さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 カラクリ湖

2013年12月02日 | 海外旅行
スバシ峠を越して高原を走っていくと、湖面が現れました。



この湖はカラクリ湖と呼ばれ、標高3600mの高地にあります。ムスタグ・アタ山(7546m)が目の前に聳え、湖面に影を映しています。



東に遠くコングール山(7649m)を望むことができます。



湖の周りには、観光客用のラクダも歩いています。



左のピークがコングール山(7649m)の最高峰のようです。



コングール山(7649m)からは氷河も流れ出ています。



カラクリ湖では、もう一か所で下車観光しました。



鏡のようなカラクリ湖にムスタグ・アタ山(7546m)が影を映していました。



湖の周りをカメラを構えながら散策しました。時折り吹く風によって立ったさざ波が収まるのを待ちました。



カラクリ湖は、パミール高原でも人気のある景勝地で、一般的にはカシュガルから往復することになります。



湖畔には、観光客相手の物売りのゲルが置かれていました。



中をのぞかせてもらいました。住いに使ってはいないため、中に家具は置かれていませんでした。



カラクリ湖の見学を終えてパミール高原の旅を続けました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 スバシ峠 | トップ | さすらいの風景 ブルン湖か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む