さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 パリ その13

2008年11月20日 | 海外旅行
セーヌ川には、何本もの橋がかかって、美しい風景を作り上げています。

これはシテ島にかかるポン・ヌフ。



もっとも美しいといわれるアレクサンドラ三世橋。



ミラボー橋

アボリネールの詩であまりにも有名です。

ミラボー橋の下をセーヌは流れ
ぼくたちの恋が流れる
・・・・
恋はすぎゆく
流れる水のように
恋はすぎゆく
人の世のあゆみは遅く
望みの何と激しいことか
夜がくる、時がなる
日々はすぎゆき ぼくは残る・・・



自由の女神

グルネル橋のたもとにあります。



フランスがアメリカに自由の女神像を送ったことの返礼として、パリに住むアメリカ人たちがフランス革命100周年を記念して贈ったものです。




セーヌ川の遊覧船も観光客に人気があります。

代表的なバトームーシュ他各社が運行しています。

バトーパリジャンの遊覧船に乗りました。エッフェル塔そばから乗って、シテ島を回って帰ってくるというものです。食事つきクルーズでなければ、料金もそう高くはなく、気軽に乗ることができます。



アレクサンドラ三世橋





サンゴール歩道橋とオルセー美術館











サンミッシェル橋

Nは、ナポレオンを現わしています。



プチポン



ノートルダム大聖堂の下を通過します。



アルシュヴェシェ橋



シャンジュ橋。

アンヴァリッドの下を通過します。



ポンヌフ



芸術橋




アレクサンドラ三世橋に戻ってきました。



エッフェル塔の下で、下船です。

パリ市内もおおよそ見てきました。それでは郊外の観光に移りましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不動堂山 (2008.11.16.) | トップ | さすらいの風景 ヴェルサイ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パリの思い出 (本読みと山歩き)
2008-11-22 18:13:04
おはようございます。
初めてパリに行ったとき、エッフェル塔を見た後この観光船にのりました。
車で3時間運転して、エッフェル塔の人混みに辟易したあとで、このゆるやかな観光船に乗ったので、すっかり気持ちよく寝てしまいました。(笑)
アレクサンドラ三世橋だけは、派手で形の良い橋だと思ったことだけ覚えています。
いつかゆっくり歩きます。
セーヌ川 (さすらい人)
2008-11-23 00:01:36
今晩は。
エッフェル塔はそんなに混んでいましたか。私の時は、それほどの混雑だったとは記憶していませんが。
セーヌ川で昼寝したというのも、めったにない経験ですね。川岸の散歩も、古本屋が並んでいたり、大道芸人のパフォーマンスがあったりして面白いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む