さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アーグラー その4

2012年01月20日 | 海外旅行
タージ・マハル見学後、一旦ホテルに戻って昼食をとり、午後はアーグラー城に向かいました。

アーグラー城はヤムナー河の畔に1505年に建てられた、ムガル帝国の権力を示す城塞です。



赤砂岩で造られた城壁には壕がめぐらされています。その向こうには、タージ・マハルも望むことができます。



アマル・シン門から入場します。



ダルシャニ門が現れます。



壁面には幾何学模様の象嵌が施されています。



壁に挟まれた回廊を進んでいき、門の前で右に曲がります。



広場があり、奥にジャハーンギール宮殿が広がっています。



アクバル大帝が息子のジャハーンギールのために建てた宮殿です。



宮殿の前には石造りの浴槽が置かれており、中に入るためのステップも設けられています。



ジャハーンギール宮殿の中庭。



ヒンドゥー教徒との融和を図るため、イスラムとヒンドゥー様式がまじりあった建築様式になっています。



細かい彫刻が施されています。







外壁には窓が開いており、外の風景を眺めることができます。





バルコニー付きの塔がムサンマン・ブルジュ(囚われの塔)で、シャー・ジャハーンが幽閉されたところです。



アグラー城からはタージマハルを眺めることができます。ただし、この写真は望遠レンズで撮影しているので、実際の眼では小さく見えます。

息子に権力を奪われて幽閉された元皇帝は、自分の造った最後の建造物であるタージマハルをどのような思いで見たのでしょうか。ヤムル河の対岸に、建造がかなわなかった黒いタージを思い浮かべたのでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 アーグラー... | トップ | さすらいの風景 アーグラー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
20年前 (本読みと山歩き)
2012-01-21 07:58:36
仕事で忙しいかったですが、タージやアグラ城だけは週末に(苦労して)電車にのって見学に行きました!
もう20年近く前のことです。
 造られた経緯などの背景を知った後、感慨深くバルコニー?から川を眺めていましたことを思い出しました。
とってもなつかしく拝見させていただきました。
街並みや人々の様子などは当時とあまり変わっていないような気がします。
インド (さすらい人)
2012-01-23 18:31:56
悠久のインドでは、経済発展が進んでいるといっても、人々の生活や街並みは20年では変わらないのでしょうね。それでも、酸性雨のせいで、タージ・マハルの大理石が黄色みを帯びてきているともいいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む