さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヴェニス2

2008年01月07日 | 海外旅行
大運河沿いの眺めを楽しんでいると、水上バスは、サンマルコ広場に到着します。

サンマルコ広場に隣接する小広場を中心にして、左の塔は大鐘楼。右はドュカーレ宮。奥にサンマルコ寺院を眺めることができます。



小広場は、水上タクシーやゴンドラ乗り場になっており、観光客で大賑わいになっています。



陸地側から見た小広場。



広場の入口に立つ二つの円柱の上には、ヴェニスのシンボルである羽のついたライオン像がのっています。もう一方は、ヴェニスの守護聖人、聖テオドールとのこと。

この広場を見ると、ヴェルディ作曲の「オテロ」の冒頭の凱旋シーンを思い浮かべてしまいます。

実際の舞台は、ヴェネチア領キプロスですが、オテロが嵐の中上陸し、凱旋の第一声を叫ぶ広場は、この広場のイメージに他なりません。オテロの舞台などでも、このライオン像が、登場していますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三ノ峠山 (2008.1.5.) | トップ | さすらいの風景 ヴェニス3 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オテロはやはり悲しい・・・ (インレッド)
2008-01-07 18:30:51
最初の凱旋の場面は勇壮でこの後どうなるのかとわくわくして、若い頃は見ていましたが。最後にデズデモーナの疑惑が晴れて死体に接吻するシーンは涙・涙です。人間は愚かですね・・・
オテロ (さすらい人)
2008-01-07 22:55:06
オテロ歌いとしては、昔のことは知りませんが、デル・モナコとドミンゴが時代を代表するでしょうね。カラヤン版のヴィッカースは、エンジンがフル回転するまでのフガフガ声が好きではありません。
デル・モナコが亡くなった時のNHKの追悼番組は、オテロの死の場面で終わりましたが、本人の死とだぶって、忘れられないものになっています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む