さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 バンデアイ・スレイ その2

2010年05月11日 | 海外旅行
バンデアイ・スレイの中心部には、中央詞堂と、そのの両側に脇詞堂が並んでいます。



堂の前には、人の体に獅子の頭をした、ヴィシュヌ神の化神である守護神ナラシンハの像が並んでいます。



壁には、美しい女神デヴァター像が飾られています。



バンデアイ・スレイのデヴァター像は、フランスの作家マルローの著作「王道」でも、物語に取り上げられています。

20世紀初頭、後にドゴール大統領のもどで文化・教育相を担当することになるマルローは、バンデアイ・スレイのデヴァター像に魅せられて、自ら像をえぐりだして盗掘し、プノンペンに戻ったところで、逮捕され、像は没収されてもとの場所に戻されることになりました。この体験をもとに、「王道」が書かれました。

旅行の前に、30年ぶりに「王道」の本を取り出して読み返しましたが、はっきりいって面白くない小説でした。訳が悪いのですかね。



現在、デヴァター像は、保護のため、周囲が立ち入り禁止になっており、少し離れた所から見学することになります。そのため、撮影には、望遠レンズが必要になります。



守護神である男神デヴァーも描かれています。



デヴァターの表情、ポーズ、髪型、服装は、ぞれぞれ異なっています。



また見る方向によっても、表情は違ってきます。時間によって太陽の位置が変わってくれば、また雰囲気も違ってくるのでしょうね。




デヴァー像の周りの装飾模様も見事ですね。



デヴァター像を眺めながら中央詞堂を回っていきます。







入り口の反対側に回ってきました。



左側の塔には、ひと際見事なデヴァター像が飾られています。




この像は、「東洋のモナリザ」と呼ばれ、アンコール遺跡全体で最も有名なダヴァター像になっています。



他のデヴァター像も魅力的です。





駐車場の前にはお土産屋も並んでいましたが、次の遺跡へと休むことなくバスに乗り混みました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 バンデアイ... | トップ | 鳳来山 (2010.5.4.) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む