さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ライン川下り その3

2009年02月26日 | 海外旅行
前方に迫ってきた崖が、ライン河下りで、もっとも名前が知られているローレライです。

高さ130mの崖で、航路が大きく曲がる、難所になっていました。

この岩山の頂上には、金髪の水の精が住み、船が通ると歌声を聞かせます。船乗りがその声と姿に魅せられてわれを忘れると、船は岩に衝突して難破し、命を落とすことになったといいます。

岩壁に向かって叫ぶと、木霊が返ってくることから、伝説が生まれたようです。

ハイネ詩・近藤朔風訳詞・ジルヘル作曲の歌で有名です。

なじかは知らねど心わびて
昔のつたえはそぞろ身にしむ
さびしく暮れゆくラインのながれ
いりひに山々あかくはゆる

うるわしおとめのいわおに立ちて
こがねの櫛とり髪のみだれを
梳きつつくちずさぶ歌の声の
くすしき魔力(ちから)に魂(たま)もまよう

こぎゆく舟びと歌に憧れ
岩根もみやらず仰げばやがて
浪間に沈むるひとも舟も
くすしき魔歌(まがうた)うたうローレライ

伝説に引き込まれる名訳ですね。近藤朔風は、このほかにも野ばら(わらべは見たり野中のばら・・)や菩提樹( 泉にそひて、繁る菩提樹・・)などの愛唱歌を生んでいます。



ローレライを振り返ったところ。

また、この岩山の下のライン川の底には、「ラインの黄金」が沈んでおり、ライン乙女が守っているといいます。このラインの黄金から絶対的な権力をもたらす指輪が作られ、最後には、神々の没落を招くという、ワーグナーの楽劇・指輪四部作中の「ラインの黄金」の舞台としても見逃せません。



ザンクト・ゴアスハウゼンとブルク・カッツ(猫城)

名前の通りに、耳が立っているように見えますね。これも有名な古城ですね。



ザンクト・ゴアのラインフェルス城

ライン川沿いの最大の城だそうです。



ねずみ城

猫城の持ち主に小さなと馬鹿にされて、ねずみ城と呼ばれるようになってしまいました。



シュテレンベルク城

次のリーベンシュタイン城との間で、「反目する兄弟」の伝説があります。



リーベンシュタイン城跡



マルクス城

1150年に築城されてから、一度も陥落しなかった堅固な城です。



シュトルツェンフェルス城

トリアー選候帝が建てた城です。





エーレンブライトシュタイン城

1100年頃に建てられ、後に破壊されますが、1816年~32年にかけて、最新の要塞に改築されました。

さて、このコブレンツで、ライン河下りも終わり。脇を走る列車に乗り換えてケルンに向かいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三ノ倉山と円ノ花山 (2009.2... | トップ | この週末 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
父なるライン (本読みと山歩き)
2009-03-01 18:50:12
おはようございます。
ライン川下りはこちら在住邦人の方はときどきいかれ話題になります。
父なるラインのゆったりした流れと歴史絵巻、きっと絵になるのでしょうね。
 昨日のデュっセルドルフへいってライン川沿いを少し歩きました、やはりゆったりとしていて大都会のライン川もまた。
でも早くもっと上流へ行って見たい。
ライン川 (さすらい人)
2009-03-01 22:26:35
今晩は。
デュっセルドルフになると、結構下流ですね。大河なので、各地でいろいろな風景を見せているのでしょう。このライン川下りも、人気があるのか、観光客でにぎわっていました。ワインを飲みながらの船旅も面白かったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む