さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ジョージタウン その7

2017年09月06日 | 海外旅行
コーンウォリス要塞を見学した後は、ジョージタウンの北西部のガーニー地区にあるビルマ寺院と寝釈迦仏寺院を見学しました。二つの寺院は通りを挟んで向かい合っていますが、まずはビルマ寺院。



巨大な狛犬がお出迎え。





ご本尊。上座仏教では、釈迦如来だけが信仰されています。



左手の印相が変わっているなと思ったら、珠を握っていました。



本尊の背後には、仏教を信仰する各国の像が飾られていました。ただ、像の顔や印相は適当なものでした。



本堂の脇に置かれた仏塔。



仏塔の周りには、十二支の動物を祀った祠が置かれていました。

ビルマ(ミャンマー)を訪れた時、仏塔の周りにこのような祠が置かれているのを見ましたが、それらは「八曜日」の祠でした。「八曜日」は、生まれた曜日によって、その人の基本的な性格、人生、他人との相性が決まるという信仰で、モグラ、トリ、トラ、ライオン、キバのあるゾウ、ナーガ(竜)、ネズミ、キバの無いゾウの八種の動物がシンボルになっています。ここでは、中国の影響によって、十二支の動物に変わってしまっています。



中庭に置かれた鐘。



地球儀を持った龍の飾り物。



中庭から見た金ぴか屋根の本殿。



良く判らない中国風の像。



奥にあったお堂。



仏像。LED照明の光背が取り付けられていました。

どうもこのお寺は、中国が造ったニセ・テーマパークと似た感じがしました。それも面白さがあるのですが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ジョージタ... | トップ | さすらいの風景 ジョージタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海外旅行」カテゴリの最新記事