さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ランツベルク

2009年07月26日 | 海外旅行
ロマンティック街道バスの観光停車の最後はランツベルクになります。

ランツベルクは、交通の要所として、通行税を取り立てるために発展した街です。この街も、中世の街並みが良く残されています。

この市庁舎は、17世紀に、芸術家のツィンマーマンによって作られました。



バイエルントア(バヴァリア門)

1425年に作られ、ドイツの城門としては、もとも完全に保存されているといいます。



ベイエルントア(バヴァリア門)とマリア像





時間の許す限り、街を歩き回りました。





街に人の姿が見られないのは、7時近くになったために、街の人は夕食のために家に引っ込んでしまったようです。

ランツベルクを出発すると、いよいよロマンティック街道の終点のフュッセンに到着します。到着は夜の8時になってしまうので、バスの中でバスガイドが、ホテルの手配をしてくれます。シングルルームのせいか、最後までホテルが決まらずちょっと不安になりましたが、そのおかげで、他の乗客を降ろしたバスが最後にホテルの前まで送ってくれました。

翌朝は、いよいよ、ノイシュバンシュタイン城の観光になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽黒山 (2009.7.19.) | トップ | さすらいの風景 ノイシュヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む