さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 西安 その15

2010年08月04日 | 海外旅行
陝西省歴史博物館の展示物のうち、唐代を中心としたものです。

銅鏡ですが、美しい金箔象嵌が施されています。



純金製の龍の置物。



唐三彩の天王像。



唐三彩の女性像。この時代は、このようなふっくらした容姿が美人として好まれたようです。











天王像。









十二支像です。動物が衣服をまとって、どこか不気味ですね。



墓陵の守護神でしょうか。パリのノートルダム寺院のガーゴイルと似た感じがします。







唐三彩のラクダ。西域との交易が盛んだったことが判ります。



お墓の副葬品の人形のようです。兵馬俑も、小さくなってきました。



立派な石窟が移されていました。どこに置かれていた像かは見落としました。




中国の仏像ではお決まりと言った感のある、迦葉の像も置かれていました。



こちらは、阿南像。

もっと見ていたかったのですが、閉館時間になってしましました。

陝西省歴史博物館は、長安に都をおいたさまざまな王朝の文化を知る上で必見の場所でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 西安 その14 | トップ | さすらいの風景 西安 その16 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む