さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 シャンティイ城

2008年12月18日 | 海外旅行
シャンティイ城は、パリ郊外にあって、ルイ13世やブルボン公も城主であった400年の歴史を持つルネッサンス様式の城です。なお、姫路城と姉妹関係を結んでいます。

駅からは徒歩40分ほど離れたところにあります。広大な森を抜けていくと、忽然と美しい姿のお城が姿を現します。



ロワールの城廻に行く時間的余裕がないときは、この城だけでもとガイドブックに紹介されていますが、シャンポール城と似た雰囲気を持っています。



「城」とは書きましたが、戦いのための要素は全くない建物なので、「城館」あるいは「シャトー」といった方が、イメージには合います。



お城の内部には、コンデ美物館と呼ばれる絵画が展示されています。ラファエロの絵も展示されていますが、数が多く、どれが名画といったものか判らず、足早に通り抜けるような状態になってしまいます。









広大な「フランス式庭園」が付属しています。ルイ14世のためにヴェルサイユ宮殿の庭園作りに携わったアンリ・ル・ノートルが、この庭園を作っており、ヴェルサイユ宮殿の庭園のモデルにもなっています。



お城付属のチャペル

なお、シャンティイ城は、結婚式も引き受けているようです。日本でも、お城風の建物での結婚式が流行っているようですが、本物のシャトーでの結婚式はいかがでしょうか。いくらかかるのかは知らないけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京散歩 旧岩崎邸 | トップ | 陣見山 (2008.12.14.) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む