さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 イスタンブール その4

2012年11月16日 | 海外旅行
ハレムから出て、トプカプ宮殿の見学をさらに続けました。

これは、スルタン・アフメット三世の図書館。15世紀の建物です。



スルタン・アフメット三世の図書館脇には、美しい泉が設けられていました。



宝物館の前にでましたが、先に、その先のバーダット・キョシュクに向かいました。その手前には、ソファー・モスクがありました。



バーダット・キョシュクからは、金角湾や新市街地の眺めが広がっていました。



バーダット・キョシュクから奥に進むと第四の中庭で、ソファの館がありました。1703年にアフメット3世の時代に造られた木造の館です。残念ながら、この一帯は工事中でした。



宝物館の前に戻ってきました。三つの入り口があり、右はスルタンの衣装類。中と左から入る部屋に宝石類が展示されています。



中央の入り口は、待ち時間が気になるような長蛇の列ができていました。ただ、最も有名なスプーン屋のダイヤモンドとトプカプの短剣は、左の入り口から入る展示室に置いてあるので、時間が限られているのなら、左の部屋をまず見るべきでしょう。



宝物館の出口。



中は撮影禁止であるため、現地で購入したガイドブックからの写真です。

スプーン屋のダイヤモンド。

86カラットのダイヤを49個の大きなダイヤで囲んでいます。漁師がダイヤモンドの原石を拾い、市場で3本のスプーンと交換したことから名前が付けられています。



トプカプの短剣

世界最大級のエメラルドが取り付けられており、映画「トプカピ」でも盗みの対象となって有名になっています。



皇子のゆりかご。黄金やダイヤモンドxで飾られています。



ターバンの羽飾り。

宝物館には、数多くの宝石で飾られた装身具や食器などが並べられていました。



宝物館の角部屋は、東屋風になっていました。



ここからも金角湾の眺めが広がっていました。



宝物館の前は第三中庭が広がっています。

トプカプ宮殿は、内部は豪華なものの、外装は比較的地味なものです。パックツアーでは、トプカプ宮殿の見学は、ハレムを除くものと含むものがありますが、必ずハレムを見学できるものを選ぶべきでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 イスタンブ... | トップ | さすらいの風景 イスタンブ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボスポラス海峡 (本読みと山歩き)
2012-11-17 19:30:58
今更ながら、装飾文字は美しく、
どの建物の細かいタイル装飾もみごとです。
ボスポラス海峡を望む場所もいいですね。
いつか行った時に、ハレムは必ず訪問することにします。
イスタンブール (さすらい人)
2012-11-19 18:22:18
イスタンブールというと、ビザンチンとオスマントルコの文明が入り混じった東西文明の接点といことで興味深いですね。ハレムの内部は豪華なのですが、アルハンブラ宮殿のように、ライオンのパティオといったような決めポイントがないのが残念です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む