さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ラ・マンチャ

2008年08月14日 | 海外旅行
ラ・マンチャは、マドリッドの南に位置する平原で、ドン・キホーテをミュージカル化した「ラ・マンチャの男」で知られるようになっています。

トレドへの移動の途中、ラ・マンチャを通過すると、車窓から幾つもの風車を眺めることができました。「マンチャ」とはアラブ語で乾いた土地を意味しています。風車は、葡萄畑などへの灌漑に使われているのでしょう。



この風景からは、ドン・キホーテが、この風車を怪物と間違えて、槍を構えて突進した物語を思いだしてしまいます。

有名な話なので、ドン・キホーテを題材にした音楽もいくつかあります。

ドン・キショット(ドン・キホーテのフランス語読みです。)というオペラをフランスの作曲家マスネが書いていますが、あまり面白いものでもありませんね。衛星放送よりダビングしたものの、少し目を通しただけで、そのまま。

R.シュトラウス作曲「ドン・キホーテ」。物語の描写に富んだ、管弦楽曲としては良い曲ですが、スペイン情緒となると、希薄な感じがします。

ミンクスの音楽を使ったバレエ「ドン・キホーテ」が、お勧めでしょうか。この物語では、ドン・キホーテは、脇役ですが、全編を通して繰り広げられる情熱的な踊りは、これぞスペインといった感じがします。ただ、オリジナルの曲は、少し冗漫なので、アメリカン・バレエ・シアターの少し短縮した公演の方が、テンポも良く楽しめます。特に、アメリカ亡命直後のバリシニコフの踊りは、切れもあり、ひとつひとつ大ミエを切るような、興奮の坩堝に誘うようなものになっています。これを見ると、他のダンサーの踊りは物足りなく思ってしまいます。

「ラマンチャの男」についてもふれておきましょうか。ブロードウェイ発のミュージカルです。日本では、松本幸四郎がながらく演じています。舞台では見ていないのですが、ピーター・オトゥール主演の映画として見ています。映画としては、まずまずといったできで終わりましたが、「見果てぬ夢」の歌は素晴らしく、心に残りました。

夢はみのり難く
敵はあまたなりとも
胸に悲しみを秘めて
我は勇みて行かん

道は極め難く
腕は疲れ果つとも
遠き星をめざして
我は歩み続けん
・・・・・・・・

旅人の歌といっても良いような気もします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直江兼続 米沢篇 その2 | トップ | 白馬岳 その4 (2008.8.1.~3.) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アラブ語 (本読みと山歩き)
2008-08-15 00:08:52
こんにちは。
「ラ・マンチャの男」、マンチャはアラブ語ですか!
スペイン南部のそういった歴史を感じることばです。
「見果てぬ夢」、歌詞が良いですね。
特に2番、胸が熱くなります。
 映画はソフィアローレン(なつかしい!)が出ているものありました。
スペイン (さすらい人)
2008-08-15 17:30:24
今晩は。お盆で休んでいる店も多くなっています。
スペインというと、ラテンにアラブの雰囲気がまじったところが魅力ですね。
ソフィアローレンが出演した映画が、ピーター・オトゥール主演のものです。
ミュージカは、その作品全体ではなくとも、代表的するように一曲ほど良いものがあるということが多いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む