さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 フレーデンスボー城

2008年05月29日 | 海外旅行
デンマーク王室の春と秋の別荘として、現在でも使用されている宮殿です。1719年に建造されたバロック様式の建物です。

国賓の晩餐会はここで催され、日本の皇族や小泉首相も、ここでもてなされたとか。

7月のみ一般公開されるのですが、結局、内部は見ずに終わってしまいました。







凍てつく空気の中に、時が止まったように宮殿は佇んでいました。

北欧の冬は、寒気は厳しいものの、雪はつもらないのが、日本とは違っていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 コペンハー... | トップ | さすらいの風景 ロスキレ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北欧について (トチオしょうちゃん)
2008-05-30 03:42:02
北欧といえば「シベリウス」でしょう。
作曲家の吉松隆氏が「世紀末音楽ノオト」の中で
「こんな美しい音楽がこの世にあるのか、と、何度聞いても涙が止まらなかった。」と「第六交響曲」を
絶賛しています。これを読んですぐCDを購入しました。 
北欧音楽 (さすらい人)
2008-05-30 17:28:31
北欧といっても、いろいろありまして。
フィンランドならシベリウス。ノルウェーならグリーグ。ここまでは、有名どころですが、デンマークとなると、ニールセン。しかし、この人の交響曲は、何度聞いても耳に残らない。さらにスウェーデンとなると、アルヴェーンを選ぶことになるでしょうけど、マイナー過ぎて、私もCDは持っておりません。
シベリスの交響曲は、ヘルシンキのシベリウスホールでカム指揮・ヘルシンキフィルハーモニー管弦楽団の演奏で聴きました。フィンランディアに交響曲第2番他。素晴らしく響きの良いホールでした。
このあたりの話は、また後日。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む