補強の角パイプが取り付けられ

その2か所にキャスター(小さな車)がついているのがお分かりかと思います。

吹き抜けをふさぐ際に重い鉄の床を移動させる際に転がす目的です。

 今回その鉄板6枚の内の1枚を残し2階の床に転用しているわけですが

以前からあったものを

新た使い方でよみがえらせる「再利用の魅力」の一つになればと思います。

なお

左手のパンチングメタルの裏手は部品庫、

右奥は2階トイレを経由しオフィスへつながります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい624CitroenSpecialistsJavel30

2023-11-18 14:03:23 | Weblog

工事後のJAVEL

道路側に小棚を追加

前回は正面から棚の薄さ3ミリを感じてもらいましたが

横から見るとこんな感じ。

水平の棚ラインを強調するため垂直の鉄板は少し奥まって

取り付けています。

上部は天井に見えますが、奥行きのある

バンパーを載せるための棚板になります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい625CitroenSpecialistsJavel30

2023-11-14 14:02:51 | Weblog

リノベーション後のJAVEL

 

外を通る歩行者からも中が見え,

興味を引くものが陳列してあったらいいな!

 

たまたまドイツから来ていたエンジニアのつぶやきでできた棚。

厚みが3ミリの鉄板で構成している。

華奢だがどうして重いものを載せても撓むことはない。

上部には置き所に困るバーンパーがのっかっている。

その上を見ると外観上引き立つパンチングメタルだが、

内側には日よけスクリーンとして機能している

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい624CitroenSpecialistsJavel29

2023-11-13 13:38:24 | Weblog

工事後のJAVEL

 

2階へ車を運ぶ昇降エレベーター撤去後の吹き抜け部の画像。

車や修理部品、工具などが所狭しと置かれている。

よかったのは壁のパンチングメタル、細かな部品も穴に引っ掛けつるす。

その後に加えられたものもある。

外を行く歩行者の目を楽しませるべく、工具や部品などを窓辺に飾るように、

とドイツ人スタッフの意見も反映。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい623CitroenSpecialistsJavel28

2023-11-10 13:44:16 | Weblog

工事後のJAVEL

 

2階へ車を運ぶ昇降エレベーター撤去後の吹き抜け部の画像。

車や修理部品、工具などが所狭しと置かれている。

よかったのは壁のパンチングメタル、細かな部品も穴に引っ掛けつるす。

その後に加えられたものもある。

外を行く歩行者の目を楽しませるべく、工具や部品などを窓辺に飾るように、

とドイツ人スタッフの意見も反映。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本の美を伝えたい622CitroenSpecialistsJavel 28

2023-11-09 15:59:47 | Weblog

Citroen DS のフロントビュー

 

ジャベル前にて撮影。

広角レンズのせいか

だいぶデフォルメされ、座席が

後ろに移動したかの様に見えるが

もしかすると

イメージはこの方が伝わりやすいかもしれない。

存在感のある車である。

いまだにファンが多いことも納得できる。

クライアントに品川駅まで

他のDSで送ってもらう途中

信号待ちで停車

横断歩道の人々の視線を浴び、

近づく方も。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする