さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ツエルマット4

2008年03月06日 | 海外旅行
ツエルマットとマッターホルンを語る時に、忘れてならないのが、ウィンパーの初登頂です。「アルプス登攀記」として本にもなっており、名前だけでも知っている人も多いでしょう。

この初登頂の時も含めて定宿にしていたのが、このホテル・モンテローザです。創業160年とのこと。



壁には、ウィンパーの碑が取り付けられています。なんだか厳しい顔をしています。

ウィンパーによる初登頂は、1865年7月14日午後1時40分。日本では慶応元年の幕末になります。少し先発してイタリア側からルートをとったイタリア隊との競争に、一歩先んじてのことでした。



中央通りには、観光名所のひとつでもある教会があります。



その近くの墓地には、アルプスで亡くなった登山者の墓が、美しい花に飾られながら並んでいます。



そこには、マッターホルン初登頂の際に、ウィンパーを助け常にリードしながら、下山時に他三名と共にロープにつながれて転落して亡くなった、シャモニー生まれの名ガイドのミシェル・クロのお墓も見ることができます。一緒に亡くなった人のお墓も脇に並んでいます。

ウィンパーら残りの三名は、自己確保したところ、ロープが途中で切れたため、助かることができました。

この事故の発生直後に、アーチに囲まれた巨大な2つの十字架が空に浮かんだといいます。

下山後、ウィンパーは裁判にかけられ、無罪になるものの、新聞でたたかれたようです。いつの時代でも変わらないようですね。

この一連の報道によって、ツエルマットの町も、広く知れ渡ることになったとのこと。

この当時は、山歩きを趣味とはしていなかったため、このツエルマットの予備知識も、一部を読んだだけの「アルプス登攀記」しかなかったわけですが、マッターホルンを巡る物語の真っ只中に入った感じがしてきました。

さて、次回はいよいよゴルナーグラートへ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三峰山 (2008.2.29.) | トップ | さすらいの風景 ツエルマット5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む