さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ノイシュヴァンシュタイン城 その3

2009年08月03日 | 海外旅行
登山道を下り立ったところはマリエン橋で、正面にノイシュヴァンシュタイン城を眺めることができます。

ここは、ノイシュヴァンシュタイン城を眺める定番スポットで、観光客もここまで足を延ばします。



お城からマリエン橋を眺めたところ。

ルートヴィヒ2世はワーグナーのパトロンとなってオペラの完成の援助をしました。ワーグナーの楽劇に思いをはせるならば、この橋は「ラインの黄金」の終幕の、神々がワルハラ城に入場するためにかけた虹の橋といったところです。



それでは、お城へと進みましょう。



お城は坂の上にあるので、歩くと結構疲れます。馬車もありますけどね。



お城の入口。



入口の階段を登るのも、カメラを構えて足が止まります。



白亜の壁には、フレスコ画が描かれているのも、この地方らしいです。



塔の形は、ディズニーランドのモデルになったと、うなずけますね。



入口前の小広場につきました。

ガイドツアーで入場することになります。

(ノイシュヴァンシュタイン城は二回訪れているので、写真の色合いが天候によって異なっています。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月山 (2009.7.20.) | トップ | さすらいの風景 ノイシュヴ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-08-04 15:25:36
おはようございます。
マリエン橋からのこの城の写真はよくみますが、橋そのものの写真ははじめていました。
橋より、その下の断崖絶壁や渓谷や谷の方がすてきそうです。(笑)
背景 (さすらい人)
2009-08-04 23:36:01
今晩は。
ベルギーにお戻りになったようですね。
このお城は、背景が美しいことが、その魅力を高めていますね。周囲を歩き回っても楽しめます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む